|  |  |  |

今日は、クリスマス!主の降誕の祭日です!
聖劇が終演した後、午後6時から「子どもの奉仕するミサ」が行われました。みんな、聖劇の衣装を着たまま、ミサの奉仕を行います。

 

 

普段は、大人の方々がされている奉仕を教会学校の子どもたちやリーダーがするのです。(松戸教会では、1学期は子どもたちの初聖体が行われるキリストの聖体のミサ。2学期はクリスマス。3学期は教会学校の卒業式・修了式後の3月に「子供の奉仕するミサ」を行います)

 

 

 

 

聖劇が終わったら、そのままミサの準備をします。
先唱が開祭の前に、始めてきた未信者の方にもわかりやすく、ミサの解説を行います。
今日の先唱は、しっかりと行うことが出来ましたね。

ミサの解説

長い間、今日という日は人々から待ち望まれていました。しかし、キリストが誕生したその日、人々は救い主の誕生に気がついていませんでした。この日、イエス様の誕生を喜んだのはだれだったのでしょうか。
それは、マリア様、聖ヨセフ、そして名もない羊飼いたちでした。イエス・キリストは、この世界の片隅で、ごくわずかな人々に見守られながら誕生したのです。まるで、何の変哲もないひとつの家庭、しかも貧しいひとつの家庭の出来事のようです。神は弱く、貧しい姿でこの世界に入ってこられたのです。
今日の朗読に繰り返されている「光、現れる、栄光、照らす……」という言葉には、1人の男の子の誕生という出来事の本当の意味があります。
栄光が現れ、光が照らす。そのことに対しての人々の反応は「見る」という言葉で表現されています。人々は一体何を見るのでしょうか。
福音書では、「布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子」の姿を見つけるとあります。世界の片隅、貧しい旅先、しかもベツレヘムの町の外の馬小屋での出産、ただそれだけと読みとる、見ることもできます。
しかし、目を覚まして、見つめてみましょう。
夜どおし働き、厳しい生活を送っている羊飼いに、喜びの知らせが届きます。「あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。」と。羊飼いたちの喜ぶ様子を私たちは見ることが出来ます。
天使たちとともに、「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ」と、心を合わせて歌いましょう。喜びましょう。

 

 

 

午後6時…いよいよミサが始まります。
入堂とともにフィリップ神父様が、馬小屋、祭壇に灌水、献香し、祝別しました。

 

そして、祭壇の前で馬小屋の祝福の祈りを捧げます。

 

祭壇に神父様がつかれると、神父様が回心へと導かれ、憐れみの賛歌が歌われます。そして、カンパネラが響く中、待降節に入り歌われなかった「栄光の讃歌」が歌われます。
(復活徹夜祭や復活祭、そして、この主の降誕(クリスマス)などの特別な祭日の時のみ、栄光の讃歌の際にカンパネラを鳴らし、祝います。)

 

栄光の賛歌が歌われる中、フィリップ神父様が幼子のイエスをお迎えに行き、真舟に安置されました。

 

 

そして、ことばの典礼となります。
ことばの典礼では、聖書が朗読されます。
クリスマスは、「語り部」の子の2人が始めてこられた未信者の方でも分かるように朗読箇所を説明します。

 

第1朗読は、旧約聖書の箇所が朗読されます。

語り手が会衆に説明します。

第1朗読は、イザヤ書の新しい王の即位の預言の箇所からとられています。
偉大な預言者イザヤが生きた紀元前730年頃、北イスラエルは台頭してきたアッシリア帝国に屈服し、ガリラヤ地方はその属国となっていました。南ユダも王の悪い政治により人々は苦しんでいました。政治的にも、宗教的にも、乱れきり、疲れ切ったイスラエルの民を前に、嘆きながらも、神が約束されたことを忘れることなく、心を改めて神にのみ信頼することを説きます。
預言者イザヤは、イエス様が育った「暗黒の地」と呼ばれるガリラヤから、この全く光のない闇の世界に、「いずれ地の果てにまで及ぶ神の偉大な光が」と預言します。今夜、この約束が神様の限りない愛によって果たされます。

 

そして、聖劇でヨゼフさまを演じた6年生が、朗読を行いました。
朗読も侍者も、短い練習時間だったにもかかわらず、しっかりと行う事が出来ました。

 

そして、答唱!
今回は詩編を中学生が挑戦しました。錬成会でも行いましたが、教会の皆さんの前で行うのはもちろん初めて…。この日のために聖歌奉仕グループの聖歌練習にも参加しました。本当に緊張していましたね…(あまりの緊張のあまり歌う個所を間違えてしまいました……)
ミサのなかで歌われる歌は祈りです。ミサというものがどういうものか、祈りとはどういうものか、中高生会のメンバーとして、下級生にお手本を示せるようにこれからも頑張りましょう!

