本日、年間第4主日で下原助祭は、松戸教会での1年間の司牧実習を終えられました。

下原助祭は、昨年、4月から始まった司牧研修のなかで、教会学校の子ども達、青年を中心に、土曜日の週1度の勉強会など、様々な場面、活動でお世話になりました。

 

下原助祭による最後の福音朗読。

 

下原助祭による最後のお説教。

 

聖体拝領後、下原助祭からご挨拶を頂きました。

 

教会学校の子どもたちから今までの感謝の気持ちを込めて、メッセージボードが送られました。

 

そして、ささやかですが、教会からお礼が贈られました。

 

司牧実習をされている間には、フィリップ神父様がサバティカルを取られている期間もあり、様々な面で信徒をフォローして頂き、その間の信徒の心の支えとなってくださっていました。
また、教会学校の子どもたち、そして、青年達とは、多くの時間を過ごしていただきました。今まで本当にありがとうございました。

長崎教区での、そして、司祭としての活躍を心からお祈りしています。
初ミサでのお越しを心からお待ちしています!