本日、9月29日は、大天使聖ガブリエル・大天使聖ミカエル・大天使聖ラファエルの祝日です。

松戸教会では、午前10時半から、守護聖人・大天使聖ミカエルの祝日を祝い、ミサが行われました。同時に、松戸教会に併設されている聖ミカエル幼稚園の創立記念日を祝うミサとしても行われました。

 

DSC00159

 

 

平日の午前中にも関わらず、聖ミカエル幼稚園の先生方を始め、園児と保護者の方々、そして、信徒が集まり、ミサが開祭されました。

DSC00165

 

 

第1朗読は、聖ミカエル幼稚園の先生が行ってくださいました。

DSC00170

福音朗読後、フィリップ神父様のお説教…

DSC00188

お説教のなかで神父様は…
「ガブリエルという名には『神の力』、ラファエルという名には『神の癒し』、そして、ミカエルという名には『神に似たものは誰か』という意味があります。天使は神の愛の形です。それぞれの名前には意味があります。私たちも神様の愛を受けるために大天使達の取り次ぎを祈りましょう」と、祈りへと導かれました。

 

第1朗読 ヨハネの黙示録 12章7~12a節
福音朗読 ヨハネによる福音書 1章47~51節

 

 

 

共同祈願は、聖ミカエル幼稚園の先生方が唱えられました。

DSC00174

 

 

 

 

DSC00175
DSC00177
DSC00178

 

 

そして、聖体拝領。

DSC00183

 

 

松戸教会が献堂された同じ年に創立された聖ミカエル幼稚園も今年で創立65周年ですね。
これからも多くの子ども達の明るい声が響き渡る幼稚園であってもらえたらと思います。

最後に、霊名祝日を迎えられた皆様、おめでとうございます。