063

 

さあ、行動を開始しましょう。
昨年(2015年)12月8日に「いつくしみの特別聖年」が始まり、2016年11月20日「王であるキリスト」の祭日に閉年します。
私たちは教会生活の中でこの特別な行事を十分に祝うのにはどうしたらよいか、知るべきことの手引き書を与えられています。
教皇フランシスコは昨年、典礼年を「いつくしみ」をテーマに焦点を置く一年とするよう公言されました。でも、この『いつくしみの年』は何か特別な感じです、そうです、この年を『聖年』とすると宣言されたのです! 聖年の基本概念は旧約聖書のモーゼが50年ごとに喜びの年を宣言したときに戻ります。つまり、全イスラエルの民にまもられていた聖なる一年で、負債の免除や奴隷の解放、土地の休息まで含まれます。カトリック教会として25年ごとに来るのは「ふつうの」聖年ですが、なにか目立ったことを記念するために通常のとき以外に公言されると、「特別聖年」となります。

聖年の年は教会全体のために特別なお祝いが伴います。最も特筆すべきことは「聖なる扉」を開くことです。聖なる扉、いつくしみの扉を通り抜ける巡礼者は神から慰めを受け、罪から清めてくださる特別免償が与えられます。いつくしみの思い、いつくしみに満ちた愛をもつて見つめ、そして選ばれた、これが教皇フランシスコのモットーです。
教会がいつくしみに重きを置くのは預言者的です。救いの歴史の部分として現在、私たちはいつくしみと恵みの時代に生きています。いつくしみと恵みは誰もが直面する「最後の審判の日」の前にやってきます。一人ひとりの魂は死の時に恵みといつくしみを経験します。そしてイエスが世の終わりに地上に戻られるときには皆まとまうて。「審判の日より前に私はいつくしみの日を送る」と、主は聖ファウスティナ・コヴァルスカに仰せになりました。彼女の日記に記されているように、「正しい審判者として来る前に、まず、いつくしみの王として来る。」

神のいつくしみは限りなく、生きているものへの愛は熱く燃えています。必要なときに助け、苦難を乗り越えるのを助けてくださる。イエス様を私たちの罪のために十字架上の死へと送ったことは神のいつくしみの究極の最高の行為でした。この聖年に参加することは神のいつくしみの恵みにあずかる人になることです。教皇フランシスコは宣言します。

私の心からの願いは、この聖年の間、キリスト者が身体的な慈善のわざと精神的な慈善のわざについてじつくりと考えてくださることです。

 

それでは、特別聖年の免償を得られるように次のことにチャレンジしましょう。

  1. 指定された教会を巡礼し、聖なる扉、いつくしみの扉を通り抜けましょう。
    巡礼は回心の道具となります。聖なる扉の敷居をまたぐことにより、力強く神のいつくしみに包まれ、父が私たちと共にいてくださるので、他の人にもいつくしみをもつて自分をささげることができるのです。
  2. ゆるしの秘跡を受けること
  3. ミサでキリストの聖体を受けること
  4. いつくしみをテーマに黙想すること
  5. 信仰宣言を唱えること
  6. 病者訪問
    病んでいる人、高齢の人、そして病気で外出できない人のために:
    「あなたの病気と苦しみを受け入れ、受難の神秘にある主にささげます、死と復活が痛みと苦しみを意義あるものとしてくださるように。」
  7. 死者のために祈ること:
    「この世を去った人たちのために免償を。私たちはミサの中で死者を追悼し、祈ります。父のいつくしみ深いみ顔がすべての罪から解き放ち、力強く彼らを包み込んでくださるように。」
  8. 聖なる父が、この特別ないつくしみの年に特別なやり方で私たちに望んでおられるように、昔から行われているいつくしみのわざを身体的にも精神的にも実行すること
  1. 身体的な慈善のわざ:
    • 飢えている人に食べさせること
    • 渇いている人に飲み物を与えること
    • 着るものを持たない人に衣服を与えること
    • 宿のない人に宿を提供すること
    • 病者を訪問すること
    • 受刑者を訪問すること
    • 死者のために祈ること
  2. 精神的な慈善のわざ:
    • 無知な人を教えること
    • 疑いを抱いている人に助言すること
    • 罪人を戒めること
    • 煩わしい人を辛抱強く耐え忍ぶこと
    • もろもろの侮辱をゆるすこと
    • 悲嘆に打ちひしがれている人を慰めること
    • 生者と死者のために神に祈ること

 

さあ、今からスタートしましょう。
もし、まだ「祈りと計画」していることを何もしていないなら、どのようにして特別聖年の残りの数ヶ月をお祝いしますか。神のいつくしみという宝物からあなたに与えられる途方もないたくさんの恵みを利用せずに、このときを過ぎ去らせることのないようにしましょう。あなたのいつくしみを最も必要としている人たちのことを思うことで始めましょう。さあ、行動開始です!

