今日は、主の降誕の大祭日です。
私たちの救い主・イエス・キリストの御降誕を祝います。

 

カトリック松戸教会では、午後6時からの「子供の奉仕するミサ」、そして、8時半からの「インターナショナルミサ」と2回の夜半のミサが行われました。
午後6時から行われたミサのリポートは、教会学校がリポートしてくださいました。(また、今年は、子どもの奉仕するミサの前に聖劇が行われました)

 

 

 

 

 

ミサが始まる前、午後8時15分から、キャンドルサービスが行われ、MCCIC聖歌隊と聖歌奉仕グループが共にクリスマスキャロルを歌います。

 

 

 

 

そして、いよいよミサが開祭されます。
入堂後、馬小屋を祝別し、祭壇に献香します。

 

松戸教会のクリスマスミサでは、日本語で歌われる「憐れみの讃歌」は、「kyrie(キリエ) 」、「栄光の賛歌」は、「Gloria(グロリア)」と、ラテン語で聖歌が歌われます。「Gloria(グロリア)」が歌われている際には、カンペネラが鳴り響き、主のご降誕を祝います。
復活徹夜祭や復活祭、そして、この主の降誕(クリスマス)などの特別な祭日の時のみ、栄光の讃歌の際にカンパネラを鳴らし、祝います。)

 

 

集会祈願が祈られた後、ことばの典礼が、始まります。
第1朗読は、日本語で行われ、第2朗読は、英語で行われました。

 

福音朗読が行われる前にフィリップ神父様が、幼子イエスをお迎えに行かれました。

 

その後、福音朗読が行われました。

 

第1朗読 イザヤ書 9章1~3、5~6節
第2朗読 テトスへの手紙 2章11~14節
福音朗読 ルカによる福音書 2章1~14節

 

 

そして、お説教も日本語と英語で行われました。

 

説教要旨

私たちの目の前でイエス様の誕生を見ることにより、今日が神様のみ心を思い起こす良い機会を与えられます。
飼葉桶に寝かされている幼子のイエス様をじっと見ていると、夜空にたくさんの星が輝く夜、ベツレヘムで、神様が最初の弱い赤ちゃんの姿として、産まれたことを実感します。
その夜、突然空が光り、羊飼い達は非常に驚きました。すると天使達が近づいてきて、幼子の誕生を喜び、賛美して歌いました。
私たちの想像を超える神秘的な出来事です。

クリスマスの物語を知ることは、非常に良いことです。(今日は、子どもの奉仕するミサの前に教会学校の子どもたちが聖劇を行ってくれました。本当にありがとう)
クリスマスの物語は、天からまっすぐ地上に降りてきた赤ちゃんの誕生について語ります。神のいつくしみがクリスマスの日にやってきて、神様と人間、そして、創造された生き物たちの間にある聖なる壁を取り壊して私たちの命に永遠の価値を与えてくださいました。神様が下さった贈り物は、他の人たちの所に出かけて行って、神の国の喜びを発見する事です。

イエス様が誕生した夜の出来事は、ヨセフ様とマリア様にとって、とても辛い経験となりました。
2人は住民登録をするために、ベツレヘムにやってきましたが、泊まる場所がありませんでした。今の私たちならば、インターネットを通して、また、電話で直接、宿泊場所を予約できますが、当時の2人には、もちろん、そうする事が出来ませんでした。200キロ以上の道を旅して来て、入口でドアをピシャリと閉められてしまった可哀想な2人…彼らは泊るところもない貧しい夫婦でした。2人は馬小屋に泊る事しか出来ませんでした。そこは、ベツレヘムの町はずれの寒々としたところでした。そこに動物たちが、イエス様のために飼葉桶を置く場所を作りました。
今夜、ヘツレヘムの門の外で救い主としてお生まれになったイエス様は、エルサレムの門の外にあるゴルゴタの丘で磔刑にあい、殺されました。
このメッセージは、門の外にいる者のためにあるという事がわかります。
なぜなら、神の愛は、その始まりから、貧しい人、弱い人、社会から蔑まれた人達が、最初に手にいれられるものでした。
なぜ馬小屋のだったのでしょう?
それは、社会で貧しく苦しんでいる人々のなかに、神様のいつくしみ、そして、恵みやを見いだすことが出来るからです。

飼葉桶の前に跪いて祈りましょう。
神様のように物事を見る力と勇気をもって、神様の意思を実行する力を願いましょう。
私たちの生活の中に、幼子となって生まれたイエス様を迎え、共に生活し、共に働くならば、クリスマスは私たちにとって意味深いものになるでしょう。

クリスマスは、家族にとっても、友人たちの間にとっても、意味深いものです。
互いに贈り物をしたり、友達や親類、共同体、家族のなかで暖かさを感じる時でもあります。
離れたところにいて、食事やパーティに参加出来ず、共にクリスマスを祝うことが出来ない家族がいれば、私たちの思いはまた複雑です。クリスマスは幸せを感じる時なのです。なぜなら、神様の存在が、誤解したり、喧嘩して傷ついたりつらくなった時に癒してくれるからです。赦す事で私たちのクリスマスを最大限楽しむことが出来るでしょう。
クリスマスは、親切にする事、与える事、愛には愛で応えることも問われます。受けるより、与えるほうがもっと尊い時に気付く、まさに、その時なのです。
広い心で大切に思ってほしいと思っている貧しい人々のために、私たちが何が出来るのかを、敏感に反応する機会になります。

戦争が続くシリヤやイラクで、日々命の危険に脅かされている兄弟姉妹のために、平和と和解が1日も早く訪れるように祈りましょう。
私たちの祈りが、彼らの悲しみに光を与えてくれます。あなたのクリスマスが、幸せが訪れるものとなりますように。

みなさん、メリークリスマス!おめでとうございます!

 

 

 

共同祈願は、まず、日本語の共同祈願が唱えられ、その後、様々な言葉で唱えられました。

タガログ語による共同祈願

英語による共同祈願

セブアノ語による共同祈願

 

 

 

そして、感謝の典礼に入ります。

奉納の際には、様々な物が奉納されます。国際ミサならではですね。

 

そして、内陣を神父様が献香されます。さらに、侍者が会衆に献香しました。

 

奉納の歌、拝領の歌は、MCCIC聖歌隊によって歌われます。

 

 

感謝の讃歌はサンクトゥス(San-ctus)、平和の讃歌は、アニュス・ディ(Agnus Dei)が歌われました。

 

本当に多くの方が、今日のミサには参列されました。未信者の方々も多く来られ、お御堂の外にも人が溢れていました。

 

 

 

聖体拝領後、クリスマスミサに与ってくれた子どもたちのために教会からプレゼントをしました。
神父様が祝福し、来てくれていた子ども達みんなに渡しました。

 

恥ずかしがって前に出てこれない子どもにも…神父様が祭壇を降りられ、お菓子を手渡しに…

また、是非、教会に来てくださいね。

 

 

 

ミサ閉祭後、幼子イエス像を持ち再び入堂され、真舟に安置しました。

 

その後、フィリップ神父様が抱かれた幼子イエス様にミサに参加した人たちが集まり、その体に触れたり、キスしたり、ご降誕の喜びを分かち合います。

ミサ後、地下ホールにて、ティーパーティーが行われました。みなさん、10時を回っているのに…地下ホールに集まり、喜びを分かち合っていました。
全ての人にとって、クリスマスはやはり大きな恵みなのだと感じさせらせました。

 

主の御降誕おめでとうございます!
Merry Christmas!