私たちはみな幸福を探し求めて生きていますが、周りの社会ではいろいろちがった答えが返ってきます。ハーバード大学で何世代にもわたって長い問続けられた研究によると、若者の80%が豊かな富と持ち物に幸福を見出し、50%の人が人気や名声に幸福を見出そうとしています。たいていの人は生涯での目標達成に力を注ぎます。でもこれまでの経験から、目標に到達しても私たちが探し求めている幸福はもたらされません。まだなおむなしいと感じるでしょう。もしもあれを持っていたら、これを持っていたら、きっと幸福を感じるかもしれません。あるいは、行きたい学校に入れたら自分は幸福だ、あの会社に就職できたら幸福になれるだろう。宝くじが当たったら幸福だろうな。 あのチャーミングな女の子(または、あの金持ち男!)と結婚したらしあわせだろうな。世の中では幸福になるためにたくさんの方法を教えてくれるけれども、結局は、ほんとうに幸福とは言えません。私たちは満足しません。ほしいと思っていたものを一度手に入れても、まだ空っぽな自分がいることに気づきます。私たちが探し求めている幸福を見つけていないのです。

マタイ福音書の山上の説教(真福八端)で、イエス様はしあわせな生き方を私たちに教えています。イエス様は、自分の信仰を最大限に生き、ほんとうに良い生涯を生きるために必要なことを具体的にはっきりと教えています。私たちを愛し、召命を呼びかける神は驚きの神です。神は私たちが期待するようなやり方ではなさいません。神は貧しい人たちや柔和な人たち、平和を実現する人たち、悲しむ人たちや力のない弱い人たちを選んで働きかけます。旧約聖書の中で預言者ゼファニアは神の驚くべきなさり方をはっきりと伝えています。預言者ゼファニアは、富と力を持っ人たちの不道徳と不正な行いを非難しています。アナウィム(ヘブライ語で貧しい人という意味)、つまり、神の掟に従った地に住む貧しくへりくだつた人たちだけが、ひどく恐ろしい審判を受けずに済んだのかもしれません。

幸福はありのままのあなた自身にあって、あなたの持ち物にあるのではありません。
あなたが病気か健康か、また金持ちか貧乏か、強いか弱いか、フットボールのスター選手であるか、コンピューターの天才であるか、歯並びが悪いか絶世の美人かは問題ではないのです。キリストに従う人になれば今すぐ幸福になるチャンスと神のめぐみが得られます。8つの至福は私たちに神とお互いを心から受け入れるよう求めています。8つの至福が私たちに教えてくれるのは、はっきりとした行動と態度です。普段の状況の中で福音を生きていく具体的な方法と、人生への挑戦です。人つの至福は神聖な道を指し示し、真の幸福へ導く理想であり目標です。

先ごろ福者の列に迎え入れられた日本のユスト高山右近はその生涯でこの人つの至福を実証しました。福者ユスト高山右近は神につながる道、正しい決断に導かれる道を選んで、これらの教えを守りました。彼にとって妥協の余地はありませんでした。高山右近を動かしたものは、神の愛にとどまることが人間の幸福に続く道であり、永遠のいのちをいただく道であると信じる信仰でした。イエスの弟子として右近は、富や権力を手に入れる代わりに、自分を低くしてじっと耐える道を選んだのです。福者右近は身分を下げ、へりくだる道を選びました。それは十字架の道でした。このように自分を低くして生きる道で福者右近は神に出会いました。神はそこで彼を待っていたのです。福者右近はイエス様とともに天に上げられ、父である神のみ前に受け入れられました。福者右近は現代に生きる私たちにとって、お手本であり神からの贈り物です。幸福を期待させるさまざまな価値基準の中からせき立てられるように選択しなければならないとき、しっかりとイエス・キリストに付き従っている人なら、妥協もなく、イエス様の福音から外れることもなく、まっすぐにイエス・キリストについて行こうとする福者ユスト高山右近の生涯と生き様から、学びとることができるでしょう。

福者ユスト高山右近よ、私たちのためにお祈りください。また日本の教会のために執りなしてください。
アーメン。

 

 


 

 

REFLECTION
In search for Happiness Blessed Justo TAKAYAMA Ukon
is our model in this Present Age

 

 

 

All of us are in search of happiness and the society around us offers different formulae.  A long-term research at Harvard University across generations revealed that 80% of young people seek happiness in wealth and possessions; 50% seek to find happiness in popularity or fame. A great majority strive for achievements in life. But experience has shown us that the attainment of these goals does not bring us the happiness we seek. They still leave us feeling empty. We feel that, if we have this or that, we would be happy. If I get accepted to my favorite school, I will be happy. If I get that job, I will be happy. If I win the lotto, I’d be happy. If I marry that charming girl (or that rich guy!), I’d be happy. Though our society offers us many formulae for happiness, in the end, we are not really happy. We are not satisfied. We find that, once we achieved what we have desired, we still find ourselves empty. We do not find the happiness we are looking for.

In the Beatitudes in the Gospel of Matthew, Jesus gives us his instructions for a happy life. Jesus gives us the specific things we need to do to get the most of living our faith and live a really good life. The God who loves us and calls us to discipleship is a God of surprises. God does not act in the way we would expect. God chooses to work through the poor and the meek, the peacemakers, the sorrowing and those who are powerless. In the Old Testament Bible, Prophet Zephaniah, affirms the surprising ways in which God works.
Zephaniah condemns the wealthy and powerful of his day for their immorality and corruption. Only the anawim, the poor and humble of the land who follow God’s command, may be spared from the terrible judgment.

Happiness is in what you are, not in what you have. It does not matter if you are sickly or healthy, rich or poor, strong or weak, a star football player or a computer wizard, have crooked teeth or stunning beauty. Being a follower of Christ gives you the grace and the opportunity to be happy now. The Beatitudes challenge us to take God and each other seriouslyo What they give us are
specific actions and attitudes, concrete ways of living the Gospel in the ordinary situations and challenges of our lives. They are ideals and goals that point to the path of holiness and true happiness.

Our recently proclaimed Japanese Blessed Justo TAKAYAMA Ukon exemplified these beatitudes in his life. Blessed Justo TAKAYAMA Ukon held these principles for choosing the path that would lead to God and would lead to correct decisions.
For him there was no room for compromise. What moved Blessed Ukon was the belief that remaining in the love of God was the road to human happiness and later to attain eternal life. As a disciple of Jesus, he chose the road of downward mobility, instead of advancing materially and powerfully. Blessed Ukon chose the path Of abasement, which is the way of the cross. On this downward path Blessed Ukon met God, who was waiting there for him. Blessed Ukon ascended with Jesus and was received into the presence of God, the Father.

Blessed Ukon is a model and gift Of God to us in this present generation. When we are urged to make choices from among the various values that promise happiness, people who adhere to Jesus Christ can learn from the life and example of Blessed Justo TAKAYAMA Ukon to follow Jesus Christ directly without compromise or deviation from the Gospel of Jesus.

Blessed Justo TAKAYAMA Ukon, pray for us and intercede for the Church of Japan.
Amen.

 

 

主任司祭
PARISH PRIEST

フィリップ・ボニファチオ神父
Fr. Philip llio Bonifacio, SSC