 

 

第2朗読は、使徒書と呼ばれる使徒によって書かれた手紙などが朗読されます。

語り手が会衆に説明します。

第2朗読は、聖パウロからクレタの教会の指導者として残してきた「信仰を共にするまことの子」と呼ぶ弟子テトスへの手紙からとられています。
手紙の中で、イエス・キリストが何をもたらしてくれたかを説いています。
「すべての人々に救いをもたらす神の恵みが現れました」。「人々に救いをもたらす神の恵みが現れ」とは、なによりも、だれよりもキリストです。
聖パウロは、今こそ神のいつくしみと支えのうちに生きていくという確信と喜びに満たされて、その恵みに生きるようにと教えます。

 

そして、聖劇で、マリア様を演じた6年生が朗読しました。
第2朗読も、朗読も侍者もしっかりと行うことが出来ました。

 

 

そして、福音朗読が行われます。

福音朗読の際の侍者の所作は、普段のミサでもあまりよく出来ていませんでしたが、今回の練習を通して覚えることが出来たと思います。これからもしっかりと出来るようにしましょう。

 

第1朗読 イザヤ書 9章1~3、5~6節
第2朗読 テトスへの手紙 2章11~14節
福音朗読 ルカによる福音書 2章1~14節

 

 

そして、お説教。

お説教の中で、聖劇にも触れられ、ミサの中で、ベツレヘムの町の外で、最も低い身分であった羊飼いにご降誕を祝われたイエス様こそ救世主であることを私たちの中で位置づけられるように願い、祈りましょうと導かれました。

 

 

共同祈願は、子どもたち5人が唱えました。

共同祈願は、ミサに与った方々が一体となり1つの共同体・キリストの体として、共に父である神様祈ります。
初めての挑戦の子もいましたが、「ゆっくり丁寧に」というリーダーからの指導をしっかり守り、所作も含め、しっかりと唱えることが出来ました。

 

 

 

共同祈願が唱えられた後、感謝の典礼に入ります。
実は、侍者をする子どもたちが一番苦手としている「奉納行列」から「清め」までなのですが、(少し厳しめに)練習したかいもあり、しっかりと行う事が出来ました。

 

 

 

そして、聖変化……。
ホスチアが、キリストの体へと変わります。この「キリストの体」を洗礼を受けた信者は頂き、キリストと一致したものとなります。また、共同体が、1つのパンを分け合って頂くことにより、共同体のつながりを強めていきます。

 

そして、聖体拝領…
今回は、教会学校の子どもたちが宣伝したこともあり、たくさんの方々が6時からのこどもの奉仕するミサに来てくださいました。
御聖堂には入り切れず、外で立って与った人たちもたくさんいらっしゃいました。

子どもたちの聖劇を見るために、午後5時には教会に来てくださっていた方々もたくさんいらっしゃいました。
本当にありがとうございました!

 

聖体拝領後、教会からクリスマスミサに与った子ども達に教会とMCCICからプレゼントが贈られます!
まず、フィリップ神父様がプレゼントに灌水し、祝福してくださいました。

 

そして、フィリップ神父様から子どもたちに手渡されます。
まずは教会学校以外の子供たちに…

 

続いて、教会学校の子どもたち!
昨年の失敗をしっかり反省して、下級生からお菓子をもらいに行くことが出来ました。上級生のみんなにも自覚が出てきましたね。

 

そして、閉祭…

 

本当にみんな今日はお疲れさまでした。本当にありがとうございました!

とても大変な1日でしたが、無事、聖劇、そして、ミサの奉仕を行う事が出来ました。
しかし、毎年の事ですが、最後の最後で気が抜けてしまいましたね。次回のこどもの奉仕するミサの際には、最後の最後までしっかりと行えるように頑張りましょう。

 

 

メリークリスマス!
主の御降誕おめでとうございます!

