今日も子どもたちが元気に集まりました!
「教会学校・はじめの祈り」を唱えてスタートします!

あれ!?
リーダーが…???

気を取り直して…

 

 

 

さて、今日はみんなで写真を見ながら考えてもらいたいことがあります。

5つのパンと2匹の魚の写真です。
これだけで5000人の人がおなかいっぱいになる方法を、話し合ってもらいたいです!
2つのグループに分かれて相談してもらいます。
あとではなしあった結果を発表してもらいます!

 

Aチームはにぎやかでしたね!楽しい意見がいっぱい出たみたいです。

 

 

Bチームは一見真剣ですが、独創的な意見も出ていましたね。

 

 

それぞれのグループでいろんな意見が出ました。

戦って負けた4993人は食べられなくて、残った7人で分けるという意見も出ましたが、
それに対して「それだと神様が悲しむんじゃないかな?」という意見も出ました。

他にも「魚に卵を産ませる」「みんな食べない」「貧しい人から順番に食べる」「ドラ○もんの道具を使う」等たくさんの意見が出ました!!

 

 

 

そろそろ時間です!それぞれのチームでまとまった意見を発表してもらいました。
Aチームは「全員食べない」か「ドラ○もんを呼ぶ」
Bチームは「貧しい人から先に食べる」
と発表してくれました。

 

さて…
実は、みんなが今考えてくれたのと同じ状況で、イエス様がどうなさったか、福音書に書かれています。

李助祭が「マタイによる福音」14章13〜21節を読んでくださいました!
ミサで読まれるときのように、助祭が「マタイによる福音」と言われたら、
「主に栄光」と言いながら、額、口、胸のところで小さく十字を切りましょう。
頭で理解し、口で伝え、心に刻むということを意味しています。

 

 

読み終わって、助祭が改めて今のお話を簡単に説明してくださいました。

イエス様のもとにたくさんの人たちが集まりました。
夕暮れになり、弟子たちがイエス様に「もう遅くなったからこの人たちを解散させましょう、そうしたら自分で食べ物を買いにいくでしょう」と言いました。
イエス様は弟子たちに、「あなたたちが食べものを配りなさい」と命じました。
パン5つと魚2匹がありました。イエス様は賛美の祈りを唱えてパンをさいて弟子たちにわたしました。
それを弟子が群衆に配ったら、男の人だけで5000人の人が満足しました。
つまり、女の人と子どもを合わせたら5000人以上の人が満足しました。
残りのパンくずで12のかごがいっぱいになりました。

 

 

いまの福音書のお話をきいたうえで、プリントの問題に答えてもらいます。

1、福音書の中でイエス様は、群衆のことをどう思われましたか?
2、そして、イエス様はどうされましたか?
3、弟子たちは、イエス様の元に集まったたくさんの人たちの夕食をどうしようと思いましたか?
4、イエス様は、御自分の元に集まったたくさんの人たちの夕食をどうしようと思いましたか?
5、集まったたくさんの人たちは、どうなりましたか?そして12のかごはどうなりましたか?

みんな答えが書けましたか?難しかったらリーダーや助祭の助けを借りましょう!

 

さて、答え合わせをします。
1、ふかくあわれんだ
2、病人をいやされた
3、解散させて自分で買いにいかせようとした
4、みんなで食べようとした
5、みんな満足して、12のかごは残りでいっぱいになった。

 

ここでリーダーからお話です。
この福音からわかることは、このお話は「ミサ」ということです。
イエス様は、賛美の祈りを唱えてパンをさいてみんなに配りましたね。
ミサでも同じようにしますね!

ここでは、みんなで分かち合うということの大切さが書いてあります。
どうして5000人以上のみんなが満足できたかというと、
実はみんな少しずつ食べ物をおべんとうとして持って来ていたという考えがあります。
イエス様がみんなにわけようとしたから、みんなも自分の持っている物を少しずつ出して分け合ったのです。
みんながちょっとずつ持っていた物が集まったらたくさんになって、みんなが満腹できました。

ミサでは1つのパンを食べます。そしてみんな1つの身体になります。
みんなで分け合ってみんなが1つの家族になります。

そして、12のかごの「12」という数字は何の数字でしょう?
12使徒の12…そして、イスラエルの部族の数も12です。
覚えておきましょうね。

 

ここで助祭もお話ししてくださいました!

みんな、5つのパンと2匹の魚で5000人以上をまんぞくさせることは、
「できないんじゃない?」って思ったと思います。
弟子たちもそう思いました。
でも、イエス様は、限界があっても一部の人じゃなくてみんなに食べさせたい!と思われました。
その心がとても大事です!

みんなも頑張って「みんなに食べさせたい!」と言う気持ちで考えてくれたと思います!
そして、「貧しい人から先に食べる」という考えも素晴らしいと思います!

みんな生活していく中で、「出来ない!」と思うこともあると思います。
そういう時はイエス様を呼びましょう!
イエス様は小さい力・ものを、大きくしてくれます!

ミサのパンはさっき1つを分けているというお話がありましたけれど、
ミサの「奉納」のとき、1週間過ごした時間をパンとして捧げて、それがイエス様のからだになります。
その1つのからだを分け合ってみんな1つになるということです。

ドラ○もんを呼ぶという意見もありましたが、イエス様はドラ○もんよりすごいよ!
ドラ○もんがいるとしたら、ドラ○もんを作ったのも神様です!
神様がみんな作りました!

 

 

さて、最後に「こじか」を配って、「アヴェ・マリアの祈り」をして終わります。

来週も元気に集まりましょう!!!