|  |  |  |

本日、船橋市民文化ホールにて「第51回千葉県教会音楽祭(北ブロック)」が行われました。

千葉県教会音楽祭は、カトリック・プロテスタントの垣根を越え、千葉県内の教会聖歌隊及び教会音楽関係者が集い、お互いの交わりを深め研さんを積み教会音楽の向上に寄与するために、毎年開催されています。参加教会の移動距離・時間等々の理由から15年くらい前から、北ブロック・南ブロックに分かれて開催されるようになりました。カトリック松戸教会は北ブロックに所属しています。
5年に一度は南北合同で行われます。

今年も、参加教会のうち、カトリック教会は松戸教会のみでした。

音楽祭は正午から始まり、第一部は礼拝、第二部は音楽の捧げもの(12時35分より)、第三部は懇親会(15時15分より)という構成になっています。

 

第二部での「音楽のささげもの」として各教会が2~3曲ずつ持ち時間の範囲内で歌いました。

カトリック松戸教会は、今年は、様々なを歌いました。

  • アニュス・デイ (グレゴリオ聖歌)
  • 典礼聖歌455「平和の賛歌」(やまとのささげうた) (作曲 高田三郎)(混声四部)
  • 平和の祈り(作曲 高田三郎)(混声四部)

 

 

第2部の最後には、来場者・参加教会の方々全員でヘンデル作曲のメサイアの中から「ハレルヤ・コーラス」を歌いました。

エキュメニカルの観点から見ても非常に重要な催しですし、来年も多くの方々に観に来て頂きたいと思います。




 |  |  |  |

恒例の聖ミカエル祭バザーが10月20日(日)午前10時から午後2時まで開催されます。
今年のテーマは「いつでも どこでも だれにでも 愛」です。
バザーは、皆様とも触れ合う交流の機会です。松戸教会を知っていただく機会にしていきたいと思います

バザー券・食券の販売は、すでに始まっています。(9月29日は、国際ミサのため行われません。)

 

  • バザーの収益は、以下の団体等に使用されます。

    1. 災害支援
    2. CTIC(カトリック東京国際センター)
    3. 山谷支援
    4. The Little Way College Seminary(フィリピン、カバカラン管区神学校)
    5. 青少年育成
  • ミサのご案内

    午前10時30分より聖堂で主日のミサが行われます。どうぞご遠慮なくお越しください。(未信者の方もご参加頂けます)

  • イベントのご案内

    • お子様向けゲーム @聖ミカエル幼稚園2階(10:00-13:00)
    • 餅つき @聖堂入口前(11:15-/12:30)
    • バザー抽選会 @教会入口広場 (13:00頃)

 

《 来場して来てくださる皆様へのお願い 》

  • バザーはお祈りをもって始めます(午前10時) それまでは、商品の購入をお待ちください。
  • チャリティーを目的としております。設定価格での購入をお願い致します。
  • 食中毒予防のために、お買い求めの食品は開祭時間内にお召し上がりください。
  • チャリティーバザー券は当日も教会入口の案内でお買い求め頂けます。
  • ゴミの分別(産業廃棄物として分別します)と持ち帰りにご協力ください。
  • 当日は教会敷地内への駐車は出来ません。近隣の路上駐車はおやめください。
  • 車を運転する方への酒類の販売は致しません。
  • 当教会広報誌みかえる、ホームページ掲載のための写真撮影を行っています。ご了承ください。
  • 腕章をつけたバザー委員が巡回しています。体調が悪くなったり、お困りの点がありましたら、お気軽に声をかけてください。

 

皆様に楽しい一日を過ごしていただけるよう、おいしい食べ物、買い物のコーナーを用意し、たくさんの方のお越しをお待ちしています。




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を奇数月第3週に行っています。
今月はもうすっかり秋モード。秋のフルーツなどが並び始めます!

