本日、松戸教会第7代主任司祭の宮下良平神父様の司祭叙階25周年感謝ミサが、小金井教会で行われました。
宮下神父様は、25年前の3月7日に、この小金井教会の聖堂で司祭叙階後初めてのミサをささげたそうです。そのことを記念して、この日に、この聖堂で銀祝のミサをあげたかったとおっしゃっていました。 松戸教会からも多くの信徒が参加したことをたいへん喜んでおられました。

 

 

答唱詩編を歌われる宮下神父様…

 

福音朗読

 

そして、お説教。

 

感謝の祭儀の始まり…

 

聖体拝領。

 

 

ミサ後には、茶話会が行われました。

 

宮下神父様は、中央協議会事務局長を退任したあとは、半年ほどサバティカルでメキシコのグアダルペ宣教会の経営する大学に、スペイン語の研修に行かれるとのこと。
グアダルペ宣教会には、松戸教会と関係の深い、エミリオ神父様、エンリケ神父様、イグナシオ神父様、当時はまだ神学生だったホセ神父様(目下、ローマで勉学中)など、たくさんの神父様がおられます。宮下神父様は、エミリオ神父様、イグナシオ神父様とは東京神学院で同期でした。

 

宮下神父様、司祭叙階25周年本当におめでとうございます!
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

松戸教会にも5月13日・主の昇天の祭日のミサにお越しいただける予定です。(ミサ後に、銀祝のお祝いも行われます)
皆さん、是非、お越しください。