|  |  |  |

本日、10時から、そして13時半からの2回、共同回心式が行われ、多くの信徒が参加しました。

まず、松田清四朗神父様(亀有教会)から、講和をいただきました。
松田神父様は、はじめの主の祈りへと導かれ、祈りと共に共同回心式が始まりました。

 

 

「講話というよりは、みなさんの心の中と対話ができますように」「誰が許し、誰が許されるのか、何を許してもらいたいのか等を心に巡らせながらお聞きください」というお言葉から始められた講和は、罪は人間関係の中で生じる。何かの混乱で、知ってか知らずか、いずれにしても誰かを傷つけてしまったならば、彼らに許しを請う。たとえ傷つけてしまった理由が彼らにあろうとも同じである。誰かを傷つけている時、同時に自分をも傷つけているのである。私が誰かを許せないと思っている時、そのような私自身を許せないと思っている時、その時に神様は許してくださいます。『許せない自分』を自覚してから告解に臨んでください、と続きました。

また神父様ご自身の病院でのカウンセリング経験に触れ、最も深い苦しみは、許すことのできない自分があるということであり、この苦しみが心身を蝕んでしまうと諭されました。自分を拒否し、卑下して、自分自身を裁き傷つけるプロセスには終わりがない。これが霊性であろうか。他者に怒りを投げつけることをやめたら、自分自身を傷つけるほかにない。そのような弱い自分自身を認めて、神様に「ごめんなさい」を言う中に救いがあるのだと。

結びに、亀有教会の子供たちに用いている図表(下参照)を示され、「人間関係の中で行われた落ち度を8つ思い巡らせてください。親と子、上司と部下、近隣の方々など、人間関係が増えるほど落ち度も増えてしまう。それぞれの関係に思いを巡らせ、落ち度を書き込んでみてください」と、罪の究明のためのツールによって、秘跡の恵みを深くいただくための導きを示されました。

 

講和の後、松田神父様(亀有教会)、立花神父様(豊四季教会)、レオ神父様(市川)、フィリップ神父様が許しの秘跡を授けてくださいました。

(赦しの秘跡については下記参照)

 

ゆるしの秘跡とは…

ゆるしの秘跡は、司祭のもとで、自分の犯した罪を告白し、罪のゆるしを願うことにより、神からの罪のゆるしが与えられるというしるしです。
この秘跡は、回心、悔い改め、和解、いやしの秘跡とも呼ばれています。
ゆるしの秘跡に必要な行為は、
- 痛悔(犯した罪を悔やむこと)
- 司祭への罪の告白
- 償いをはたす決意、およびその実行
です。

ゆるしの秘跡には、個別のゆるしの式と共同回心式があります。
前者は、ゆるしの秘跡を求める個人と神との出会いを重視します。それにくらべて、共同回心式は、ゆるしの秘跡の教会的な面をあらわしています。この式は、共同体の祈りの中で行われます。

共同回心式は、個人の罪だけでなく、教会共同体の連帯性について考え、共同体の上に神のゆるしを求めるので す。また、ゆるしを神に求めるだけでなく、兄弟姉妹にもゆるしを求めることを意識させてくれるもので、通常、主の降誕祭や主の復活という大きな祭日に向け ての準備として、待降節や四旬節の間に行われます。

引用元:女子パウロ会 Laudate | キリスト教マメ知識 「ゆるしの秘跡」

 

 

赦しの秘蹟は個別にも受けられますので、四旬節の間に授かられてはどうでしょうか…




 |  |  |  |

今日も元気にみんな集まりました。
今日は御聖堂に集合!十字架の道行を行います!

まずは「教会学校・はじめの祈り」でスタートです。

 

十字架の道行とは、イエス様の受難を14のおはなしに分けてある「留」にとまってするお祈りです。
松戸教会には御聖堂の中にレリーフが14留あって、そこを順番にたどりながら行います。
四旬節に特に大切にされる祈りです。

それぞれの留での先唱を、子どもたちに割り振りました。
今回はくじ引き方式です!

