毎月、第1週、小集会室で中高生の勉強会が行われています。
今月は、参加したのは3人。

今月も、「洗礼」を意識した内容を行います。
堅信を受けたメンバーも、もう1度「キリスト者になる」ということはどういうことか思い起こしてみましょう。

 


 

 

今月のテーマ

● 教会暦 ●

 

今月も、求道者の高校生が参加するということで、入門講座の内容に合わせて行おうと思います。

さて、今日は、教会の暦について勉強します。
教会学校の方でも、今週から聖劇の練習が始まります。聖劇は、去年と同じようにクリスマスミサの前に行います。

ところで、教会の1年がもう少しで終わるのは知っていますか?
今度の12月2日で1年が終わります。普通の暦より約一か月早いですよね。
カトリック教会で最も大事な日、特別な日はいつですか?
そうですね。復活祭、復活の主日ですね。
復活祭は、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日となっているので、(理由は前に過越について話した時に勉強しましたね)毎年、違います。
それに合わせ、1年の暦が決まりますから、毎年、暦が変わってきます。
今度の11月26日の「王であるキリスト」の祭日が、カトリック教会では、1年最後の日曜日になります。
だから、イエス様が、もう1度来られる(再臨する)終末の時、つまり、神の国が完成することを待ち望み、喜び、お祝いします。

でも、同時にその時は、私たちが真に裁かれる時でもあります。
神様のみ旨に沿い生きているか、生きて来たかが問われます。羊と山羊に分けられ、羊しか神の国に入る事は出来ません。
だから、常に「目を覚ましていなさい」とイエス様はおっしゃいます。いつ、イエス様がいらっしゃるかわかりませんから。
年間第32主日、33主日、王であるキリストは、イエス様の再臨に向けて準備する期間なのです。

 

さて、では、プリントを見てください。
プリントに教会暦を書いておきました。今から説明するので、メモしてください。
1つ、大事な事を覚えておかないといけません。
中東の1日は、日没から始まります
つまり、日曜日は、土曜日の日没から始まります。よって、教会も当然イスラエルの伝統に従いますから、どのように1日が始まります。

 

 

待降節

期 間 待降節第1主日 - 主の降誕の日の日没まで 祭服の色
 教会の1年の始まりは、待降節から始まります。
待降節、「待つ」「降りる」節。つまり、イエス様の御降誕を待ち望み、準備する期間です。
祭服の色の紫には、「回心する」という意味があります。
目を覚ましていなさい
イエス様がいつ来られるか、私たちは分かりません。
回心し、ゆるしの秘跡を受け、神様のみ旨に沿い、イエス様をお迎えする準備をしましょう。
この期間は、冬の静寂のなか、徐々に主の御降誕への気持ちを高める様々な用意がされます。クリスマスの飾りつけもそうですね。
サントン人形を馬小屋に並べたり、アドヴェントカレンダーを用意したりアドヴェントクランツに主日ごとに火を灯したり(侍者をする時は火をつける蝋燭を間違えないようにしないとダメですよ!)……
イエス様のご降誕は、神の国の始まりであり、救いの始まりです。

 

 

降誕節

期 間 主の降誕 - 主の洗礼 祭服の色
イエス様がご降誕された後、イエス様が神の子であり、キリスト(メシア)であることを表す期間です。
祭服の色の白には、「神の栄光」という意味があります。
神様の栄光、神様の愛がまさに表されている期間ですね。信徒が守るべき5つのことのなかに3日は、必ずミサに与りなさい。という日がありますね。
そのうちの2つが、この期間にあります。
主の降誕の祭日(12月25日)と神の母聖マリアの祭日(1月1日)ですね。

主の降誕

イエス様が神の子とご降誕され、神の愛が示された時

聖家族

イエス様・聖ヨセフ・マリア様の家族こそ、私達信徒の見習うべき、共同体の姿です。
家族は、小さいな共同体であり、父・母・子、そして、信仰を家族で育てることの意味を現わしてくださっています。

神の母聖マリア

マリア様がイエス様の母というだけではなく、私達キリスト者の母になった事を祝います。

主の公現

ご降誕されたイエス様に当方の三博士が訪問し、キリストであるイエス様に王のしるしを贈ります。
馬小屋で生まれた、大工の子イエスが、キリストであることが公にされたことを祝います。

主の洗礼

イエス様が洗礼者ヨハネから洗礼を受けたことを祝います。
聖霊が天から注がれ、「これは私の愛する子、わたしの心に適う者」という神様の声がその時します。
イエス様によって、聖霊による洗礼が形つくられました

 

 

年 間

期 間 主の洗礼の日の日没 - 灰の水曜日の前の日の火曜の日没まで 祭服の色
年間というと分かりづらいですね。
英語というと「Ordinary 」です。Ordinary は、「通常」とかそういう意味ですね。
祭服の緑は、若芽を表していて、みんなで成長していこう!というしるしです。イエス様の福音宣教の様子を、A年マタイ福音書、B年マルコ福音書、C年ルカ福音書をそれぞれ朗読しながら、私たちの信仰を育てていきます。

 

 