 

 


 

Where Are We Now In Our Celebration Of the Jubilee Year Of Mercy?

 

Let us start acting now
The Year of Mercy began last December 8, 2015, and will end on the Feast of Christ the King on November 20, 2016, and we were given primers on everything we should know on how to fully celebrate this special event in the life of the Church. Pope Francis announced last year’s liturgical year to focus on the theme of Mercy. But the Year of Mercy is something exceptional; this One he
declared to be a Jubilee!
The jubilee concept goes back to the Old Testament when Moses declared every 50th year a jubilee, that is, a holy year to be observed by all of Israel which included the remission of debts, the liberation of slaves, and a rest from the cultivation of the land.
For the Catholic Church, a Jubilee is “ordinary” if it falls every 25 years, and ″extraordinary” when it is proclaimed outside the usual time to commemorate some outstanding event.

A Jubilee Year is accompanied by special celebrations for the entire Church. The most notable of these includes the opening of the Holy Doors. Pilgrims who walk through the Holy Doors or Doors of Mercy, are granted special indulgences, consolation from God, and purification from their sins. The theme of Mercy, ‘by showing compassion and by choosing,’  is the motto of Pope Francis. The
Church’s emphasis on mercy is prophetic. As part of the salvation history we are currently living in the age of mercy and of grace. Mercy and grace comes before the Day of Judgment where all will face God’s justice. Each soul will experience grace and mercy at the time of death, and collectively When Jesus returns to Earth at the end of time.  “Before the Day of Justice I am sending the Day of Mercy”, Our Lord said to St. Faustina Kowalska as she recorded in her Diary, “Before I come as the just Judge, I am coming first as the King of Mercy.”

The mercy of God is infinite and is a burning love for his creatures. It helps us in our needs and helps us overcome our miseries. Sending Jesus to die on the cross for our sins is the most supreme act of God’s mercy. Participating in this Jubilee Year we can be vessels of God?fs mercy. Pope Francis declares, “It is my burning desire that, during this Jubilee, the Christian people may reflect and act on the corporal and spiritual works of mercy.”
We are challenged then to do the following to obtain Jubilee indulgences:

  1. pilgrimages to designated churches and pass through the Holy Doors or Doors of Mercy.
    Pilgrimage is an instrument to conversion. By crossing the threshold of the Holy Door, we will find the strength to embrace God?fs mercy and dedicate ourselves to being merciful to others as the Father has been with us.
  2. Receive the Sacrament of Reconciliation
  3. Receive the Body of Christ in the Mass
  4. Do reflection on the theme of Mercy
  5. Do the profession of faith (Shinko Sengen)
  6. Visiting the Sick
    E.1.   To those who are sick, elderly, and home-bound:
    “Accept and offer your sickness and suffering to the Lord who in the mystery of his Passion, death and Resurrection gives meaning to pain and suffering.”
  7. Praying for the dead:
    “Indulgence for the deceased. We remember the dead in our Masses and pray for them, that the merciful Face of the Father will free them of every remnant faults and strongly embrace them.”
  8. To do or practice the traditional corporal (for the body) and spiritual (for the soul) works of Mercy that our Holy Father wants us practice in an extraordinary way during this Extraordinary Year of Mercy.

 

  1. Corporal works of mercy:
    Feed the hungry;

    Give drink to the thirsty;
    Clothe the naked;
    Shelter for the homeless
    Visiting the sick;
    Visiting the prisoner
    Praying for the dead.
  2. The spiritual works of mercy:
    Instruct the ignorant;
    Counsel the doubtful;
    Admonish sinners,;
    Bear wrongs patiently;
    Forgive offenses willingly;
    Comfort the afflicted;
    Pray for the living and the dead.

 

LET US NOW GET STARTED
If we have not done anything yet “Pray and Plan”, how you will celebrate this remaining months of the Extraordinary Jubilee Year. Don’t let this pass by without taking advantage of the tremendous graces that are being offered to you from the treasures of the Mercy of God! Begin by thinking of those people who need your mercy the most and start acting now.

 

主任司祭 Parish Priest

フィリップ ボニファチオ神父
Fr. Philip llio Bonifacio, SSC