|  |  |  |

本日、第2ミサ後、信徒総会が行われました。
信徒総会は、司牧評議会経済問題評議会、財務委員会、施設管理委員会から信徒への報告がされ、共同体としての合意を確認する場です。

 

信徒総会は、所属信徒全員の参加が望まれます。
今年も多くの方々が参加し、祈りとともに信徒総会が開会しました。

 

 

まず、フィリップ神父様よりご挨拶がありました。
ご挨拶、4月21日の復活祭後、市川教会に異動されることが正式に発表され、助任司祭としての2年間、主任司祭として7年間の司牧委員や各委員会メンバー、そして、信徒の方の奉仕に対する感謝の言葉がありました。そして、この7年間で行われた司牧に関する説明がありました。

 

 

そして、フィリップ神父様より今年度の司牧評議会委員の紹介が行われました。

2019年から、新たに選ばれた司牧評議会委員長がまず紹介されました。

 

2018年度の活動報告と2019年度の活動予定が、司牧評議会委員長より行われました。

 

そして、財務委員長より2018年の予算報告と2018年の予算説明が行われ、最後に、質疑応答があり、信徒から9年間のフィリップ神父への司牧に関する感謝の言葉がありました。 松戸教会がより良い教会となっていくためにには、信徒の方々1人ひとりの力が必要です。是非、教会の活動に参加してくださるよう、ご協力よろしくお願い致します。




 |  |  |  |

本日、年間第3主日で宮原助祭は、松戸教会での約1年間の司牧実習を終えられます。
宮原助祭は、昨年、4月から始まった司牧研修のなかで、教会学校の子ども達、青年を中心に、土曜日の週1度の勉強会など、様々な場面、活動でお世話になりました。

 

聖体拝領後、宮原助祭からご挨拶をいただきました。
ここで正式に3月21日に浦上教会で行われる司祭叙階式で叙階が決まったことなどを報告していただき、松戸教会での出会いに対する感謝の言葉をいただきました。

 

 

そして、教会から感謝の気持ちを込めて、プレゼントが贈られました。

 

1番お世話になった教会学校からはみんなからメッセージボードが贈られます!

 

宮原助祭には、教会学校の子どもたち、そして、青年達とは、多くの時間を過ごしていただきました。今まで本当にありがとうございました。
土曜日の勉強会も大変お世話になりました。

長崎教区での、そして、司祭としての活躍を心からお祈りしています。そして、 初ミサでのお越しを心からお待ちしています!




 |  |  |  |

今日も、元気にこどもたちが集まりました!
今日は、宮原助祭が松戸教会に来られる最後の日です。
みんなのために最後の授業をしてくれます!

 

最初は教会学校初めの祈りをして、宮原助祭最後の授業の始まりです!

 

 

 

最後の授業の内容は、パパ様、教皇フランシスコのお話です。

 

みんな、パパ様は、普段どんなことをされていると思いますか?

みんな「??」でしたね。
そうですよね。。。時々、テレビのニュース番組で見るくらいで、パパ様が何をされているかなんて、分からないですよね。。。
「悪の組織と戦っている」というリーダーの呟きを苦笑いしていたので、それは違うことは、わかったみたいですけど。。。

 

パパ様は、東京教区の菊地大司教様のように、ローマの司教様としてローマ司教区のリーダーとしてミサをあげたり、毎週水曜日にバチカンに巡礼に来た人々と一緒にお祈りして、大事なお話をしてくださっています。
でも、一番、パパ様としての大事なお仕事は、世界のキリスト者のリーダーとして、イエス様が仰ったように、1番低いものとなり、私たちに仕えるということです。

 

パパ様は、世界中の人のために、世界が平和であること、そして、みんなが神様のもとで豊かに生活できるようにお祈りしてくださっています。
お祈りしているだけではありません。実際に行動もしています。
世界が平和になるために、いろいろな人に会い、お話しています。
貧しい人、抑圧されている人に会い、いつも神様がそばにいることを伝え、その人たちのために奉仕されています。たとえば、戦争で自分の国に住めなくなって、ヨーロッパに平和な生活を求めて逃げてきた人に会い、その人たちのために政治家に会ってお話したりしています。
カトリック教会と仲の悪いイスラム教の人たちにも会い、「仲良くして、戦争をなくしましょう」と、お話したりもしています。

パパ様は、本当に私たちの良いお手本になってくれていますね。

 

 

 

さて、パパ様は、今年、来日されることになっています。
パパ様は、日本が大好きで、ずっと日本に来たいと思っていてくださったそうです。やっと夢がかなうと喜んで日本に来てくださると思います。
みんなも、もしかしたら、お会いできるかもしれませんね!

パパ様は、日本に何をしにくるのかなぁ?
大分まえ、みんなのお父さんやお母さんが子どものころ、前の前のパパ様、聖ヨハネ・パウロ二世が来日された時は、広島と助祭のふるさとの長崎に来られて、ミサをあげられました。
広島と長崎は、世界で初めて、そして、唯一、原子爆弾が落とされた町です。
聖ヨハネ・パウロ2世は、広島で「戦争は人間のしわざです」と、仰られました。

 

私たちに聖ヨハネパウロ2世は、平和の大事さをもう1度考えるようにお話されました。
私たちが手と手を取り合って、平和な世界を作ろうと呼びかけられました。これは、原子爆弾を経験した私たちだからこそできることかもしれませんね。

 

今度、来日されるパパ様は、何をお話されるかな?
みんなも来日された時は、会ってみたい?ぜひ、パパ様に会いに行ってみようね。もしかしたら、松戸にも来るかも!

 

 

ここで、時間です…。

みんな宮原助祭最後の授業、どうでしたか?
とても大事なことを最後にお話ししてくださいましたね。

 

そして、最後のお祈りは、宮原助祭が「神様、教会学校のみんなと出会わせてくださって、ありがとうございます。」と、みんなのためにお祈りしてくださり、みんなで一緒に主の祈りを唱えました。

 

 

最後の記念にみんなで集合写真を撮りました!

宮原助祭、最後の最後まで本当にお世話になりました…! みんな、最後の授業、しっかり覚えておこうね!

神父様になって、松戸教会に初ミサに来てくださるのを、 教会学校の皆も楽しみにしてお待ちしています!