|  |  |  |

On October 28th, 2018, the Catholic Matsudo Church had a healing mass in honor of St. Pio of Pietrelcina.

 

Delegates from the Philippine Center for St. Pio of Pietrelcina, Inc. brought to Japan the glove relic of St. Pio.
This is the 5th visit of the group to the church.
A stampita of St. Benedict and some medals were distributed when the people started coming in the church.

 

 

 

Before Mass

The Commentator announced about St.Pio Healing Mass

 

 

 

The Introductory Rites

 

1st Reading

 

2nd Reading

 

Gospel

 

Homily

 

 

Offerings

 

 

 

The Communion Rite

 

We pray the Load’s prayer

 

And all offer one another a sign that expresses peace, communion, and charity.

 

 

 

 

 

 

Individual Anointing of the blessed oil took place

 

 

 

The people did by the veneration of the relic.

 

During all that time,MCCIC choir had been singing…

 

 

 

 

We appreciate for Fr. Peter Von Essen and Members of the Center for st. Padre Pio of Philippines!




 |  |  |  |

10:30のミサのあと、教会学校の子供達が、
「2019年ワールドユースデー支援募金」の呼びかけを行いました。

大きおな声で元気一杯呼びかけました。
募金してくださったみなさま、ご協力ありがとうございました!




 |  |  |  |

今日もみんな元気に集まりました!
お祈りをして始めます。

最初に歌の練習をします。

みんな、教会の暦(教会のカレンダー)の始まりはいつだかわかりますか?
教会暦の最初の季節は「待降節」ですが、
今年は12/2(日)から教会の新しい年が始まります。

では、一年の最後は?
今年は、11/25(日)が教会の一年の終わりです。
なんの日でしょうか?
「王たるキリスト」です。
一年の最後の日曜日が「王たるキリスト」の祝日です!

この日みんなは行列を行います。
まず、聖母子像の前で、「イエスさまがいちばん」を歌います。
そして行列の時に「あめつちをつくり」を歌います。

今日はこの二曲とも練習しました。

さて、授業に入ります!
プリントを2枚配りました。
1枚は「マルコによる福音」が書かれたプリントです。

まず、「マルコによる福音」の12章28〜34節を助祭が朗読してくださいました。

「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか」という質問に、
イエスさまが「第一は神さまを愛すること、第二は隣人を自分のように愛すること」とお答えになったというお話です。

なんでクリスマスにイエス様はきたのでしょう?
2枚目のプリントに、書いてあります。
私たちが住む世界を「神の国」にするためです。

「神の国」ってどういう国でしょうか?
今日はそれをみんなで考えてみましょう!

神さま見たことある人、いますか?
いませんね…。
「天国」は神さまがいる場所です。
神さまがいないところ、見えないところでも幸せにするためにイエスさまはきました…
神様が見えなくても幸せなところ、それが「神の国」です。

聖書をヒントに、「神の国」がどんなところか考えてみましょう!

2つのグループで別れて、助祭やリーダーに手伝ってもらいながら
「神の国」について書かれているところを探してみました。

さて、それぞれのグループで、聖書の中で「神の国」がどんなところかわかる箇所を見つけられたでしょうか?

「神の国」て言うのは?
一人一人みんな神さまを一番に考えていて、
自分と同じようにみんなを愛すしている状態です。

みんな、「主の祈り」を覚えていますか?
「私たちの日毎の糧を今日もお与えください」
というところがありますね。
糧というのはご飯のことです。
みんな、自分のごはん…と思って祈りますか?
それとも、お腹が減っててもご飯が食べれない人のことを考えて祈りますか?
みんながそういう風に、他の人のこと考えられる世界が神の国です。

例えば、「よいサマリア人」のたとえ話では、
サマリア人は自分のお金を全部使って、傷ついている人を助けました。
当時は、みんな傷ついている人や病気の人に近づいちゃいけないと思っていました。
だけどサマリア人は近づいて助けました。

今日の福音(「マルコによる福音」10章46〜52節)で、
イエスさまは目見えない人を見えるようにしました。
他の箇所では、立てない人立てるようにしたこともありますね。
イエスさまはいつも人を癒した後にこう言います。
「あなたの信仰があなたを救った。」
これは、「あなたが神様と繋がってるから、治ったんだよ」という意味です。

神さまとみんなが繋がってる!
そんな状態が神の国です!

神の国はもう始まっていると、イエスさまはいっています。
イエスさまを観たら神さまを感じられるからです。
でも今のみんなイエスさまを観たことないけど…
なんで2000年間キリスト教は続いたのでしょうか?

それは、神さまの存在を感じていたからです。
そして神様と繋がりたいと思わせることがずーーっとあったのです。

「教会」ってなんでしょうか?
みんなは場所とか建物のことだと思うかもしれませんが、違います。
イエスさまを信じる一人一人が集まったら、教会です。
お互い、会った時に神さまの存在を感じるというのが教会です!
だからキリスト者は、会ったら神様を感じさせる人じゃなきゃダメなのです。

そのためには…さっき助祭が読んでくださった「マルコによる福音」にあった、
イエス様が言った2つの掟を守ることが大事です!

錬成会のこと、思い出してください。
配膳係の子に、チームの仲間の飲み物より先に、自分の飲み物をまずとった人もいました。
チームの仲間のご飯が用意されていないのに、ご飯を食べ始めたチームもありました。
これでは、「隣人を愛しなさい」という掟、守れていなかったね。
「神様は何してほしいか?」を考えて毎日を過ごしましょう。
イエス様はその見本を一番にやってくださったので、
「イエス様だったらどうするか?」考えるとよいですね!

