今日は、四旬節最後の主日である受難の主日(枝の主日)です。
松戸教会では、午前8時、そして、午前10時半からミサが行われました。

 

受難の主日(枝の主日)は、信者がそれぞれに枝を持ち、行列をして受難の道に入ったことを思い出す典礼です。(ユダヤ人の)過越祭に合わせ、主イエスがエルサレムに入ったことをを記念して行われます。
その際、多くの群集が、子ロバにまたがって入城するイエス様を群集が衣服や枝を持ち、歓呼を持って迎えます。(しかし、その数日後、その群衆は、イエス様を「十字架につけろ!」と叫びます。)

今日から、典礼暦の頂点である聖週間が始まります。

 

 

今日は、雨が降っていましたので、駐車場ではなく、地下ホールで用意された枝を受け取り、聖堂へと向かいます。

 

 

 

 

午前10時半からのミサでは、まず、「枝の式」が行われます。
信徒は、地下ホールで、フィリップ神父様を待ち、交唱を歌い、神父様をお迎えします。

 

 

そして、枝の式が始まり、枝を持った会衆を祝福する祈りが唱えられます。

 

そして、フィリップ神父様が枝(棕櫚の葉)を祝福をします。

 

 

 

そして、入城の福音朗読が行われます。

 

福音朗読 マタイによる福音書 21章1~11節

 

 

 

 

福音朗読後、枝の行列を行いました。

「ダビテの子」を歌いながら、地下ホールから階段を登り、入堂します。

 

入堂の際には、祭壇や十字架に献香します。

 

そして、会衆が到着するのを待ちます。

 

そして、集会祈願を唱え、ミサが開祭します。

そして、ことばの典礼が行われます。

 

詠唱は、今日は少し長めのものが歌われます。

 

 

そして、受難朗読が始まります。
ご受難の朗読(福音朗読)は、神父様(イエス様)と朗読者2人(第1朗読者;語り手、第2朗読者:その他の登場人物)と会衆全員(群衆)で行います。

 

イエス様が亡くなられる箇所では、頭を下げて、しばらく沈黙のうちに祈ります。

 

 

第1朗読 イザヤの預言 50章4-7節
第2朗読 使徒パウロのフィリピの教会への手紙 2章6~11節
受難朗読 マタイによる主イエス・キリストの受難 27章11~54節

 

 

 

いよいよ聖週間が始まりました。
聖週間の祭儀に出来るだけ参加し、キリストの過越の神秘に感謝しましょう。