来週はいよいよ「松戸教会の守護者大天使聖ミカエルの祝日を祝う国際ミサ」が行われます。

教会学校から大司教様にプレゼントを贈るために、今日教会学校の時間のなかで、5年生に英語で聖ミカエルへの祈りを書いてもらいました。

 

そして、リーダー達は、プレゼントを完成させるために頑張ります。
ところが、今日は3連休…リーダー達も旅行に行ったり、用事が合ったりして、みんな早く帰ってしまいました。
残ったのはリーダー1人とサブリーダを務める高校生1名…

子ども達の写真を選ぶべく、ホームページや今まで集めていた写真をみて、全員分の適当な写真を選びます。

 

なかなか良い写真が見つからない…時間は刻々と過ぎていきます。

 

明日が休日という事もあり、保護者の方に許可をもらい、完成するまで残ってくれることになりましたが…午後10時を過ぎても…終わらない…

 

 

ようやく完成に近づき、プレゼントに合わせて写真をトリミングします。
「貴婦人と社長」と名付けられた2人の子どもたちの写真を見て、少しほっこり…

 

 

そして、10時55分…ようやく完成!

 

「普段、リーダーたちが裏でどれだけ頑張ってるか改めて分かった」そうです。
リーダーになった時、この経験で得た思いを子どもたちに向けて、より良い教会学校にするように頑張ってください!

チェノットゥ大司教様にもきっと喜んでいただけると思います!

 

 

(*)この後、片づけをして、リーダーが家まで車で送りました。