|  |  |  |

本日、10時から、そして13時半からの2回、共同回心式が行われ、多くの信徒が参加しました。

まず、松田清四朗神父様(亀有教会)から、講和をいただきました。
松田神父様は、はじめの主の祈りへと導かれ、祈りと共に共同回心式が始まりました。

 

 

「講話というよりは、みなさんの心の中と対話ができますように」「誰が許し、誰が許されるのか、何を許してもらいたいのか等を心に巡らせながらお聞きください」というお言葉から始められた講和は、罪は人間関係の中で生じる。何かの混乱で、知ってか知らずか、いずれにしても誰かを傷つけてしまったならば、彼らに許しを請う。たとえ傷つけてしまった理由が彼らにあろうとも同じである。誰かを傷つけている時、同時に自分をも傷つけているのである。私が誰かを許せないと思っている時、そのような私自身を許せないと思っている時、その時に神様は許してくださいます。『許せない自分』を自覚してから告解に臨んでください、と続きました。

また神父様ご自身の病院でのカウンセリング経験に触れ、最も深い苦しみは、許すことのできない自分があるということであり、この苦しみが心身を蝕んでしまうと諭されました。自分を拒否し、卑下して、自分自身を裁き傷つけるプロセスには終わりがない。これが霊性であろうか。他者に怒りを投げつけることをやめたら、自分自身を傷つけるほかにない。そのような弱い自分自身を認めて、神様に「ごめんなさい」を言う中に救いがあるのだと。

結びに、亀有教会の子供たちに用いている図表(下参照)を示され、「人間関係の中で行われた落ち度を8つ思い巡らせてください。親と子、上司と部下、近隣の方々など、人間関係が増えるほど落ち度も増えてしまう。それぞれの関係に思いを巡らせ、落ち度を書き込んでみてください」と、罪の究明のためのツールによって、秘跡の恵みを深くいただくための導きを示されました。

 

講和の後、松田神父様(亀有教会)、立花神父様(豊四季教会)、レオ神父様(市川)、フィリップ神父様が許しの秘跡を授けてくださいました。

(赦しの秘跡については下記参照)

 

ゆるしの秘跡とは…

ゆるしの秘跡は、司祭のもとで、自分の犯した罪を告白し、罪のゆるしを願うことにより、神からの罪のゆるしが与えられるというしるしです。
この秘跡は、回心、悔い改め、和解、いやしの秘跡とも呼ばれています。
ゆるしの秘跡に必要な行為は、
- 痛悔(犯した罪を悔やむこと)
- 司祭への罪の告白
- 償いをはたす決意、およびその実行
です。

ゆるしの秘跡には、個別のゆるしの式と共同回心式があります。
前者は、ゆるしの秘跡を求める個人と神との出会いを重視します。それにくらべて、共同回心式は、ゆるしの秘跡の教会的な面をあらわしています。この式は、共同体の祈りの中で行われます。

共同回心式は、個人の罪だけでなく、教会共同体の連帯性について考え、共同体の上に神のゆるしを求めるので す。また、ゆるしを神に求めるだけでなく、兄弟姉妹にもゆるしを求めることを意識させてくれるもので、通常、主の降誕祭や主の復活という大きな祭日に向け ての準備として、待降節や四旬節の間に行われます。

引用元:女子パウロ会 Laudate | キリスト教マメ知識 「ゆるしの秘跡」

 

 

赦しの秘蹟は個別にも受けられますので、四旬節の間に授かられてはどうでしょうか…




 |  |  |  |

3月25日から29日までの5日間、中高生を対象に、春季集中特別講座が行われました。
先日、教会学校を卒業した5人ももちろん対象となります。

内容は、がっつりカテキズム!
内容的には、堅信の秘跡を受けるための準備にもなりますね。堅信を受けた中高生ももう1度おさらいして、理解を深めます。
もちろん、忘れていることもあるでしょうから、復習して、しっかり覚える!
新中学生にとっては、急にレベルが上がった内容です!

 

ちょうど、桜も満開!
今までの教会学校のようなゆるーい感じではない、完全に「塾」のような集中講座が、はじまります!

 

春季集中特別講座のプログラムは、以下のような感じです!
3月25日から28日までは、午後1時から午後4時まで!そして、29日は、午後4時から、最後に金曜日の夕ミサで奉仕して集中特別講座を終えます。

3月25日

私たちの信じる神について(創造の業)旧約の2つの出来事(出エジプト・バビロン捕囚)

3月26日

わたしたちにとってイエスは誰なのか?救いとは?

