松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

 

今日は、久々にずっと来ている販売に来ている方が来てくださり、色々と話に華が咲いていました。
2か月に1度という事もあり、「え?もう…」というような季節の野菜やフルーツがあり、季節の移り変わりの速さを感じます。福島という事もあり、千葉とはまた違ったものがみられるのも楽しいところですね。
今年は、夏の長雨、そして、寒波の影響で、千葉でも、葉物を中心に不作という事もあり、皆さん、心待ちにした即売会でした。

 

 

● 今月のおすすめ品

いちご(とちおとめ)

とちおとめの果皮の色は鮮赤で果形は女峰の特徴を受け継いで比較的整った円錘形をしています。果実の大きさは大,果肉色は淡紅,果心の色は紅赤,果実の光沢は良,果実の溝はかなり少ないです。物によってややばらつきがありますが、比較的甘味酸味のバランスがよく、果肉も締りがある割りに果汁は十分にあって美味しいイチゴです。香りも収穫後間もないものは甘く強い香りが立っています。
苺というと、春のイメージですが、福島のとちおとめは、2~3月が美味しさのピークになるそうです。冬の寒さの中、ゆっくりと育つので、その分、味も濃くなるからだそうです。

 

 

新鮮野菜

今朝、収穫されたばかりの野菜が並びます。
旬のあさつきやアスパラ菜を始め、様々な野菜が並びました。
白菜やホウレンソウといった葉物もあり、あっという間に完売になってしまいました。

 

 

次回は、4月の第3週4月15日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。