|  |  |  |

 

松戸教会では、私たちの救い主イエス・キリストの御降誕を祝います。

12月24日 17:30 
(子供の奉仕するミサ)聖劇 キャンドルサービスに続き夜半のミサ
12月24日 20:10 
(国際ミサ)クリスマスキャロル、キャンドルサービスに続き夜半のミサ
12月25日 8:00 早朝のミサ
12月25日 10:30 日中のミサ
夜半・早朝・日中 それぞれのミサが献げられました

      24日国際ミサの始まる前にクリスマスキャロルが歌われました

    24日夜半のミサでは司祭が幼子イエスを捧げ入場し飼葉桶に安置します。

      集会祈願が祈られた後、ことばの典礼が、始まります。

あわれみの賛歌(キリエ) 栄光の賛歌(グロリア)はそれぞれラテン語で歌われました
国際ミサでは第1朗読は日本語で、第2朗読は英語でそれぞれ行われました。
また福音朗読は、日本語、英語で行われました

共同祈願は国際色豊かに日本語、英語、タガログ語、スリランカ語など様々な言葉でとなえられました

続いて感謝の典礼に入ります

感謝の讃歌(サンクトゥス)平和の讃歌(アニュス デイ)共に、ラテン語で歌われました

奉納の歌、聖体拝領の歌は、MCCICクワイアが歌いました

聖体拝領後、クリスマスミサに与った子どもたちのために,教会からプレゼントが贈られました

25日ミサも24日夜半ミサと同様の内容でが、
夜半・早朝・日中ミサは各々別のミサで聖書の朗読箇所が違う事に注意してください

各日、多くの信者、未信者の方もミサに与り、24日は聖堂に人が入りきれない状態でした
25日は週日の午前中にもかかわらず聖堂が満席となりました
各ミサ後地下ホールで簡単な茶菓が用意されお互いの交流を深めました
(茶菓会のお手伝いを頂いた方々はご苦労様でした)

各ミサで次のお話がありました

クリスマスと聞くと、キリストの誕生日でサンタさんからプレゼントをもらえる楽しい記念日と思われています ところで神様は何か目に見える形のあるプレゼントをくださるのでしょうか? 
神様は、目には見えませんが比べものにならないほど素晴らしいプレゼントを全ての人にくださっています
私たちがこのプレゼントに気がついて”喜んでいただきます”と言えるのが信仰です
何をくださっているのでしょうか? それは永遠のいのちです
クリスマスはこの素晴らしいプレゼントを心から感謝し深く考える良い機会です
主のご降誕おめでとうございます

         ご降誕の場面がクルミの殻に彫ってあります




 |  |  |  |

18時からの子供の奉仕するご降誕ミサの後、8名の中高生が集まりました。

短かい時間ではありましたが、軽食をいただきながら近況報告をし、プレゼント交換をして楽しみました。

小学生の聖劇でのお手伝、ミサ奉仕にかかわってくれた子、ありがとうございました。

学校や部活で一同に集まれる機会は少ないけれど、クリスマスの夜にこうして皆で会えたこと、イエス様に感謝です。

 




 |  |  |  |

いよいよ聖劇を皆様に披露する時がやってきました。みんな緊張しています。

直前練習を除いて毎回キャスト全員が揃って練習することは出来ませんでしたが、きっと大丈夫。

さあ、みんなで気持ちを合わせて、イエス様のご降誕をお祝いしましょう。

旧約聖書、天地創造の語りから始まります。
神様のつかいである大天使ガブリエルが、マリア様に、救い主であるイエス様のお母様になってほしいと伝える場面
 
 
ガブリエルは大工のヨゼフの夢にも現れ、神様の力で母となったマリア様を妻として迎えるよう伝えました。
 
人口調査のため、ナザレの町からベツレヘムへ向かうヨゼフとマリア。
夜になり、宿を探しますが、どこも宿はいっぱいです。ヨゼフは身重のマリアを心配しています。
なんとか寒さのしのげる馬小屋で過ごせることになりました。
そしてこの夜、私たちの救い主イエス様はこの馬小屋でお生まれになりました。

一晩中、羊の晩をしていた羊飼いたち。
輝く星とともに、イエス様の誕生を一番初めに知らされます。
天使たちは羊飼いたちに、早く行って飼い葉おけに眠る赤ちゃんを拝むようにと促します。

 
遠い東の国の三人の博士たちも、同じく輝く不思議な大きな星に導かれてイエス様に贈り物を持ってお祝いに来ました。
王様のしるしの黄金、神様のしるしの乳香、永遠の命のしるしの没薬です。

世を照らす光、すべての人が主の光に包まれた! メリークリスマス!
 
 
 
 

 
子供たちの頑張り、たくさんのお祈りに支えられ、聖劇を無事に終えることが出来ました。
神父様をはじめ、見に来ていただいた方々に嬉しいお褒めのお言葉もいただきました。
この日のためにご協力いただいた皆様、見守って下さった神様に感謝!

 
 
ミサの後、神父様から、お菓子をいただきました。

 
 
 



 |  |  |  |

 
クリスマスのミサ、聖劇の練習の前に、みんなでクリスマスパーティーをしてお祝いしました。
ケーキとジュースをみんなでいただきました。
 

ケーキを頂いた後、ゲームをしました。いす取りゲームです。

さすが高学年はわざと負けてあげて、すごいなぁ。

この後はそれぞれ用意したプレゼント交換。
 
短い時間でしたが、楽しくゲームをしましたね。
 
さあ、これから本番前の最後の練習です。
 
気持ちを切り替えて、頑張りましょう!
 
 



 |  |  |  |

今日は二学期の終業式です。

教会学校初めの祈りの後、「よく神様のことを知って、心から神様を信じられるようにしましょう」と神父様からお話を頂きました。

この後、ミサの練習も見てくださいました。

さて、今日は明後日のご降誕の子供の奉仕するミサの練習です。いつもとは違い、ロウソクを持っての入堂になります。

実際には火が付いていますから、しっかりと脇を締めて上半身をグラグラさせずに、炎より先を見ながらまっすぐと歩けるようにしましょう。

 

先唱の子も、実際のマイクを使い、声の大きさを確認しながら進めます。後ろで高校生もサポートします。

朗読者を先導するときは、その方が十字の前に(センター)なるように横に立ち、礼を一緒にします。

福音朗読では、大学生が献香の手順を確認しています。

 

奉納するときは、待者が迎えに行きます。迎えに行って戻る時の出発は、神父様の合図を待ちます。慌てなくて大丈夫です。神父様の準備が出来たら、頷いてくださるのでそれを見てから待者は奉納の子を先導します。

 

献金かごの奉納です。祭壇の前で深く礼をするときは、頭だけではなく腰から礼すると、とても丁寧に、また並んだ姿が揃って美しい礼になります。

 

聖体拝領の際は、神父様と聖体奉仕者の横に一人ずつ付き、ご聖体を頂いた人が口に入れるのを確認します。侍者の子が神父様に詳しく質問しています。

退堂まで一通りの練習をしました。

最後に、アヴェマリアの祈りをして明後日の聖劇・御ミサで練習の成果を出せるようアヴェマリアの祈りをして終わりました。緊張してしまうかも知れませんが、自信を持って堂々と出来るといいですね。


皆様のお越しをお持ちしております。