わたしたちは、額に灰をうけて四旬節をスタートしました。
四旬節の40日間、わたしたちは心の中で思い巡らし、助けを必要としている隣人たちのために実際にできることは何かと、自分の生活を思い返すように招かれています。

この四旬節は、またキリスト者としての生活を深めて、神との関係、隣人との関係を深くするのに良い機会をわたしたちに与えてくれます。
献金や祈り、断食を通して、環境を守り、希望をなくして社会からはずされている人たちと共に、深く関わっていく機会を与えてくれます。彼らに希望と愛をもたらす仲介者となりましょう。

7年前に起こった大震災に今もなお影響を受けている東日本の兄弟姉妹たちは、自分の家に帰りたいと強くねがい、わたしたちの助けを必要としています。

タルチシオ菊池功大司教は、下記に示す書簡のとおり、これらの人々のために、続けて支援し、祈り、断食するようにと勧めています。
でも、いちばんは、犠牲になった方々のために祈り続けることです。
1人だけで祈り続けているのではないという事を忘れないようにしましょう。

イエス様は、私たちとともにおられ、日々責任を果たせるよう助けてくださいます。

 

 

 

主任司祭  PARISH PRIEST
フィリップ・ボニファチオ神父
Fr. Philip llio Bonifacio, SSC

 

 

 


 

 

<タルチシオ 菊池 功 大司教 書簡>

東日本大震災の発生から

7年を迎えるにあたって

 

東京教区の皆さま

 

ある人にとってはあっという間に過ぎ去った時間であつても、同じ時間を耐えがたいほどに長い時間と感じられる方もおられる。そういう7年間であったと思います。
巨大な地震と津波が、主に東北の地を襲った2017年3月11日から、まもなく7年です。

あの日から復興の道を歩んで来られた多くの方々にとって、7年という時間は非常に長い時間であったと思います。あらためてこの大災害で生命を落とされた方々と、その後の復興の過程で亡くなられた方々の永遠の安息をお祈り申し上げます。

破災地における復興の歩みは、7年を経過しても完了はしていません。とりわけ原子方発電所の事故の影響が残る福島県内では、将来を見通すことが難しい状況が今でも続しヽています。帰還が可能だという地域でも、結局は地域共同体をどのように再興させるのかが、長期的課題として重くのしかかります。復興庁の統計によれば、昨年12月の段階で、8万人近い方々が避難生活を送られているといいます。これほど多くの方が、普通の生活を取り戻すことができない状態が続いていることを、私たちは心にとめなくてはなりません。

日本のカトリック教会は、2021年3月末までの全国的な復興支援活動の継続を決めています。東京教区にあっても、主にCTVCの活動やそのほか多くの信徒の方々の取り組みが、被災地の教会のつながりと地元の方々との『絆』を生み出してきました。これからも仙台教区との協力のうちに、このつながりを豊かに、そして大切に育ててまいりましょう。

さて、7年目に当たる3月11日は主日です。それぞれの小教区の主日ミサにおいて、東日本大震災で亡くなられた方々の永遠の安息のために、また被災地の復興のためにお祈りくださるようにお願い申し上げます。
なお、同日午後1時半からは、CTVC主催で「思いつづける 3.11」と題した祈りの集いが、上智大学ソフィアタワー101教室で開催される予定です。こちらにも是非ご参加ください。

 

 

2018年2月18日 四旬節第一主日
カトリック東京教区 大司教 菊地 功