クリスマスの飾りつけの一つにキリスト降誕の馬小屋があります。
ルカ福音書に出てくるのは、『彼らがベツレヘムにいるうちに、マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。』
聖家族の生活の中で、このエピソードは、キリストを受け入れなかった神の民イスラエルに対する神の不満を思い起こさせます。
預言者イザヤが言っているように、『牛は飼い主を知り、ろばは主人の飼い葉桶を知っている。しかし、イスラエルは知らず、わたしの民は見分けない。』
また、同じことがヨハネ福音書にも見つけることができます。
『言(ことば)は世にあった。世は言(ことば)によって成ったが、世は言(ことば)を認めなかった。言(ことば)は自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった』(ヨハネ1:10-11)

ある意味においては、ヨハネ福音書は神が御子イエスという最高の贈り物をくださったのに、多くの人に受け入れられなかったということを私たちに示しているのではないでしょうか。
初めから、神の子に対して『宿屋には彼らの泊まる場所がなかった。イエスを思う民の心にも場所がなかった』というのがみんなの答えでした。当時の人々の心に『場所がない』とか『イエスを認めない』というこの現実は過去の話ではありません。今日(こんにち)でも私たちがクリスマスを祝おうとするその時でも、まさしく起こりつつあります。今でもなお多くの人たちが、キリストの誕生を祝うクリスマスの一番大切な意味を見過ごしています。それは、教会が私たちの心を新たにしてイエス様を迎えるようにと、私たちを招いてくれる「特別なとき」なのです。すでに私たちに与えられたかたを新たにお迎えすること。そして『私たちのあいだに住まわれた』のです。『宿屋には彼らの泊まる場所がなかった。』イエス様のために飼い葉桶のほんの小さなスペースしかありませんでした。

ほんとうに必要なのは、質素で小さいけれど、心を開いて受け入れられる場所、そこではイエス様が心からテントを張って、とどまりたいと思えるスペースがあればよいのです。
さあ、私たちも自分の生活の中にイエス様が来てくださる場所を作りましょう。
喜びのうちにクリスマスをお祝いできますように!

 

 


 

 

Christmas Greetings

 

 

Merry Christmas to all!

One of Our Christmas decorations is the nativity. In Luke’s gospel, it says, ‘While they were there, the time came for her to have her child and she gave birth to her first born son. She wrapped him in swaddling clothes and laid him in a manger, because there was room for them in the inn.” This episode in the life of the Holy Family recalls God’s complaint about His people Israel as unwelcoming people. As the Prophet Isaiah puts it, “an ox knows it’s owner, and an ass, it’s master’s manger; but Israel does not know, my people has not understood.”

And this is also what we find in the gospel of John that says, “He was in the world, and the world came to be through him, but the world did not know him. He came to what was his own, but his own people did not accept him, ” (John 1:10-12)
In a way, the gospel of John shows us that the greatest gift, God has given his son Jesus, was not received by many.


From the beginning, such has been the response to the Son of God: “There was no room for them in the inn;  and there was no room in the hearts of the people for Jesus.”

This reality of “no vacancy” or “no admittance” for Jesus in the hearts of people is not a thing of the past. It is still happening in our midst even as we celebrate Christmas today. Still many people overlook the main point of Christmas celebrating the birth of Christ; that it is a special time in the church that invites us to welcome Jesus anew into our hearts. It is to welcome anew the One who has already been given to us, the one who “has made his dwelling among us.”

“There was no room for them in the inn.” There was only a space on a manger for Jesus.

Indeed all that is needed is a simple and small but open and receptive space on which Jesus can truly pitch his tent and stay. Let us then make room for Jesus in our lives.

Have an enjoyable Christmas celebration.

 

 

主任司祭  PARISH PRIEST
フィリップ・ボニファチオ神父
Fr. Philip llio Bonifacio, SSC