主の平和。
みみずの会です。
この会は月2回、第1第3火曜日の午後1時くらいから教会のお庭の手入れをしているグループです。

 

約1か月ぶりになってしまいました。
関東は、雨が少なくて、水不足だそうです。
節水しなければいけませんね。植物も雨が少いので、たくさん水をあげたいのですが…どうすればよいのでしょう。
今年は、聖堂外壁の十字架の下にある)「アカンサス」が、ものすごい勢いで成長しています。

01f477d27194970333391e6441419a1971113eaea7

 

下の方に見える、アカンサスの葉には伝説があり、アカンサスが成長しているコリントという都市の墓地で、亡くなった幼女の遺品を納めたバスケットの下から、このアカンサスの葉が華麗な曲線を描いて絡みつき、これを見た前5世紀頃のアテネの彫刻家カリマコスが、ギリシャのコリント式建築の円柱にデザインしたとされます。
アカンサス模様として有名で、ギリシャからローマに受け継がれ、中世には教会の天井画にも登場したとされます。また、アカンサスをモチーフにした柄は絨毯などにも用いられており、ビザンチンリーフとして知られています。
アカンサスは、ギリシャの国花にもなっています。またその生命力の強さから不死を象徴する花ともされています。
花言葉は「美術」「建築」「技巧」「離れない結び目」など、このコリント様式にまつわる伝説からついたものといわれています。

 

 

 

 

それにしても、この季節は大変です。
先日の活動中に伐採した枝葉や雑草たちをご覧ください。(結構、頑張りました!)

016c8ecb4aa571644ba25f919b5592e8d80c082686

 

活動の後には……ビワ!(聖ミカエル幼稚園のほうに向かう坂から見えます!)

0126e92295d3df2dae77e3cd6a2aa551fd64191c31

 

今年もたくさん実りました。
もちろん、作業後、みんなで美味しく頂きました。

 

 

 

今年は、本当に暑くなりそうですね。
作業も大変そうです・・・・。
みなさんも十分に水分をとって、熱中症にならないように気を付けてくださいね。