 

 

● 今月のおすすめ品

桃(暁星)

暁星は、あかつきの枝変わりとして発見された桃です。福島県伊達郡で育成され、1986年(昭和61年)に品種登録されました。
サイズは240~260gくらいの中玉で、甘味が強くて酸味は少なめです。果肉は乳白色で紅色が差すこともあり、果汁が多くてなめらかな口当たりです。また、肉質は緻密でかたく、日持ちがよいのも特徴です。収穫してすぐなので、1日2日、見ていただいて召し上がると、食べごろになるそうです。
あっという間に売り切れてしまいましたね!

 

黄桃(黄ららのきわみ)

ゆうぞらと川中島白桃の交配から生まれた『黄ららのきわみ』は、名前の通り、黄色い外見と果実の桃です。『黄ららのきわみ』は黄金桃、甘甘燦燦、黄貴妃に続く黄色く珍しい品種として、菱沼農園でも2015年度より収穫と出荷を開始した新しい品種のひとつです。肉質は、硬めの桃ですが、追熟させて、3,4日常温で置いて、柔らかくなってから食べるととてもちょど良いです。眩しいくらいに黄色い外見と水々しさを兼ね備えた果実が特徴的です。

 

ぶどう(高尾)

果粒は紫黒色の長楕円形で、巨峰よりやや小さく、果肉は締まっています。甘みは強く、酸味は適度、わずかに香りがあり、食味は濃厚。種なしのぶどうです。品質は優れているものの、栽培管理が非常に難しいため、ほとんど普及しませんでした。生産方法や販売方法などについての試行錯誤を繰り返しながら、次第に認知され、現在「高尾」は贈答用高級ブドウのブランドとして定着しています。 

 

新鮮野菜

今朝、収穫されたばかりの野菜が並びます。
ナスなど秋を感じさせる野菜もありますね!葉物はシャキとして新鮮さが伝わります!

 

 

次回は、11月の第3週11月17日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

  • NPO法人 福島やさい畑~復興プロジェクトのブログ

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

今日は、松戸教会の主任神父様である伊藤淳神父様がお話ししてくださいました。

 

テーマは 「ゆるしの秘跡」でした。

 

神父様のお話の後、「神様がわかるでしょう」の歌を歌って、最後にアベマリアの祈りをしました。

来週はゲームをして楽しみましょう。

 
子供達が教会学校の間、保護者会が開かれました。
来月のバザーの打ち合わせを中心に話し合われました。
 
 
 
今日も先週に引き続き、ミサ後に点字・手話訳聖書支援の募金活動をしました。



 |  |  |  |

教会学校も今日から新学期です。
始業式をお御堂で行いました。
教会学校はじめのお祈りを唱えます。
伊藤神父様も、来てくださいました。教会学校にはなんできているのか?どうして、来なくちゃいけないのか?わかっていますか?それが分かってないと、行くの面倒だな~って、思ってしまいますよね。教会学校では、「なんでかな?」ということを教えてもらえます。元気に、毎週来てください。とお話いただきました。
始業式を終えて、教室に移動。まずは主の祈りです。中高生会スタッフも来ています。
「イエスさまがいちばん」を歌います。みんな夏休み明けで、声が出て来ません。
体をほぐして、もう一度!少しこえがでてきましたが、まだ小さいですね。
始業式ということで、早速にお祈りテストをしました。「主の祈り」と「アベマリア祈り」を紙に書きます。教室にこの二つのお祈りが貼ってあったので、あわててリーダーが隠しました。気づいていた子もいましたね!スラスラと書ける子、悩む子、色々でしたが、頑張りました。
小さい学年には難しいので、まずは口にして覚えます。
書けた子は、リーダーと中高生スタッフがチェックします。全部は書けなかった子は、一緒に完成させました。
 
大切なお祈り、覚えられたかな?紙には、新学期に教会学校でやりたいことも書きました。楽しみですね!
終わりに「主の祈り」と「アベマリア祈り」をお祈りしました。来週も元気に集まりましょう。
 
ミサの後日本聖書協会の新しい点字聖書・手話訳聖書作成のための募金をしました。
大きな声で呼びかけてくれてありがとう。