3月27日

聖霊からいただけるもの。秘跡とは?

3月28日

私たちは一体何者なのか?キリスト者としての生き方、共同体について

3月29日

ミサについて(ミサ奉仕練習)・ミサ奉仕

 

 

1日目(3月25日)…

いきなり集中特別講座の洗礼を新中学1年生を中心に受けます。堅信を受けた中高生たちも、すっかり内容を忘れていました。
そう、旧約の話です。

バビロン捕囚過越…この講座の中で耳にタコができるくらい耳にする言葉が1日目から登場します。

 

そして、集中特別講座恒例の「テスト!」終わった人から帰れるというシステムです。

カテキスタを務めるリーダーの補佐として入ったリーダーがまさかの1番最後まで残るという…状況…。

使徒信条や主の祈り…ミサの中で何度も唱えていますが、実際、書いてみてと言われると……書けない。
ミサの時のように、周りの人が言ってくれるので、なんとなく唱えられる状態ではダメですね。

そう…中高生になれば、教会学校の子どもたちに教えないといけない立場ですから、しっかりと書けるように、そして、その意味がしっかり分かっていないといけません。

 

そして…完全に個人プレーですね。助け合いの精神、チームプレーの精神が全然ないです。

 

 

 

2日目(3月26日)…

2日目は、イエス様についてです。

1日目の話よりは、だいぶ反応がいいですね。
でも、今日ももちろん「バビロン捕囚」「過越」も出てきます。他にも、難しい言葉もたくさん出てきました。

イエス様が、なぜ「わたしたちのところに来られたのか」、イエス様は、しっかり目的を仰っていますよね。
イエス様の名前は、「主は救う」と言う意味です。「救う」ってどういうことか…みんなはキリスト者として、「キリストの道」を歩むわけですから、イエス様と同じようなことをしなくてはいけませんね。イエス様がどういう方のなのか、理解しなければその道を歩むことは出来ません。
みんなにとって、イエス様は、どのような方ですか?

 

そして、今日ももちろん終わった人から帰れるテストが行われます!

 

ある程度の時間が過ぎて、リーダーから「なんで助け合わないの?」という声が……。
そうです!リーダーも早く帰りたいんです!イジワルでテストをしているわけではないんです!

というわけで、ようやく机をこんな感じで並べて、助け合いながらテストをクリアしようとみんなで力を合わせ始めます

 

 

 

3日目(3月27日)…

3日目は、聖霊、そして、秘跡についてです。

教会学校では、ほぼ触れられなかった「聖霊」について学びます。
聖霊を受けて、使徒たちは、どうなり、何を始めましたか?

三位一体の神とは、どんな神様ですか?
「関り」
今日の勉強会の中で何度も何度も出てきました。この関りというキーワードが理解できると、いろいろな難しい言葉が一気に理解しやすくなりますよね。

マリア様に注目することもリーダーは、かなり強調しましたね。
クリスマスの聖劇で、マリア様やガブリエルを女の子2人は演じていますよね。マリア様はどんな方でしたか?
マリア様は、どんな時も弟子たちと共にいてくださいました。そして、常に神様に向かって歩み続けた方でした。
弁護者である聖霊の助けを受けて、私たちもマリア様とともにキリストの道を歩みたいですよね。

秘跡も、結局その関わりを確かなものにするためのものです。私たちはすぐ揺らいでしまいますから、秘跡を受けることで、目に見えない神様の存在をしっかり感じることが出来ます。

徐々に、家に帰って復習!しなきゃと思い始めてくれる子まで出てきました!
いい傾向ですね!
そして、みんなで助け合う心も出てきました。なんか教会学校のころより、みんな明るく話してますね。

 

 

 

4日目(3月28日)…

今日は、テストが終わったら、みんなでご飯を食べます!
ということは、早く終わらない人は……。

今日の内容は、キリスト者として!
「バビロン捕囚」「過越」「十戒」「イエス様の十字架上での言葉」「聖霊の賜物」……そして、「関り」
色々な言葉をこの集中講座で勉強してきました。
でも、よく聞いている人は分かったと思います。大事なことは1つだけなんですね。

