今日も元気にみんな集まりました。
今日は御聖堂に集合!十字架の道行を行います!

まずは「教会学校・はじめの祈り」でスタートです。

 

十字架の道行とは、イエス様の受難を14のおはなしに分けてある「留」にとまってするお祈りです。
松戸教会には御聖堂の中にレリーフが14留あって、そこを順番にたどりながら行います。
四旬節に特に大切にされる祈りです。

それぞれの留での先唱を、子どもたちに割り振りました。
今回はくじ引き方式です!

さて、それでは早速始めます。1留のところに移動します。

担当の人は前の方にきて、大きな声で読んでくださいね。
みんなもできるだけレリーフが見える位置にきてね!!

先唱のあとの皆で言う「わたしたちはあなたを礼拝し、賛美します」のところでは、
みんな頭を下げましょう。

 

第一留 イエス、死刑を宣告される

 

第二留 イエス、十字架をになう

 

第三留 イエス、初めて倒れる

 

第四留 イエス、母マリアに出会う

 

第五留 イエス、クレネのシモンの助けを受ける

 

第六留 イエス、ベロニカより布を受け取る

 

第七留 イエス、再び倒れる

 

第八留 イエス、エルサレムの婦人を慰める

 

第九留 イエス、三度倒れる

 

第十留 イエス、衣をはがされる

 

第十一留 イエス、十字架につけられる

 

第十二留 イエス、十字架上で息をひきとる

ここは、イエス様が亡くなった場面なので、沈黙の時間を長く取りましょう。

第十三留 イエス、十字架から降ろされる

 

第十四留 イエス、墓に葬られる

 

 

「留」はここまでですが、イエスさまのお話はここで終わりではありませんね?
そうです、「ご復活」がありますね。
十字架の道行きの本当の最後は祭壇の十字架です。
十字架の方を向いて「十字架賛歌」「主の祈り」、そして「結びの祈り」を唱え、十字架の道行きを終わりました。

 

 

 

みんな十字架の道行きをやってみてどうでしたか?

四旬節は、イエス様の苦しみをわかって、一緒に苦しむ季節でもあります。
そして、苦しみで終わりではなく、ご復活があります。

 

さて、今日は十字架の道行きを行いましたが…
来週は、教会学校の卒業式があります!
みんな誰が卒業するかわかる??

そして、この日のミサは子供の奉仕するミサです!
卒業生が安心して卒業できるように、しっかりとした態度で頑張ろうね!

 

「主の祈り」を唱えて教会学校を終わりました。

来週は卒業式です!みんな集まってね!!