たくさんの喜びをありがとうございました!!




 |  |  |  |

いよいよこの日がやってきました。

主のご降誕、クリスマスです。

昨年に引き続き、教会学校の子どもたちが、子どもの奉仕するミサの前に「聖劇」を行いました。
2学期のほとんどをこの聖劇の練習に費やして、練習を通して、「ご降誕」というものがどういうものであるかを学んできました。

 

午後5時半……
いよいよ開演です。

 


 

場面1

神様が、私たちを幸せにするための御計画をたてられ、大天使聖ガブリエルにマリア様とヨゼフさまにそれを伝えるように命じられます。

場面2

大天使聖ガブリエルがマリア様にイエス様のご受胎をお伝えになります。(受胎告知)

場面3

マリア様が身籠っていることを知り、正しい人であったヨセフ様は結婚するか悩んでいました(律法では、結婚する前に身籠ってしまったマリア様は死刑になってしまいます!ヨセフ様も当然罪に問われます)
大天使聖ガブリエルは、これは神の御計画なので、ヨセフ様にマリア様と結婚しなさいとお話されます。ヨセフ様は、そのお話を受け入れ、マリア様を妻に、そして、産まれてくるイエス様の父になろうと決意します。

場面4

ナザレからベツレヘムへ身重なマリア様とヨセフ様は、戸籍登録のために旅にでます。しかし、ベツレヘムの宿はどこもいっぱい。
身重なマリア様を外で寝かせるわけにもいきません。
しかし、これも神様の御計画のうちでした。神の子イエスが「ふかふかのベッド」ではなく、「藁がひかれた飼葉桶」という低いところから産まれるということは、神様が「貧しい人・弱い人」のためにイエス様を送ってくださったことの証です!

場面5

大天使聖ガブリエルと天使達が、当時の社会で低い者とされていた羊飼いたちに現れ、イエス様の御降誕を伝えます。
そして、喜びに満ちた羊飼いたちがヨセフ様とマリア様の所にお祝いに行きます。
また、遠い東の国からユダヤ人の王を求め、旅をしてきた3人の博士たちも、ベツレヘムの星に導かれ、イエス様を発見し、お祝いします。

場面6

天使達が喜びの歌をうたい、神の子イエス・キリストの御降誕をみんなで祝います。

 


 

本当にみんな頑張りましたね。
家でもたくさん練習してきてくれたのだと思います。

たくさんの方々が、子どもたちの聖劇を観に来てくださり、たくさんのお褒めの言葉を頂きました。
本当にありがとうございました。




 |  |  |  |

聖劇のゲネプロを終え、次に子供の奉仕するミサの練習を行います。
大変だけど、良いミサにできるように頑張りましょう!

まずは最初から通して練習します。自分の役割の位置に移動してください。

侍者はまずは入堂…
列を崩さないように気をつけながら…
でも変な歩き方にはならないように頑張ってください!

解説や先唱(司会)の人は、読めない漢字にふりがなをふっている様子です。
しっかり準備して、皆さんにわかりやすく伝えられるようにしましょうね。

役割がない人や自分の出番がまだな人もミサの流れにそって動きを練習します。
教会学校席は、イエス様に一番近い席ですから、しっかりとした姿勢で居られるようにしましょう。

クリスマスミサでは、赤ちゃんのイエス様の人形をお迎えする時間がありますので、
侍者はその時移動するのを忘れずに!

さて…ミサが進み…朗読者の誘導です。

そして…今回のミサは答唱詩編の詩編部分を中高生会のメンバーが担当します!
錬成会でも詩編を歌ってくれましたね。
今回のミサは大勢の人が参加するのできっと緊張すると思いますが頑張りましょう。

本日のミサのオルガニストの方も練習に参加してくださいました。
本当にありがとうございました!

そして第二朗読の誘導です。

赤ちゃんのイエス様がいらっしゃるので、位置を気をつけてください。

そして福音朗読…
通常のミサではない献香がありますので、気をつけましょう。

共同祈願はスムーズにできるように、座っている時の並び順もしっかり決めます。
そして十字架に礼をする動きもしっかりやりましょう。

そして奉納…
侍者の中から2人、奉納する子供達を迎えにいきます。

奉納を受け取った後の動きも練習しました。

そして、献金カゴの奉納です。

侍者は神父様が手を洗う水と手を拭く布を準備します。
神父様をお待たせしないようにちょうど良いタイミングで出来るようにしましょう。

そして聖体拝領!

そして退堂です。

ミサの流れにそっての練習は終わりです。
その後それぞれのチームで練習しました。

答唱詩編の歌の練習です!

先唱・解説の練習の様子です。

こちらは奉納チーム!

共同祈願は並ぶ位置などの打ち合わせもしました。

どのチームも一通り練習を終えました。

本当にお疲れ様!
でもこれからが本番です。
幼稚園に移動して準備しましょう…!
まずは聖劇ですので、衣装を着てください!