キリスト者は、自分の十字架を背負ってキリストの道を歩みます。そして、福音宣教がイエス様から命じられています。
私たちが三位一体の神との関りのなかにいること、その関りのなかにいれば「喜び」があること。
もし喜びがないなら、ちゃんと関われていないんです!
十戒は、私たちが関りから離れないように、神様が与えてくれました。
自分だけが楽しければいい!には限界があります。
関りの中にいれば、限界はありません!「自分」を捨てて、キリストに従うとは、そういう意味です。

テストだって、1人では難しいけど、みんなでやれば解けますよね。
99点取れる人がいる。1点しか取れない人がいる。でも、1点しか取れない人のその1点は、99点の人の失った1点かもしれません。今回の集中講座のなかでも、そういう学びがあったように思えます。神様を信じる!とは、そういうことです。「関りの中にいる」そういうことです。隣人を自分のように愛すとは、そういうことです。

 

 

そんな勉強を終え、みんながテストでうめいている中、テストを免除された堅信を受けている高校生は、リーダーから別のミッションを受けていました。

「キャベツ死ぬほど切って!」

 

高校生は、食事会で食べるお好み焼きの準備、プラス、女子力を働かせて、予算の中でデザートまで用意してくれました。

 

 

テストを終わらし、みんなでの食事がスタート!

と……いきなり、食べ始めようとするので…お祈りは!!とリーダーから声が飛び、慌てて、食前の祈りを唱えます

 

 

食後は、みんなで片付け! 男子チームは、鉄板の片づけや掃き掃除! 女子チームは、洗い物!です。

 

 

 

5日目(3月29日)…

今日の内容は、ミサについてです。

中高生ともなれば、教会学校のころのようにただただミサを与っていればいいわけではないです。
意味をしっかり理解し、理解したうえで奉仕を行えるようにしなければなりません。
ミサは、司祭だけのものではありません。私たち共同体全員で作るものです。4日目でも、「キリストの体」という言葉でそれは学びましたね。

秘跡」について、学んだみんなは、より深く理解して、ミサに与ることが出来るはずです。
ミサ式次第にそい、リーダーから説明をうけるなかで、それを行う意味、また、司祭がどのような祈りを行い、キリストの代理者としてミサを司式しているか…理解できましたか?
ミサは、私たちにとって、どれほど大事なものか…
そして、それが分かれば、「主日」の大事さも理解できると思います。
そう!日曜日は教会!って思えるはずです!

 

 

そして、今回の講座のまとめとして、いつもより、1段高いレベルの奉仕をみんなにはしてもらいます。
ミサのことをしっかり学んだわけですから、みんなしっかりその奉仕の重要性を理解して、行えるはずです!

 

朗読奉仕の担当は、中学2年生。実は、初めての朗読です。
実は、いまだに侍者としては、赤ライン(初心者マーク)…。正直、それでは困ります!
ミサの意味を考えてもらうために、ミサの中で詩篇を歌ったりしていますが…今1つ理解できていない。。。
というわけで、今日は朗読を行います。

教えているリーダーも、1度、朗読奉仕をなめてかかり、大失敗をしたことがあります。
その時、朗読の重要性、難しさを痛感しました。その後、典礼委員の方に朗読を習い、今では、大人と同じくらい上手に朗読できるようになりました。
そういうことも一緒に、伝えてもらいます。

 

下手に、上手に朗読できてしまうと……自分の練習をしないで、こんな余裕を見せてしまうこともあります。

 

だから、1回失敗したほうがしっかり教えられます。
ミサぎりぎりまで、リーダーが付きっ切りで教えていました。この2人は、今回は一緒に成長することが出来ましたね!

 

 

こちらは共同祈願を行う3人。
リーダーから信者歴10数年のキャリアを見せて、意向をそれぞれ1つずつ考えてと言われます。

 

チーン…。
いつもは、リーダーが考えてくれますからね。
個人としてではなく、1つの共同体としてのもの、というのがポイントです。私たちが目指すものは、どんな世界ですか?それを考えて、意向を考えましょう!

 

そして、ミサ開祭、ぎりぎりで完成!

