|  |  |  |

今日もみんな元気に集まりました。
教会学校はじめの祈りでスタート!

今日は侍者の勉強を行います。
侍者の経験が多いベテラン(?)チームと、侍者の経験が少ない初心者のチームの2グループに分かれて
侍者の勉強をしました。

 

ベテラン(?)チームのみんなは聖堂に移動し侍者会を行いました。

入祭から順番に練習していきます。

中高生は侍者リーダーとして、他の皆に指示を出せるように練習します。
また、クリスマスと復活祭のミサの栄光の賛歌の時はずーっとカンパネラを鳴らすので、
侍者リーダーはその時カンパネラを持つタイミングも練習しました。

そして、朗読者の誘導も練習します。

朗読者の誘導の時は、所作の美しさも重要ということをリーダーに教わりました。
とても上手に出来ている子がいたので、他の皆とどこが違ったか皆に考えてもらいました。

まず、最初移動するとき、朗読する人がちゃんと来ているかな、とさりげなく確認していました。
お年寄りの方など、歩くのがゆっくりな方もいるので、気を配るようにしましょう。
そして、礼の深さの差別化がとても上手でしたね。
十字架に礼をする時が一番深い礼です。神父さまに礼をするときは十字架に礼をするときより浅くします。
みんなも一応やっていたと思いますが、もっと見ている人にわかりやすくできると良いですね。

そして福音朗読の時の並びも練習しました。

奉納の時は、奉納する人を迎えにいくメンバーを侍者リーダーが選んで指示を出します。
迎えにいく人は、戻る時、神父さまが前に出て来るのを待ちましょう。

そして…神父様をお待たせしないように水と葡萄酒や、手を洗う水と手を拭く布を用意します。

侍者リーダーはスムーズに指示を出さないと、神父様を待たせてしまいます。
モタモタしないように頑張ってください!

聖変化の時にカンパネラを鳴らす練習もしました。

持つタイミングも鳴らすタイミングも細かく指導がありました。
「カンパネラを鳴らしているとき、神様の空間になっています。だから美しい音で!」

聖体拝領の時の動きも練習しました。
「一番前の席に足の不自由な人が座っていたらどうする?」など、
その時々でどう動くべきかも指導がありました。

 

そして退堂まで練習しました。

慣れているメンバーだけでの練習で、細かいこともじっくり練習できてよかったですね。
実践でも、細かいところに気を配って出来るといいですね。

こちらのチームの練習はこれでおしまい!
最後にお祈りをして一旦終了しました。

 

 

一方その頃…初心者チームは幼稚園の教室に残ってお勉強です。
こちらのグループはミサの時にまだ赤いラインの入った侍者服を着ている子達です。
※松戸教会では赤いラインの入った侍者服は、侍者初心者の子供達が着ます。

最近よく質問を受けるようになりました。
「白い侍者服を着られるようになるにはどうしたらいいの?」
今日はそれについてリーダーからお話をしました。

初聖体が終わった子はミサの中で侍者の奉仕をします。
みんなはまだ初心者ということを示す赤いラインの入った侍者服を着ているので、来年の初聖体まで白い侍者服を着られるようになってください。
そのためにはまず、所作(侍者の動き)を覚えましょう。
教会学校の侍者会で習うので、その時にしっかり覚えましょう。
覚えたら、早速ミサの中でチャレンジしてみましょう。
今日はそれと同じぐらい大切な「侍者の心構え」について学びましょう。

 

まず、白い服を着られるようになるためには「着衣式」を受けなくてはいけません。
2学期の始業式に着衣式をした子がいましたね。
その時、式の中でどういうことがあったか思い出して見てください。
神父様から3つの質問があって、それに「はい!」と答えたら、神父様と約束をしましたね。
どんな質問だったか、プリントを見て振り返って見ましょう。

 

最初の質問こうでした。
「ミサとは何か、そしてどうしてミサを大切にしなければならないのか、あなたはわかっていますか?」

初聖体を受けるための授業や教会学校の授業でも「ミサとは何か」を学びましたね。すらすらと書けた子は…いませんね…
ミサの中ではどのようなことが行われるかを考えてみましょう。