どうしてもイエス様のことが考えられないなって時もあるかもしれませんね。
そんな時、「ロザリオの祈り」を唱えましょう!
マリア様も、とてもお手本になる方です。
ロザリオのお祈りをして、マリア様だったらどうしようって考えてみましょう。
「主の祈り」「アヴェ・マリアの祈り」「詠唱」はみんな覚えているよね?
覚えていれば、口で唱えている間もほかのこと考えられますよね。
ロザリオを唱える間「マリア様助けてください、イエス様みたいになれますように」って祈ってください。

最後、「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて、教会学校を終わりました。
解散する前に、神父さまがくださったロザリオをみんなに配りました。

ぜひ使って、「イエスさまみたいになれますように」と祈りましょう!

また来週も元気に集まってください!!




 |  |  |  |

本日・年間第29主日、昨夜降ったゲリラ豪雨からうってかわり、好天に恵まれた中、聖ミカエル祭バザーが行われました。

 

信徒たちは、午前7時30頃には、集まり始め最後の準備を行いました。

 

 

 

今年のバザーのテーマは、「いつでもどこでもだれにでも “愛”」です。
午前10時、フィリップ神父様のお導きで、お祈りを唱えられます。

 

 

そして、いよいよ開門となります!!開門と同時に多くの方が、入場!

今年も、本当に多くの方々にお越しいただきました!!

 

 

 

今回は、飲食店・各販売店27店舗が出店しました。
それでは、少しずつご紹介します。

まず、入口から…みみずの会がプラントを販売しています。
みみずの会のレポートが掲載されています。

 

今年も焼き鳥は大人気!

 

こちらはMCCIC。今年も大人気でしたね。
MCCICのレポートが掲載されています!

 

人気のチヂミ!今年も完売です!

 

コーヒークッキーコーナーでは、愛徳カルメル修道会のシスターたち手作りのクッキーを販売しています。

 

焼きそばは今年も大人気!

 

そして、ビールコーナー!

 

教会学校の子ども達によるジュール販売。 今年も見事完売!みんな頑張りましたね!教会学校のレポートが掲載されています

教会学校 in 聖ミカエル祭バザー2018

 

その奥には綿菓子!やっぱり、子どもに大人気でした!

 

その奥には…おでんとトン汁!

 

もちろん、今年も11時15分、12時30分と2回の餅つきが行われました。来てくれた子ども達がお餅を搗きます。

宮原助祭も!

 

ついたお餅はすぐ販売します!つきたてのお餅はおいしいですよね!

 

 

 

もちろん、中もたくさんの販売店があります。

こちらは、小集会室。
五島うどんは、リピーターの方々が今年もたくさん購入してくださいました。
赤飯やいなりずし、乾物などの販売も行われています。

 

地下ホールでは、余興として信徒グループのバンド演奏!

幼稚園の保護者や子供たちも!

 

 

幼稚園の1階です。

こちらは、東条湖の家、クッキー販売が並びます。

 

こちらは、手芸・コスモスの会、女子パウロ会の販売店が並びます。

 

こちらは、雑貨の販売店。
掘り出し物は見つかったでしょうか?

 

幼稚園1階には、お茶席も。

 

幼稚園2階は、普段、教会学校のリーダーを務めているリーダー達や青年、中高生が中心となり、ゲームコーナーが開かれています。
教会学校のレポートが掲載されています。

 

 

亀有教会の山浦神父様も来てくださいました!

 

午後2時、バザー委員長のバザーの終了の挨拶後、宮原助祭の一本締めでバザー終了。

 

 

 

今年も、本当に多くの方々に来場していただきありがとうございました。
来年も、来場してくださる皆様に喜んでいただけるようなバザーを催しますので、今年、来られなかった方々は、是非いらしてみてください。

 

なお、バザーの収益は以下の団体に寄付されます。




 |  |  |  |

ついに聖ミカエル祭バザーの日がやってきました!
今年も教会学校はジュース販売とゲームコーナーの担当です。
去年に負けない聖ミカエル祭にするため、子ども達、リーダー達も頑張ります!

 

ジュースコーナーは子どもたち担当!しかし、あいにくの天気!
1時間ごとに4チームに分かれて、いつもより大きな声を出して呼び込み、ジュースをたくさん売るために頑張りました!

今回も見事完売!
みんな、本当に頑張りましたね!

 

聖ミカエル幼稚園の2階のゲームコーナーは、教会学校のリーダーや青年達、保護者の方々が担当です。
今年もたくさんの子どもたちが遊びに来てくれました!

大人気のストライクアウト!

 

輪投げ!は、簡単そうでなかなか入らない。でも、一番シンプルでわかりやすくて、大人気でしたね。

 

釣りゲーム!は、みんな大物を釣り上げようと一生懸命でした!

 

ボール転がし!は、小さい子にも大人気でしたね!

来てくれた子どもたちにゲームをたくさん楽しんでもらえたと思います!
 

来年もまた来てね!

 

今年もたくさんの青年や中高生がお手伝いに来てくれました!

 

さて、来週からは、通常の教会学校が行われます。
これから待降節に向かって大事な時期です。みんな元気に集まってくださいね!