今日のこどもの奉仕するミサで、ピアノを弾くのが得意な中学生が初めてオルガン奉仕を行いました。

 

事前にオルガン奉仕グループの方々から指導を受け、太鼓判をおされて、ミサに望みました。

 

ミサでは、今日で卒業する教会学校の後輩のために、ミサ曲以外のすべての曲、入祭の歌、奉納の歌、拝領の歌(2曲)、閉祭の歌を弾きました。

オルガン奉仕者の方も、ミサ後、大変褒めてくださいました。

 

中高生の勉強会、堅信のための講座のなかでも、神さまから与えられたタレントをどのように使うかという事を勉強しました。
これからも、自分の頂いた才能を、神様のためどんどん人のために使い、神様との関係、人と人との関係を強くしていきましょう。

ピアノやエレクトーンを弾ける中高生はオルガンの奉仕、歌が上手な中高生は答唱、お話が旨い中高生は朗読、侍者、教会学校…教会は、自分の才能や好きな事を活かす場所が他にもたくさんあります。勇気をちょっと出してくれさえすれば、機会があります。だから、どんどん、自分の好きな事、得意な事を、教会に届けてください。

これからも、中高生のみんなのチャレンジを待っています!