クリスマスは喜び祝うときであり、これまでにない新たな見方で世界を見つめるときです。
わたしたちの周りには、イエス様がどのようにベツレヘムでお生まれになったかを思わせる見える「しるし」がいくつもあります。
キリスト降誕の情景は、わたしたちの教会の中でも見られますが、(聖ミカエル)幼稚園教会学校で行われるクリスマス聖劇でも、また、町でクリスマスキャロルを歌って礼拝するように、よく見られる光景です。このような目に見える「しるし」が、神さまがわたしたちとともにいて、わたしたちの光となってくださることを、改めて見いだすのに役立っているのです。

イエス・キリストは、降誕の光でわたしたちを照らし、告げます。『わたしだ。恐れることはない。』(ヨハネ6:20) 『見よ、わたしはいつもあなたがたと共にいる、世の終わりまで。』(マタイ28:20)どんなに深い暗闇がわたしたちをおおうとも、わたしたちは恐れない、預言者イザヤを通して言われていますから。『暗闇に住む民は大きな光を見、死の陰の地に住む者に光が射し込んだ。』(マタイ4:16) 『わたしを信じる者が、だれも暗闇の中にとどまることのないように、わたしは光として世に来た。』(ヨハネ12:46) こう言ったのは、わたしたちの主イエス・キリストの光です。
聖マタイの福音書はまた、預言者イザヤのことばも思い出させます。『見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。この名は、「神は我々とともにおられる」という意味である。』(マタイ1:23)
アレクサンドリアの聖キュリロスが言ったとする預言があります。
『神はまことにわたしたちと同じ姿で現れ、わたしたち人間を聖なるものとした。』
神はわたしたちとともにいるが、わたしたちは神とともにいるか?神はわたしたちに似たものとなられたが、わたしたちは神に似たものとなったか? 神はわたしたちのところに来たが、わたしたちは神のもとに帰って行ったか?
神学者聖グレゴリオはわたしたちに賞賛を喚起しています。『キリストがお生まれになった、さあ神の栄光をたたえよう。キリストが天からくだった、さあ会いに出かけよう。キリストが地上に来られた、さあ高く上げよう。』
わたしたちとともにおられる神、平和を与えてくださる神、それはわたしたちの理解を超えていますが、『わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える。わたしはこれを、世が与えるように与えるのではない。心を騒がせるな。おびえるな。』(ヨハネ14:27)と話されるかたこそ、神なのです。

クリスマスは新しい想いを巡らすためのときです。神様の未来が聖霊の力によってこの世に生まれて来て、わたしたちに平和をもたらしてくれるのだと想像できますか?
わたしたちの社会も自分たちのいのちも新しくなるときが、思ったより早く来るかもしれません。イエスさまが来られるのを大きな喜びと晴れやかな気持ちで歓迎しましょう。

皆さん、クリスマスおめでとう、そして実り多い新年でありますように!

 

 


 

 

Christmas

A Time to Rejoice and for a New Imagination

 

 

Christmas is a time to rejoice and look at the world with fresh eyes. We see signs all around that remind us how Jesus was born in Bethlehem.
Nativity scenes are seen inside our church, in our Kindergarten Christmas drama, Church Sunday School Christmas drama and at community carol services. These are signs that help us discover God with us and God as our light.

Jesus Christ shines upon us with the light Of His birth and tells us, It is I; do not be afraid.” (John 6:20);  “Lo, I am with you always, even to the end of the age.” (Matthew 28:20)。
No matter how profound the darkness surrounding us is, we don’t fear, for the Prophet Isaiah has prophecied,  “The people who sat in darkness have seen a great light, and those who sat in the region and shadow of death, light has dawned.” (Matthew 4:16).  It is the light of Our Lord Jesus Christ, who said, ”
I have come as a light into the world, that whoever believes in Me should not abide in darkness.”(John 12:46).

The Gospel of St.Matthew reminds us also of the prophecy of Prophet Isaiah that says, “Behold, the virgin shall be with child, and bear a Son, and they shall call His name lmmanuel, which is translated, ‘God with us’.” (Matthew 1:23). This prophecy as St.Cyril of Alexandria puts it,” is that truly He is like us and that He sanctified our human nature.” God with us, but are we with
Him? God became like us, but have we become like Him? He has come to us, but have we returned to Him? Ste Gregory the Theologian challenges us, “
Christ is born, let us glorify Him. Christ from heaven, let us go out to meet Him.Christ from earth, lot us exalt Him.”

God with us, for He grants us His peace, which surpasses all understanding and He is the One saying, “Peace I leave with you, My peace l give to you; not as the world gives do l give to you. Let not your heart be troubled, neither let it be afraid.”(John 14:27)”.

Christmas is the time for a new imagination.
Can we imagine that God’s future is coming to birth by the power of the Holy Spirit and granting us peace? The renewal of our society and our own lives may be nearer than we thought. Let us
welcome Jesus’ coming and greet it with great joy and gladness.

 

MERRY CHRISTMAS and A PROSPEROUS NEW YEAR TO ALL

 

 

主任司祭  PARISH PRIEST
フィリップ・ボニファチオ神父
Fr. Philip llio Bonifacio, SSC