松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

 

聖ミカエル祭バザーを挟んだので、実質4か月ぶりの登場です。
もう冬の野菜やフルーツが並んでいます。前回は夏だったのに…やっぱり、隔月だとそういう風になってしまいますね。
今日は、風が強くなることが予想されたので、いつもより奥で販売しました。その分、信者じゃない方は、気づきづらかったかもしれません。

 

 

● 今月のおすすめ品

りんご(ふじ 蜜入り)

福島県のリンゴ産地は他のリンゴ主産県と比較して温暖な地域に位置しています。そのため、秋の成熟期でも落葉が少なく、光合成を十分に行うので、養分を果実に送り込むことができます。蜜が入ることでさわやかさに甘みが加わり、バランスのとれた美味しさです。

 

西洋ナシ(ラ・フランス)

ラ・フランスは、果肉は、石細胞が少なく多汁でとろけるように柔らかく、高級マスクメロンのような食感で、糖度も14-15度にもなりそれでいてそれを脇でしっかりと支えるやさしい酸味があるので甘ったるいわけではなく、濃厚な味わいが楽しめます。そして何よりも、芳醇な芳香があり、西洋梨の最高峰といわれてきました。

 

サゴハチ

福島などでは有名な「三五八漬け」の素です。名前の由来はレシピの割合から、食塩、麹、蒸米を3:5:8の割合で混ぜあわせたのが由来です。 糠漬けのように混ぜる手間もなく約6時間から1日の漬け時間であっさりとした麹浸けができます。「嫁修行いらず」と言われているくらい、手軽に作れます。

 

峠のそば

松戸教会でもおなじみの「ゆべし」を生産されている只見町のヤマサ商店さんの峠のそば。
ヤマサ商店さんは、八十里庵”というそば屋さんを営んでいらっしゃいます。そのヤマサ商店さんが生産した会津産のソバ粉を使ったとてもおいしい生そばです。

 

 

花月堂花屋さんの揚げ饅頭

大人気の「あだたら山の揚げまんじゅう」が久々の登場!実は、季節ものです。暑い時期は販売していませんので、今のうちにご購入下さい!

 

 

 

 

次回も、2月の第3週2月18日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。