本日、東葛飾宣教協力体主催のクリスマスチャリティコンサートが松戸教会で行われました。

 

実行委員会の方々を中心に、松戸教会のスタッフたちが裏方として、参加しました。
また、今回のチャリティコンサートには、9団体のうち、5グループが松戸教会からでした。

簡単にではありますが、少しづつ紹介していきます。

 

まず、今回の実行委員会の方々を中心に作られた4クローバーのみなさん。
実行委員の方々は、最初から最後まで本当に大変だったと思います。本当にお疲れさまでした。

 

 

 

 

今回の受付スタッフのみなさん。

 

来場者の方々をお出迎えします。丁寧な対応が評判でした。

 

 

 

 

そして、なんといっても、今回オープニングアクトを行った聖ミカエル幼稚園の子どもたち!
子どもたちの歌声は、やっぱり、天使の声ですね。(本当に感涙してしまった方もいらっしゃったらしいです)

 

出番前も…先生たちやご父兄と一緒にしっかり待てていましたね!

 

 

 

 

ゴスペルフラ部と中高生達……みんな緊張しているようですね…

 

本番ギリギリまで練習をしていました。

 

きっと、参加した中高生達(大学生・小学生も1人ずつ参加していました)にとっても、良い思い出になると思います。

 

 

 

 

MCCICは、今年のFILCOMDAYのダンスコンテストで優勝したダンスでした!

 

やっぱり、素晴らしかったですね!

 

出番が終わった後、フィリップ神父様と記念撮影!

 

そして、コンサート終了後、同じ『ダンス』ということで、ゴスペルフラ部とMCCICのダンスグループで記念撮影!

 

 

 

 

ジャズ研バンドのみなさん!

 

カホンという打楽器に注目が集まりました。ペルー発祥の打楽器だそうです。演奏している時は、いつもよりカッコヨク見えたという声も…。

 

 

 

 

マイケルクワイヤーのみなさんと藤澤神父様(亀有教会)

 

夕方の陽光がステンドグラスを通して差し込む中、グレゴリオ聖歌が御御堂に響きました。

 

 

 

 

コンサート終了後の茶話会では、話も弾みますね。
3教会の信徒同士の交流も見られました。

 

 

 

 

写真は撮影していませんでしたが、ヨゼフ会やマリア会の方々が、駐車場での案内、聖堂でのPAの担当、開場準備、そして、茶話会の準備など、ご協力くださいました。
みなさん、本当にお疲れさまでした。

今回の活動で、少しでも被災者の方々の復興のお手伝いが出来ますように。