本番を前に、ガブリエル役の子の先唱で「アヴェ・マリアの祈り」を唱え、
成功を祈りました。

いよいよ聖劇が始まります!




 |  |  |  |

クリスマスパーティーのあと、
教会学校の子供たちは御聖堂に集合です!
今日17:30から行われる聖劇の最終リハーサルと、子供の奉仕するミサの練習を行います。
まずは聖劇の練習から!
一度通して立ち位置を確認するくらいの時間しかありませんから、
しっかり集中して、一度で立ち位置を覚えてくださいね!

本番はたくさんの人がきますし、照明もつきますので、いつもの練習とは違う雰囲気になりますね。
それでもしっかりできるように、この最後の練習の時間、集中しましょう。

最初から通して練習していきます。

少し複雑なシーンに来ました。
聖歌隊が「ろばの歌」1番を歌い終わったら、ヨセフ役はセリフを言って、動き出してください。

羊飼い役は、ホールで練習したときから位置の変更がありました!
お客さんにちゃんと見える位置、カメラにちゃんと映る位置を覚えてください!

聖歌隊は、自分たちの出番がどのタイミングか覚えておいてね。
本番ではリーダーは忙しくて教えてあげられないかもしれません。

羊飼い、東方三博士が馬小屋にやってくるシーンは、特に立ち位置を気をつけましょう。

最後の歌、「あめのみつかいの」は全員で歌います!

この時の立ち位置を、カメラに全員の顔が映るように調整しました。
難しいけれど、自分がどの位置に立っていたか、よく覚えておいてください!

さて、聖劇の練習はこれでおしまいです。
後は本番のみ!
みんな自分の場所は大丈夫ですか?
祭壇は幼稚園のホールの舞台より少し狭いですが、
しっかり頑張りましょうね。

次は子供の奉仕するミサの練習に移ります…!




 |  |  |  |

今夜はクリスマスです!
クリスマスの夜を迎える前に、お昼に子供たちで集まってクリスマスパーティーを行いました。
たくさんの子供たちが集まりました!!

クリスマス会全体を通して、中高生会の女性たちが司会を担当しました。
代表者のお祈りで、クリスマス会が始まります!

そして、神父様からご挨拶いただきました。

「みなさんメリークリスマス!
今日はイエス様の生まれた日、降誕を祝う日です。
他の教会、ほかの国のこどもたちも、今日をお祝いします。

今日はみんな集まって、とても良いことです!沢山集まってくれて私も嬉しいです。
子供達は教会の将来ですね!!
一生懸命パーティや教育を頑張っている皆さんがいてくれて、主任司祭として嬉しいです。
今日は、イエス様の御降誕を楽しくお祝いしましょう!!」

その後、「ジングルベル」をみんなで歌いました!
ピアノの伴奏は教会学校のメンバーが演奏しました!

みんなで歌った後は、
代表者の先唱で「食前の祈り」を唱えて、おやつを食べました!

おしゃべりしながらのおやつタイムとっても楽しかったですね!

おやつを食べながらの歓談中、
みんな大好きな「リーダーの出し物」が始まりました!

みんな面白かったですか??
また次回作に期待ですね!

しばらくして、代表者の先唱で「食後の祈り」をし、おやつタイムを終わりにしました。

次はゲームの時間です!
丸罰ゲームをします!
みんな席を立って出てきてください!

司会者が問題を出すので、
○だと思う人・×だと思う人で左右に分かれてください。
間違えてしまった人は席につき、正解だった人は残って次の問題に進めます。

今回のゲームではキリスト教に関するクイズが出ました!

「イエス様が御降誕した日は25日である」
正解は…◯

「イエス様が生まれることを神様が最初に伝えたのは貴族や王様である」
正解は…×

「ヨセフ様はダビデの子孫である」
正解は…◯

多くの子供たちが順調に残ることができていましたが…
でも最後の問題は難関!!
「○○リーダーはトマトが好きである!」

正解は…×!

見事全問正解できたみんなにはプレゼントがありました!
間違えてしまった子達も参加賞がもらえました。

そして、お待ちかねのプレゼント交換です!
みんなに一つずつプレゼントを持ってきてもらいました。
それを交換します!

学年の近い子供たちで4つグループを作って行いました。
みんなで歌いながら、保護者の方の手拍子に合わせてプレゼントを隣の人に渡します。
歌の終わりで持っていたものが自分のものになります!

誰のが自分のところにきたかな?
中身はなんでしょう?
ぐるぐる回して交換するの面白かったですね!

プレゼント交換を最後に、クリスマス会を閉会しました。

最後の終わりの祈りを代表者が唱えました。

みんなとても楽しい時間でしたね!
思い切り遊んだ後は、ミサや聖劇の練習をします。
気を引き締めて頑張りましょう!