 

 

こちらは、先唱!
いつもはリーダーが用意してくれている台本もありません。
そして、いつも行っている主日とは違い、週日ですから、あわれみの賛歌や平和の賛歌は、先唱が唱え始めないといけません。

最初から、大変さが分かり、ぎりぎりまで、式次第をチェックしながら、準備を行っていました。

 

 

そして、侍者も大変です。
1人で侍者を行います。中学生になったら、侍者リーダーを目指してもらわないといけませんから、1人で侍者ができるようにならないといけません。
だから、今回は、後ろにリーダーもつきません。

清めの際に、1人で水と指拭きを神父様に出すやり方をリーダーから教えてもらいます。

 

それぞれ、みんな緊張していますね。

 

 

 

そして、ミサ開祭。

先唱…とても上手にできました。
教会学校のころに、何度か子どもの奉仕するミサで先唱を経験していますが、週日のミサは初めてですし、先唱しなければいけないことも多いので、大変だったと思います。
でも、先唱こそ、ミサがどういうものなのかを一番理解していなければならない奉仕です。

 

朗読も初めて行ったものとしては、合格です!教えたリーダーのおかげですね。
そして、何より一生懸命練習した成果です。

朗読は、神様のみ言葉を会衆に伝える大事な役割です。
朗読に限らず、ミサで行う奉仕はすべて「キリストを通して私たちが関りの中に入る」ために、一番低いものとなって、キリストの代理者である司祭のお手伝いをする大事なものです。
ミサの大事さ、関わりの大事さ、しいては、自分の大事さを感じて、これからも奉仕がしっかりできるようになるといいですね。

 

共同祈願…
自分たちで考えた意向を唱えるのはどうでしたか?

私たちを聖霊の賜物によって喜びで満たし、成長させてください。
神への理解を追い求め、キリストとともに生きる者となれますように。

主の過越を思い起こし、私たちも1人のキリスト者として今回の中高生会の春季講座を学んだことを活かし、主に自分を捧げることが出来ますように。

世界中の貧困や争いに苦しむ人々を思い起こし、私たちに隣人を思いやる愛と勇気を与えてください。
そして、喜びをともにすることが出来ますように。

みんな立派な意向を唱えることが出来ましたね。

これからも、こういう機会は増えると思います。
「共同体の祈り」 ということがどういうことか、それはそのまま「ミサとはどういうものか」「祈りとはどういうものか」ということにつながっていきます。
今回の経験を糧に、そういうことまで考えられるようになるといいですね。

 

 

そして、侍者。
入堂してきた時から、全員が心配になるくらい緊張していました。
普段からしている分、練習の手を抜いてしまったツケですね。(朗読の練習に顔を出す余裕はどこに……)

 

でも、緊張することは大事なことです。
それだけ、「大事なこと」ということが分かっている証拠です。
1人で侍者を行うのは、実は大人でも難しいです。でも、侍者リーダーになるということは、結局、1人で侍者を行うのと同じです。
役割を他の子どもたちに任せるということは、何をしないといけないか、どのくらい難しいかということを理解していないと出来ないからです。

これから、どんどん経験を積めば、できるようになります。(自分が思っているほど、失敗していたわけではなかったですよ)

 

 

フィリップ神父様は、お説教を、特別に「中高生のために行います」と仰られて、始められました。

実は、春季講座の初日にリーダーからみんなに1つの質問をしました。
正直…神様がいるか、いないかわからない人?
そうしたら、全員が手をあげました。それでリーダーは、神父様と相談して、少し勉強会の内容を変えることにしました。

幼児洗礼の中高生にとって、「神様がいる」ということは、もしかしたら、確信が持てるものではないのだと思います。

3月29日(四旬節第3金曜日)の福音の箇所は、ちょうど「愛のおきて」をイエス様がお話しする箇所でした。
春季講座のなかで、神様は私たちを信頼して、ご自分の名前を教えてくださいましたね。
わたしはある(存在する)」という名前です。

フィリップ神父様は、「神様はいます!」と何度もお説教の中で仰られましたね。
「これを理屈で説明することは、正直出来ません。みんなが人生の中でつかみ取ることしか出来ません。でも、神様は確かに存在し、私たちを愛してくださっています。そして、私たちを愛の関りの中に招いています。私たちは、もうその愛から逃げることは出来ません。堅信は、聖霊を受けて、もっともっと神様の愛を注がれます。」

 

春季講座のまとめとして、みんな、とても良いお説教を伺えましたね。

今回の講座を受けて、堅信を受けていな中高生は、家に帰って、ご両親と相談して、自分で堅信を受けるか受けないかを決めてください。
堅信を受けた人は、聖霊を受け、福音宣教の使命を負うわけですから、当然、それなりの責任が伴います。でも、自由も与えられます。
三位一体の神、教会(共同体)との関りをさらに強め、自分もキリスト者として、これから生きていくという決意を持った人は、ぜひ、堅信を受けてください!

