さて…今日は四旬節に入って初めての主日です。
今日から40日間、もう1度、イエス様のご受難・死、そして、ご復活の意味を考え、神様の愛を感じてみましょう。

今年の四旬節は、みんながもう1度「神様の愛」に立ち帰る事が出来るような企画をたてて、みんなと一緒に四旬節を過ごせればと考えています。

 

まずは、「教会学校はじめの祈り」でスタート!

01ff54271adffbcedec7c113822bea4a41e1c62b71

教会学校が始まる時は、必ずお祈りからスタートします。
リーダーから「教会学校のしおりを出して」と言われる前に、しおりを出しておいて、すぐお祈りが唱えられるようにしましょう。(しおりを見なくても、お祈りを唱えられるようにしましょう)

 

そして、今日も「マラナタ」を歌います。
カテキスタの方から「マラナタってどういう意味だった?」と歌う前に質問がありました。先週教えてもらったよね。でも…シーーーーン。。。。
リーダーが代わりに「主よ、来てくださいという意味です。」と答えました。

これから、四旬節、復活節と過ごす中で「主よ、来てください!」と思いながら、ミサに与りましょうね。

01fb75db2ece7c31575e00f95247a80076c9b9ecf5
01fdd0252bf9d93f6c162e306d15a7b34568246244

 

そして、みんなで歌います。

01d1592d59a4e4b18ed7ca9a4324bbae4612f521cc

んー…船津神学生がいなくなって、伴奏がなくなってから…ますます声が出なくなっちゃいましたね。
「マラナタ」は、子どもの奉仕するミサでもよく歌う曲ですから、お手本になるくらい大きな声で元気に歌えるようにしましょうね!

 

 

 

さて…今日は、リーダーが絵本の読み聞かせをしました。
お話を始める前にリーダーから四旬節の説明がありました。
これから40日の間を四旬節と言います。四旬節は、イエス様のご復活をお迎えするために準備する期間です

01e448b4dfcbf4306ba209b8c83dd2a7882e04d877

 

そして、お話が始まります。
読んだ本は、「3本の木」という有名なおはなしです。

016e0bc783484c23df708ae324f49087389eaafb51
DSC00578

はるか遠い昔…ある山の頂に育った3本の木のお話……
「いつか僕は金で塗られた王様の椅子になるんだ。皆がうらやんで偉い人が座るすごい椅子になるんだ。」と願った1番目の木。
「いつか僕は大きい船になるんだ。世界中の王様や女王様が世界中を回る船になるんだ。」と願った2番目の木。
そして、「僕はもっと大きくなって、どの木よりも大きくまっすぐ伸びるんだ、皆が丘の上から僕を見て僕が天国に届いているかと思うくらいに。皆はきっと僕のことを覚えてくれるよ。」と願った3番目の木。

果たして3本の木の願いは考えもよらない方法と形で完全にかなえられました。
神様のお考え、なさることは本当に私たちの考えを遥かに超えて完全です。
今日のお話は、すごく神様の愛を感じれるお話でしたね。
これからの四旬節を、イエス様を通して完全な愛を見せてくださった神様を信頼して過ごしましょう。

 

 

 

そして、今日のミサで、教会学校の女の子が侍者デビューしました!頑張りましたね!
フィリップ神父様と記念撮影させていただきました。

01c8b84bccf843bbe1550574d592905c66baf90424
0170dd9920d0483433ecce63473d79026c33a5d5a7

 

 

 

今日は、みんなに宿題を出しました。
来週は宿題を忘れないようにしてくださいね。
この頃、遅刻が少しずつ少なくなってきました。これからも時間通りに始められるように、遅刻しないように、元気に集まってください!