本日、午後2時から、カトリック豊四季教会で東北支援クリスマスチャリティーコンサートが開催され、200人近くの方にご来場頂き、暖かい雰囲気の中、バラエティーに富んだ8団体の演奏が行われました。

 

この企画は、東葛飾宣教協力体が行っている3教会合の東北支援ボランティア活動(【注】東葛飾宣教協力体 第1回第2回第3回 東北ボランティア活動)がきっかけとなり、参加した若い人たちが、もっと何か違う形の支援が出来ないか考え、亀有教会の聖フランシスコ幼稚園のお母さん方が中心となって毎年行っていたチャリティーコンサートが、諸般の事情で継続が難しくなって来たことを受けて、3教会の有志で慈善演奏会をしてみようと企画され、今年が2回目の開催となります。

 

 

 

それでは、ラインナップ順にご紹介していきます。

 

豊四季教会土曜学校ママさんコーラス

シスターの指揮のもと美しいアカペラコーラスを披露して下さいました。

IMG_5902
IMG_5907

 

 

亀有教会・麦の実教会学校親子の演奏

子供達のかわいらし元気な歌声が聖堂いっぱいに広がり、みんなの心がほのぼのしました。

IMG_5908

なんと、あわてんぼうのサンタさんも登場し、その場が盛り上がりました。

IMG_5915
IMG_5916

 

 

松戸教会マイケルクワイヤー

普段はあまり聞かれないグレゴリオ聖歌の美しい響きと共に、カトリック教会の歴史の深さ、祈りの深さが伝わってきました。

IMG_5924

 

ザ・トナカイ

未信者の方達ですが、去年に引き続き出演して頂いています。
ばんじょう、ピアニカ、ピアノで楽しくクリスマスメロディーを奏でて下さいました。
聖堂内に手拍子が続き、子供達も大喜びでした。

IMG_5928
IMG_5937

 

沼南ハーモニカサークル

プロテスタントの牧師先生率いるサークルで、ハーモニカがすばらしく豊かな音を出せることに皆が驚きました。
牧師先生の腕前はプロ級でした。

IMG_5921

 

 

豊四季教会サックス

松戸教会の聖ミカエル祭でお馴染みの方、でサックスの魅力を聞かせて下さいました。

IMG_5939

 

 

フォークローバー

神様の不思議な計らいで、福島ボランティアで知り合った3教会の信徒&茅ヶ崎教会信徒で結成されたユニットです。
最初は独唱、それからアンサンブル、そして最後のコーラスでゴスペルフラが登場し、すばらしい広がりがありました。

IMG_5946

 

ゴスペルフラとは、キリスト教の賛美歌に合わせて踊るフラ(フラダンスとは言わないそうです)のことで、ハワイの信者の方が1980年くらいから始めました。
フラを通して神様を賛美するために、今はあちこちの教会や、未信者さんの間でも広まっているそうです。

IMG_5976
IMG_5967
IMG_5972

 

 

豊四季教会・Rika&Frank(フルート二重唱)

年齢差なんと50歳。2人の美しいハーモニーに皆がうっとりしました。

IMG_5977

 

 

 

 

最後は全体で「しずけき」と「あめのみつかいの」を歌い、クリスマスの喜びのうちに皆が一つになることが出来ました。

IMG_5981
IMG_5980

 

 

豊四季教会の信徒の方々、亀有教会の信徒の方々、その他、多くの方々が、来場して下さりました。心から感謝申し上げます。
松戸教会の信徒のなかには、「行かれないけれどチケットは買う」という方もいらっしゃり、本当にたくさんのご協力を頂きました。
その中から必要経費を除き全額「NPO法人福島やさい畑」に寄付させて頂きます。
福島の方々に心を寄せ続けるためにも、この活動が今後も続いていけますよう、これからもご支援を宜しくお願い致します。