10月4日(日)は、アシジの聖フランシスコの記念日です。

(4日が水曜日なため)本日、カトリック松戸教会では、あらゆる人々を愛し、動物・自然を愛して生命の尊さと平和を説いたアシジの聖フランシスコに倣い、午前10時から動物たち(ペット)の祝福が行われました。

 

 

10時前から、教会ではあまりなじみのない、犬の鳴き声が響きわたっています!
飼い主さんもみんな楽しみにしてきてくれたのでしょうか?

 

 

そして、午前10時より地下ホール前に集まり、神父様より挨拶があり、主の祈りを唱えました。

 

そして、アッシジの聖フランシスコについてお話がありました。

 

 

お話の後、参加者全員でアッシジの聖フランシスコが作った祈り「太陽の賛歌」を唱えました。

太陽の賛歌

神よ、造られたすべてのものによって、私はあなたを賛美します。

私たちの兄弟、太陽によってあなたを賛美します。
太陽は光をもって私たちを照らし、その輝きはあなたの姿を現します。

私たちの姉妹、月と星によってあなたを賛美します。
月と星はあなたのけだかさを受けています。

私たちの兄弟、風によってあなたを賛美します。
風はいのちのあるものを支えます。

私たちの姉妹、水によってあなたを賛美します。
水は私たちを清め、力づけます。

私たちの兄弟、火によってあなたを賛美します。
火はわたしたちを暖め、よろこばせます。

私たちの姉妹、母なる大地によってあなたを賛美します。
大地は草や木を育て、みのらせます。

神よ、あなたの愛のためにゆるしあい、病と苦しみを耐え忍ぶものによって、私はあなたを賛美します。
終わりまで安らかに耐え抜くものは、あなたから永遠の冠を受けます。

私たちの姉妹、体の死によってあなたを賛美します。
この世に生を受けたものは、この姉妹から逃れることはできません。
大罪のうちに死ぬひとは不幸なものです。

神よ、あなたの尊いみ旨を果たして死ぬ人は幸いなものです。
第二の死は、かれを損なうことはありません。

神よ、造られたすべてのものによって、私は深くへりくだってあなたを賛美し、感謝します。

 

 

 

 

そして、フィリップ神父様が「ペット・動物たちへの祈り」を唱えられました。

 

祈りをすますと、神父様が集まった方々、そして、ペット(もちろん、聖ミカエル幼稚園のオカメインコのピーちゃん)たちに灌水して祝福されました。

 

 

最後にルルドに移動して、参加者で記念撮影!

 

 

 

そこに…遅れていらした方も…
もちろん、フィリップ神父様が灌水し、祝別しました。

 

 

記念撮影後は、交流会…

来年まで元気で過ごして、また、教会に飼い主さんと一緒に来てくださいね!
お待ちしています!