皆さん、ご復活おめでとうございます。復活祭の喜びが信仰年をとおして、私たちの力と励ましとなりますように。

あるロシアの詩人がかつて言いました。「愛に将来性がなければ、それは愛とは言えない。」イエスのご受難をとおして、イエスが私たちに明らかにされたことは、御父と私たちへの愛でした。ご復活が表しているのは、イエスの愛は、将来性のある愛であり、その将来性とは、永遠の命だということです。イエスの復活は、神の愛は死より強いということを表しています。神は御子であるイエスを愛しておられるので、神はイエスが死に留まっていることをお許しになりません。神はイエスを死より復活させ、そうすることにより、罪と死に打ち勝つのです。

イエスは、ご自分のために死んだのではなく、わたしたちのために死んだのです。イエスはご自分のためだけではなく、私たちのために再び復活されます。イエスを信じて、イエスと共に罪に死んだ者もイエスと共に復活し、永遠に生きることができるよう、イエスは死者のうちから復活されます。神とイエスは私たちを愛しておられるので、私たちに愛の聖霊をお与えになり、罪と死を私たちのために克服されました。

復活されたイエスは、弟子達に現れました。弟子達と一緒にいることからイエスを遠ざけるものは何もありません。死や閉ざされたドア、また、落胆している弟子達の心すら、イエスを弟子達から遠ざけることはできませんでした。復活されたイエスは、約束されたように、この世の終わりまで、いつも私たちと共におられるということを思い出しましょう。復活されたイエスは、私たちが最も深い暗闇に包まれる時でも、わたしたちが、いつか、面とむかってイエスにお会いすることができる時まで、私たちと共に歩んでくださいます。イエスの復活をとおして、私たちの毎日の生活は、力を得て、罪と死を乗り越えることができるということを再確認しましょう。ですから、今日の枝の祝日が宣言しているように、喜びましょう。「この日は主がつくられた日です。喜び、感謝しましょう。」神は私たちを罪から救い出す約束を成し遂げられました。詩編の作者と共に感謝し、祝い喜びましょう。

皆さん、ご復活おめでとうございます

 

松戸教会主任 フィリップ・ボニファチオ神父