011300e4321a2812477d4d54e132c221e09ea41375

 

私は日本に赴任して20年間ノンストップで働いたので、サバティカルをとるようにと強く押されたのは、聖コロンバン宣教会の総長と日本管区長レオ・シューマカ神父でした。
そこでこの『いつくしみの特別聖年』の間に、6月20日から11月30日までサバティカルをとることを決心しました。このサバティカルから何か良い結果が得られることを望みます。

もしあなたが主任司祭であり、同時に近隣のフィリピン共同体3カ所を司牧する立場にあるなら、この決断をするのはやさしいことではないでしょう。

私はサバティカルに向かって出かけます。皆さんはこのサバティカルという言葉の意味は何だろうと思われるかもしれません。一例を挙げてみましょう。自分の仕事がきらいだから、さっさと辞めて、世界旅行をするために休みをとりたいと思っている人たちを見つけるのは確かに簡単でしょう。しかしながら、あなたが実は仕事がとても好きだったらどうしますか? でも、あなたは疲れ果ててどこにも行く気にならないし、毎日の仕事から離れられない、でも新しい見方と可能な限りの新しい知識技能でもって充電し直す必要があると感じてます。これがサバティカルですか?

よくあることですが、私たちの仕事の責任はただ増え続けていき、やがては、やりたいと思っていることも本当にしなくなります。その場から逃避したいと思うのは自然なことでしょう、たとえ、あなたが自分の教会を好きで、教会の信徒たちもあなたのことを好きだったとしても。いわゆる(VACATION)ではその問題は解決しないでしょう、本当の意味の(BREAK)が必要なのです。

サバティカルという言葉は、実は聖書にある言葉、『安息日(SABBATH)』から来ています。それは昔の人が生涯を生きるために休みと若返りの期間を設ける必要があったのです。伝統的に、宗教団体の人たちや教区聖職者とか教職についている人の中でサバティカルが見られますが、司祭たち、シスターたち、先生たちのためだけでは、もはやありません。だれでもサバティカルをとって旅に出ることができます。サバティカルは、変わり目を追い求めるために仕事から少し長く離れることです。私の教会信徒たちが公式のサバティカル・プログラムを持たなかったとしても、そのとき私はサバティカルをリクエストできます。あるいは、宣教国で何年も働いた後に私の上司たちが私にサバティカルをとるようにと、直接指示することができます。人々は伝統的に目的到達、技能熟達、真理探究のためにサバティカルをとります。これらのことをするために自分の家にいる必要はありません。たやすく世界を旅して、決めたゴールに到達することができます。大事なのは、遠くに離れて、古いものを新しくし、新たに元気を取り戻すことです。サバティカルは宗教上の誓い、教育、修練など、精神的に新しくすることが目的だと言えます。自分の限界への挑戦、あるいは自分の創造性に触れることが目的ともいえます。
時には職業と関係があるときもあれば、あまり直接的な方法ではないが、ただ知識技能の成長を助けるだけの場合もあります。

サバティカルは松戸教会の主任司祭と信徒の両方に利益をもたらすことができます。
遠くに離れることは精神を一新するのに欠かせません。創造力あふれる新しい考え方は技術技能を生み出すのに役立ちます。心を新たにし、頭の中のもやもやした古いゴミや日常を掃き出すのに遠く離れることは必要不可欠なのです。サバティカルから戻った時には、心も新たに、元気を取り戻し、信徒たちと共に新しい旅に出発することができます。サバティカルをとることはまた、松戸教会の信徒にとって、主任司祭不在の教会運営における最大の試練でもあります。私の不在の間、司牧評議会が教会運営に支障が出ないように、また集会奉仕も諸サービスも行われるように取りはからってくれます。

以上の説明で、松戸教会の信徒の皆さんが、主任司祭がサバティカルに行く理由を理解してくださることを望みます。

良い実りがこのサバティカルから生まれますようにと希望し、祈ります。
神さまを信じて。

 

 


 

 

Hoping For A Fruitful Sabbatical

 

After putting pressure on me to take a sabbatical from my Columban Society Superior General and from my Regional Superior Leo Schumacher after 20 years of working non – stop here in Japan, I have decided to take my sabbatical on the Jubilee Year of Mercy, starting from June 20 to November 30, 2016. Hoping something good will come out of this Sabbatical.

It is not easy to decide if you are the Parish Priest and at the same time Pastoring to 3 Filipino Communities in the neighboring areas.

I am going for my Sabbatical. People may be wondering what is this word Sabbatical means? Let me illustrate here. Sure, it is easy to find people who dislike their work and want to quit and take a break to travel around the world.

However, what if you actually like your work, but you are exhausted, feeling like you are going nowhere, stuck in a routine, and need to re-energize with a new view and possible new skillsets, is this sabbatical? Often times our work responsibilities just keep growing and growing and soon we are not really doing the things we want to be doing any longer. It is natural to want to get
away – even if you do like your Church and your Parishioners likes you.
A vacation will not solve the problem, you need a real break.

The term sabbatical actually is derived from the biblical Sabbath which serves an ancient human need to build periods of rest and rejuvenation into a lifetime. Traditionally you will find sabbaticals in the Religious Congregations or Diocesan Clergy or academic careers, but they are not just for priests, Sisters and teachers anymore. Anyone can take a sabbatical and travel. A sabbatical is simply getting an extended leave from work to pursue a break. Granted, my Congregation does not have a formal sabbatical program, then I can request for a sabbatical. Or my Superiors can direct me to take a Sabbatical after serving for a long time in a Mission Country for years.
People traditionally take a sabbaticals to fulfill a goal, build a skill, or do research. A person need not stay near his/her home to do these things.
He/She can easily travel the world and accomplish the set goals; the key is to get away, renew, refresh. Sabbatical can be about spiritual renewal of religious vows, education or training or just to refresh. It can be about pushing your limits or getting in touch with your creative side. Sometimes it has to do with careers, or just simply to help for the growth in ones skill sets in less direct ways.

Sabbatical can be beneficial to both, the Parish Priest and the Parishioners of Catholic Matsudo Church. Getting away is essential for spiritual renewal, creative and new thinking, can help build skills, is essential for spiritual renewal or simply dust off cobwebs and routines in one’s brain. Coming back from a sabbatical one is refreshed, energized, renewed and can start a new journey with the Parishioners. Taking a sabbatical is also the ultimate test to the Parishioners of Catholic Matsudo church on running the Church without the Parish Priest present. In my absence, the Parish Pastoral Council of the Church will see to it that operation in the church is not hampered and services are rendered to the people.

Hoping after the explanation above our Parishioners of Matsudo will understand why their Parish Priest has to go for a sabbatical.
Hoping and praying that something good will come out of this Sabbatical.

In God I trust.

 

 

主任司祭  PARISH PRIEST
フィリップ・ボニファチオ神父
Fr. Philip llio Bonifacio, SSC