 

 

ミサ後、みんなでフィリップ神父様と記念撮影!

 

 

 

今回の春季集中特別講座は、本当に大変だったと思います。
でも、その分、仲間意識が強まった気がします。
信仰は、知識だけが大事なわけではありませんが、知識もとても大事です。今回の春季講座で少しでも何かの糧になるようなことを得られていれば良いなぁと思います。

そして、一番大事なことは、神様と、教会と、仲間たちとの。「関り」を持つことです。
それは1つのつながりです。バラバラではありません。

これからも、キリストの体の1人として、みんなで一緒に成長していきましょう!




 |  |  |  |

四旬節中の毎週金曜日、カトリック松戸教会では、十字架の道行を行っています。

「十字架の道行」の祈りは、イエスの受難の各場面を黙想し、回心しキリストの愛にならうための祈りです。各留にとどまり、しばらく黙想し、順次回っていきます。聖堂内にイエス・キリストの裁判から十字架の死に至るご受難の歩みを描いたレリーフが並べて掛けてあります。14場面あり、これは ” 留(りゅう)”と呼ばれています。

 

今日も、午前10時30分より、行われました。
まず、フィリップ神父様のお導きで「初めの祈り」が行われました。

 

フィリップ神父様が祈りへと導かれ、信徒が1留ずつ先唱を行いました。 そして、あらゆる困難、試練があろうともただただ父である神様の御心に適う行いをするイエス様に倣う者になろうと、祈りに心を合わせます。

 

最後に15留目となる十字架に向かい十字架讃歌を唱え、主の復活を黙想し、主の祈りを唱えました。
四旬節の期間に、十字架の道行きに是非ご参加ください。




 |  |  |  |

本日、午前10時半から浦上教会で髙見三明大司教の主司式、80人以上の司祭団の共同司式により司祭・助祭叙階式が行われ、2018年から2019年1月まで松戸教会で司牧実習をされた宮原大地助祭が司祭叙階の恵みを授かりました。

 

フィリップ神父様も叙階式にご参加されました。また、松戸教会の信徒も直接お祝いするため、参列しました。

叙階式前に、宮原助祭に松戸教会からお祝いをお渡ししました!

 

 

そして、いよいよ叙階へ…
高見大司教様より手に油を受け、司祭のしるしとなるカリスとパテナを受けます。

 

そして、初めての聖変化…。

 

司祭として、ご聖体拝領を行いました。

 

そして、司祭として、ご両親の祝福が行われました。

 

 

 

叙階式後、フィリップ神父様と松戸教会の信徒と記念撮影!

 

叙階式後、祝賀会にて!

 

 

本当におめでとうございました。 司祭としてのご活躍、お祈りしています!

宮原神父様、心より松戸教会での初ミサ、お待ちしています!




 |  |  |  |

ミサ終了(こどもの奉仕するミサ・卒業証書授与式)後、卒業パーティが行われました。

 

 

まず、みんなでお祈りをしてスタート!

 

 

まずは、校長先生であるフィリップ神父様からご挨拶とお祝いの言葉を頂きました。
フィリップ神父様が仰ったとおり、楽しいことも大変なこともたくさんあったと思いますが、教会は、まだまだ続きます!中学生になっても教会に来て、ちいさい子のお手本になれるように頑張ってください!

 

 

そして、乾杯!!

 

 

恒例となったリーダーの出し物ももちろんありました!

 

 

在校生を代表して…5年生からお祝いの言葉が贈られました!

 

卒業生からもみんなに一言ずつ!

 

今年度を最後に引っ越してしまう…仲間にみんなからメッセージボードを送りました。

 

 

最後にみんなで歌を歌って、卒業パーティを終えました。

 

 

記念撮影も!

 

 

卒業生の5人は、今度は中高生グループでしっかり勉強して、教会学校のみんなに色々教えられるように頑張りましょう!
在校生のみんなも、卒業生に負けないようにしっかり頑張りましょう!

来年度もみんな元気に集まってね!