神様の言葉を聞き、また、イエス様の言葉や行なった事を聞く「言葉の典礼」がありますね。
また、その後にはイエス様が弟子たちを招いた「最後の晩餐」の場面を記念として再現する「感謝の典礼」が行われますね。
言葉と行いでイエス様を記念する。これがミサでした。(初聖体の授業で習いましたね)
そして「最後の晩餐」の場面でイエス様がされたように、神父様の手を通してパンとぶどう酒がイエス様の御からだと御血になるんですね。その時、私たちはイエス様と出会っているわけです。
ミサとはイエス様の記念であり、イエス様と出会う事ですから、大切にしなくてはいけませんね。

 

次の質問はこうでした。
「ミサに与る時は、ふざけたりおしゃべりしたりせず、常に集中していなければいけません。あなたにはできますか?」

自分がどのようにミサに与っているか思い出して見ましょう。
プリントにはいくつか例が載っています。

・となりの子とおしゃべりしていませんか?
・ふざけたりしていませんか?
・ミサの途中で寝たりしていませんか?
・ぼーっとして、足をふらふらさせたり、手をパタパタさせたりしていませんか?…などなど

正直に思い出して、これらをしている子は思い当たることにチェックを入れましょう。
これらはしてはいけないことです。侍者じゃない時でも注意しましょう。
みんながミサに与っている様子をリーダーたちはしっかり見ています。ミサの時に注意されたことがある子は特に気をつけましょう。

 

最後の質問はこうでした。
「イエス様は言いました。「いちばん先になりたい者は、すべての人の後になり、すべての人に仕えるものになりなさい。」侍者服を着る事は偉くなることではありません。そして、今までリーダーや侍者の先輩達から教えられたことを、惜しまず、他の子達に優しく教えなくてはなりません。あなたはできますか?」
初心者用の侍者服を着なくなったからといって、それは偉くなるわけではありません。今まで以上にしっかり侍者の奉仕ができるように、また、侍者に慣れていない他の子に優しく教えられるようになってください。

3つの質問の後、神父様とこのように約束しました。
「これまで以上に神様に、そして隣人に仕えるものとなりなさい。」
ミサの時だけ、また教会にいる時だけ「クリスチャン」であってはなりません。
普段の生活では自分がどのようにしているか思い出して見ましょう。

・ともだちと仲良くしていますか?
・おとうさん、おかあさんのいうことをちゃんと聞いていますか?
・悲しんでいる人がいたら優しくしてあげていますか?その人のために祈っていますか?
・主の祈り、アヴェ・マリアの祈り、栄唱をしっかり覚えていますか?

着衣式で行われるこれらの3つの質問と、神父様との約束を守れなければ、白い侍者服を着ることはできません。
当然これらの質問にうそで答えてはいけません。
3つの質問を真実の「はい!」で答えられる心構えを大切にしましょう。
最後に侍者が香部屋で唱える祈りをして授業を終わりました。

 

ここでベテラン(?)チームも幼稚園の教室に合流!
夏休みを終えられた宮原助祭からお土産がありました!
沖縄へ平和学習へ行っていたときに買って来てくださったお菓子を皆に配ってくださいました!

 

ミサの前は食べちゃダメなので、ミサの後に美味しくいただきましょうね!
宮原助祭、本当にありがとうございました!

来週は宮原助祭が授業してくださいます。
来週も元気に集まってね!!




 |  |  |  |

10月4日(木)は、アシジの聖フランシスコの記念日です。

(4日が木曜日なため)本日、カトリック松戸教会では、あらゆる人々を愛し、動物・自然を愛して生命の尊さと平和を説いたアシジの聖フランシスコに倣い、午前10時から動物たち(ペット)の祝福が行われました。

 

あいにくの雨のため、今回はあまり集まりませんでしたが……それでも家族同様の関係!みなさん、1年の1度の祝福を受ける機会を楽しみにして来てくださいました!

 

参加者全員で祈り、フィリップ神父様から祝福を受けました!