さて、それでは早速始めます。1留のところに移動します。

担当の人は前の方にきて、大きな声で読んでくださいね。
みんなもできるだけレリーフが見える位置にきてね!!

先唱のあとの皆で言う「わたしたちはあなたを礼拝し、賛美します」のところでは、
みんな頭を下げましょう。

 

第一留 イエス、死刑を宣告される

 

第二留 イエス、十字架をになう

 

第三留 イエス、初めて倒れる

 

第四留 イエス、母マリアに出会う

 

第五留 イエス、クレネのシモンの助けを受ける

 

第六留 イエス、ベロニカより布を受け取る

 

第七留 イエス、再び倒れる

 

第八留 イエス、エルサレムの婦人を慰める

 

第九留 イエス、三度倒れる

 

第十留 イエス、衣をはがされる

 

第十一留 イエス、十字架につけられる

 

第十二留 イエス、十字架上で息をひきとる

ここは、イエス様が亡くなった場面なので、沈黙の時間を長く取りましょう。

第十三留 イエス、十字架から降ろされる

 

第十四留 イエス、墓に葬られる

 

 

「留」はここまでですが、イエスさまのお話はここで終わりではありませんね?
そうです、「ご復活」がありますね。
十字架の道行きの本当の最後は祭壇の十字架です。
十字架の方を向いて「十字架賛歌」「主の祈り」、そして「結びの祈り」を唱え、十字架の道行きを終わりました。

 

 

 

みんな十字架の道行きをやってみてどうでしたか?

四旬節は、イエス様の苦しみをわかって、一緒に苦しむ季節でもあります。
そして、苦しみで終わりではなく、ご復活があります。

 

さて、今日は十字架の道行きを行いましたが…
来週は、教会学校の卒業式があります!
みんな誰が卒業するかわかる??

そして、この日のミサは子供の奉仕するミサです!
卒業生が安心して卒業できるように、しっかりとした態度で頑張ろうね!

 

「主の祈り」を唱えて教会学校を終わりました。

来週は卒業式です!みんな集まってね!!




 |  |  |  |

今日もみんな元気に集まりました。

みんな、前に出た宿題覚えていますか?
赦しの秘跡のための準備をするという宿題でした。
今日は、赦しの秘跡を受けます。

準備がしっかりできている人から順番に、御聖堂に移動しました。
一人ずつ、告解室に入って、赦しの秘跡を受けます。

待っている人たちも、静かに祈っていましょうね。

赦しの秘跡のなかで、神父様から償いの指示があります。
例えば、「アヴェ・マリアの祈りを3回唱えてください」とかです。
それを覚えてきて、出てきたら、リーダーと一緒にお祈りしましょう。

宿題をやってこなかった人たちや、赦しの秘跡の準備の日におやすみしていた人は、
幼稚園の教室に残って、今この場でリーダーと一緒に考えました。

赦しの秘跡と償いを終えた人たちは、
幼稚園の教室で遊びました。

本当は順番を待っている人も交えてみんなでゲームをしたかったけど…
準備をしなきゃいけない人が多かったですね。

赦しの秘跡は、「ごめんなさい」ではないです。ごめんなさいは準備の段階で終わり!
「神様の方へ向きなおします!」という前向きな気持ちで受けるものです!
みんな1年に一回は赦しの秘跡を受けるようにしましょうね。

最後にアヴェ・マリアの祈りと栄昌を唱えて終わりました。
また来週集まってくださいね!!




 |  |  |  |

3月1日に世界祈祷日を開催しました。

東葛地区の20教団、160名が集いスロベニアの国のため、式文にあわせて礼拝しました。

メッセージは当教会に来ている愛徳カルメル会のシスター蓮沼が語ってくださいました。。

受付、お茶の準備、朗読、奏楽、礼拝に参加しご協力してくださった信徒の皆様ありがとうございました。

参加した方々の笑顔に満ちあふれた表情が印象的でした。