本日、年間第13主日の10時半のミサ後、今年洗礼・転籍、堅信を受けられた8名とその代父母、さらに、愛徳カルメル修道会のシスターたちをお招きし、「受洗・転籍・受堅を祝う会」が行われました。

 

冒頭、会の進行を務めるヨゼフ会会長より、挨拶がありました。

 

 

そして、まず、フィリップ神父様により、ご挨拶を頂きました。
今日の福音朗読の箇所に触れられ、「洗礼はゴールではなくスタートである。そして、常に『恐れずに、キリスト者の道を歩むこと』を忘れないように」とのお話がありました。

 

 

 

神父様のお話を頂いた後、シスターのお導きで「愛といつくしみのあるところ」を参加者全員で歌い、食前の祈りが唱えられました。

 

 

 

そして、入門講座で指導してくださったカテキスタのお1人でもあり、今回、代母として参加された信徒の方から、挨拶を頂き、乾杯となりました。

 

 

 

しばらく、参加者で食事を楽しみます。
代父母の方々や共に入門講座を過ごした方々と会話が弾んでいました。

 

 

 

受堅者・受洗者のみなさんに、司牧評議会委員長より挨拶がありました。
挨拶の中で、共同体に早く馴染んで貰えるように、教会の活動等、様々な説明が、委員長より行われました。

 

そして、ヨゼフ会会長・マリア会会長、青年の代表から、それぞれ挨拶があり、会の紹介と活動報告が行われました。
男性信徒はヨゼフ会、女性信徒はマリア会、そして、青年は聖年の活動にそれぞれ入会・参加して頂き、教会での活動を活発に行って頂けたらと思います。

 

 

 

次に、受洗者・受堅者の方々から自己紹介が行われました。
自己紹介のために配られたカードに応えるかたちで、それぞれ挨拶して頂きました。

 

 

 

そして、代父母を代表して3名の方からお祝いの言葉頂きました。

 

 

 

次に、昨年度、受堅・受洗された方々から、この1年間をどのように過ごし、どのように感じたかお話を頂きました。
新たに、受洗されたみなさんには、とても参考になられたのではないでしょうか。

 

 

 

そして、今回スタッフとして裏方の仕事をしてくれた、『昨年度の受洗者・受堅者の方々』、そして、『お手伝いしてくださった信徒の方々』の紹介があり、ご挨拶がありました。

 

 

実は今回も、昨年受堅・受洗した方々達は、この会に裏方として参加してくださっていました。

 

信徒の方を中心に心得のある信徒の方々が点ててくださったお茶やお茶菓子をお出してくださっていました。

 

ご指導していただき、お茶を点てるのにも挑戦……。

 

 

 

李助祭からも、「神父の召命を考えた経緯・動機について」のお話をして頂きました。
皆さん、聞き入っていらっしゃいましたね。

 

 

 

最後に、受洗・受堅者の方々から、神父様やカテキスタの方々にお礼が贈られました。

 

 

 

終わりに、シスターが終わりの祈りへと導いてくださり、「いつも喜んでいなさい」を歌い、散会となりました。

 

 
今日集まってくださった方々でルルドの前で記念撮影!

 

 

受洗者・受堅者と代父母がより関係を強くし、早く教会共同体に馴染んで頂けたらと思います。