松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を毎月第2週に行っています。
暖冬の影響が農作物にもあるようです。あまり寒すぎるのも困りますが、やはり、ある程度季節に合った気温というのは私たちにとって必要なのですね。

 

0142fd3672660e732bdc81dc2204b281413d634fe4

 

 

 

● 今月のおすすめ品

0130a697c95c663fe6e3c5c6af1c0c949abd1cc581

りんご(ふじ)

暖冬の為、なんと今年最後のリンゴとなりました。
また、来年美味しいリンゴをお待ちしています!

 

 

01104a1b63898da440d1f6401bb882f50e8843f8b5

いちご(とちおとめ)

暖冬の影響でイチゴの出荷も今月からスタート。
小ぶりですが、本当にあまりイチゴです。

 

01e58b4c0459f5b64ec6eb57d9beb9d033d878e7d3

トロピカルトマト

福島県西白河郡矢吹町で生産される高糖度とまと、「否破壊糖度計測機」にて一個一個選果を行い、糖度は9.5以上に設定しています。期間は1月から4月いっぱい程度の限定生産になります。

 

 

0187a73200ca9d55a7cc9381720236da712a408e23

寒締めほうれん草

有機野菜を今回もたくさんお持ちいただきましたが、その中でも寒じめほうれん草がお薦めだったそうです。
寒締めほうれん草とは、寒気にさらしたほうれん草のことで、寒締めほうれん草の最大の特長は、甘みが強いことです。通常、ほうれん草の糖度はだいたい4〜5度であるのに対して、寒締めほうれん草は8度から10度近くまであり、これはフルーツトマトに匹敵するほどだそうです。

 

 

 

来月も、第2週2月14日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。

twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。本年もよろしくお願い致します。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

 

また、ネット販売にも対応しています。