四旬節

期 間  灰の水曜日ー過越の聖なる三日間の前の日没まで 祭服の色
灰の水曜日から40日間+主日の5日間+受難の月曜日と火曜日を足した47日間の時を四旬節と言います。
受難・死・復活という主の過越を心身共に迎える準備を整えます。
40という数字からもわかる通り、私達にとって、この四旬節は、キリスト者として、内省し、もっとも成長できる期間です。
回心し、ゆるしの秘跡を受け、神様のみ旨に沿い、イエス様をお迎えする準備をしましょう。
そして、この時期、求道者にとって、また、求道者を迎い入れる信者にとっても大事な時期です。
求道者にとっては、最も苦しく、きつい時期になるかもしれません。今後、キリスト者として生きるために、様々な誘惑や迷いと戦わなければなりません。
私たち、迎い入れる信者は、その求道者のために祈り、共同体に迎い入れる準備を整えます。

 

 

過越の聖なる3日間

期 間  聖木曜日・聖金曜日・聖土曜日 祭服の色 木(白)金(赤)土(-)
聖木曜日から聖土曜日の日没までの期間を過越の聖なる3日間と呼びます。
聖金曜日と聖土曜日までは、「ミサ」は行われません。1年でこの2日間だけ、ミサは世界中で行われる事はありません。
この過越の聖なる三日間こそ、典礼の頂点です。聖木曜日は、ご聖体の制定を行った「最後の晩餐」を直接記念して、「主の晩餐の夕べのミサ」が行われます。
この日のミサの中では、イエス様が、謙遜、そして、隣人を愛すという教会の最も大事な教えを自ら表し、弟子たちの足を洗いになったことを記念して、洗足式が行われます。
また、イエス様の受難を現わすために、祭壇は裸にされ、ご聖櫃からご聖体を仮祭壇に移動します。
(聖体ランプは明かりを消されます)カテドラルでは、聖木曜日に「聖香油のミサ」 が行われ、洗礼式で使われる油病者の塗油で使われる油を司教様が祝別してくださいます。聖金曜日は「主の受難」の祭儀が行われます。
イエス様の受難・死を思い、祭儀が行われます。本当に暗い気持ちになる1日です。聖土曜日には、ミサは行われません。

 

 

復活節

期 間  復活の聖なる徹夜祭(聖土曜日の日没から)-聖霊降臨の主日 祭服の色
典礼の頂点「復活の聖なる徹夜祭」から聖霊降臨の主日までの50日間です。
主の昇天は、復活の主日から40日後(つまり、木曜日)でしたが、現在は、次の日曜日に祝われます。祭服の色は白です。まさに神の栄光が、示されている期間です。
この期間の典礼は、本当に1つ1つ大事です。もともとは、復活徹夜祭で洗礼を受けた新受洗者のための教話の期間だったと言われています。新しい仲間を迎えて若返った教会が新しい気持ちで主のご復活を喜び合います。聖霊降臨の主日には、堅信式も行われます。

 

 

年 間

期 間 聖霊降臨の主日の次の日の月曜日から待降節第1主日前の土曜日まで 祭服の色
 復活節が終わると、また年間に戻ります。

ここからまたキリストの業すべてを記念し、エルサレム入城、そして、再びイエス様が訪れる再臨の時を待ち望みながら、私たち信徒がキリスト者として成長していけるように(四旬節前の年間も合わせ)34週(もしくは33週)にわたって、過ごしていきます。

もちろん、このあいだにも、マリア様や様々な聖人の祝祭日があり、記念して祝います。
祭の際には、マリア様の祭日には青い祭服、殉教者の祝日、記念日には赤い祭服を司祭は着ます。

 

 

 

さて、どうですか?
覚えていました?

将来みんながリーダーになったら、この事を子どもたちに伝えないといけないですね。

教会学校の行事は、教会の暦と当然直結していますから、当然のように、教会暦を覚え、行動していかないといけません。

日本にいると、この教会暦というのは、教会の中の出来事というだけで、全然感じられないですよね。でも、ヨーロッパやアメリカ、中南米や東南アジアなどのキリスト教国では、当然この暦がそのまま社会に影響を与えます。そろそろ待降節の季節ですから、イルミネーションや馬小屋が用意され、街を彩ります。

教会暦は、私たち信者の成長のためにあるといっても過言ではありません。
毎年、毎年のことで、徐々に「普通」になっていくかもしれませんが、1年1年、神様の愛を感じ、様々な気づきを与えて頂けます。同じ本を読んでも、成長があれば、受け取り方は違いますよね。それと同じです。
それぞれの典礼の意味を知り、ミサに与る事が出来れば、よりミサが意味深いものになっていきます。

26日の王であるキリストの祭日には、行列を教会学校で行います。
教会暦最後の主日である王であるキリストは、「神の国の王であり、預言者とは一線を画す大預言者であり、神様と私たちをつなぐ大祭司であり、神の子である」イエス様が、すべての人を導き、神のもとに一つに集めてくださるのだ、という希望を表し祈ります。

では、今日はこれで終わりにします。
来月は、クリスマスに合わせた内容にしたいですね。
最後に主の祈りを唱えて終わりにしましょう。

 


 

来月の勉強会は12月3日、9時15分から行われます。
筆記用具をもって、集合して下さい。
来月も、求道者のための内容にします。みんなももう1度自分の信仰について基礎から考えてみる良い機会です。
是非集まってください!