太陽の賛歌

神よ、造られたすべてのものによって、私はあなたを賛美します。

私たちの兄弟、太陽によってあなたを賛美します。
太陽は光をもって私たちを照らし、その輝きはあなたの姿を現します。

私たちの姉妹、月と星によってあなたを賛美します。
月と星はあなたのけだかさを受けています。

私たちの兄弟、風によってあなたを賛美します。
風はいのちのあるものを支えます。

私たちの姉妹、水によってあなたを賛美します。
水は私たちを清め、力づけます。

私たちの兄弟、火によってあなたを賛美します。
火はわたしたちを暖め、よろこばせます。

私たちの姉妹、母なる大地によってあなたを賛美します。
大地は草や木を育て、みのらせます。

神よ、あなたの愛のためにゆるしあい、病と苦しみを耐え忍ぶものによって、私はあなたを賛美します。
終わりまで安らかに耐え抜くものは、あなたから永遠の冠を受けます。

私たちの姉妹、体の死によってあなたを賛美します。
この世に生を受けたものは、この姉妹から逃れることはできません。
大罪のうちに死ぬひとは不幸なものです。

神よ、あなたの尊いみ旨を果たして死ぬ人は幸いなものです。
第二の死は、かれを損なうことはありません。

神よ、造られたすべてのものによって、私は深くへりくだってあなたを賛美し、感謝します。

 

 

最後にみんなで記念撮影!

 

来年まで元気で過ごして、また、教会に飼い主さんと一緒に来てくださいね!
お待ちしています!




 |  |  |  |

9月23日(日)に松戸教会の守護者、大天使聖ミカエルの祝日を祝う国際ミサが行われました。

菊地大司教様をお迎えして、堅信式もミサの中で行われました。

祝賀パーティーの準備~片付けを、マリア会パーティー係を中心に

野田・流山地区、矢切・市川・東京・埼玉地区で行いました。

今回は大好きなローストチキンの解体(?)があります。

コンガリおいしそうな部分を上にのせ完成。

なかなか楽しかった~と、チキンと記念写真をパチッ!!

 

 

そしていつもながらテーブルセッティング。

パーティーの間は周りに目を配りながら、皆さんと同じように

パーティーを楽しみました。

 

片付けをしながら菊地大司教様、フィリップ神父様と記念写真。

オレンジ色のバンダナがパーティー担当の目印です。

忙しいながらも楽しい一日でした。

地区の皆さま、マリア会パーティー係の皆さまご苦労様でした。

 

パーティー係は随時募集中です!参加お待ちしています。




 |  |  |  |

国際ミサ後、祝賀パーティが行われました。

 

冒頭、フィリップ神父様より、挨拶があり、菊地大司教様への感謝の言葉がありました。

 

次に、菊地大司教様からご挨拶を戴きました。

 

そして、司牧評議会委員長の乾杯の挨拶があり、乾杯!!

 

大司教様のところへたくさんの方々がお話したいと押し寄せます!

 

ヨゼフ会の有志メンバーによる余興も盛り上がりました!

 

様々なメンバーたちと一緒に写真を撮ってくださいました。

こうして、約1時間にわたって、パーティを楽しみました。
松戸教会の暖かく伸び伸びした雰囲気をより感じられるパーティとなりました。




 |  |  |  |

本日、年間第25主日、翌日の松戸教会の守護者である「大天使聖ミカエル」の祝日を祝い、国際ミサが、菊地功大司教様司式で行われました。
ミサのなかでは、3名の方の堅信式も行われます。

 

松戸教会では、9月14日(土)からから9日間に渡って、信徒たちでノヴェナを行い、この日を迎えました。
国際ミサということで、多くの外国人信徒もミサに与ります。

 

 

ミサ開祭前には、聖母子像から教会学校の子どもたちによる行列が行われました。

 

 

 

行列の始めに、教会学校の子ども達を中心に、アヴェマリアを祈りを聖母子像前で唱えました。

 

そして、「アーメンハレルヤ」を歌いながら、聖堂へと向かいます。

 

 

 

 

行列を終え、会衆が着席した後、「聖霊の続唱」を歌い、大司教様が入堂されます。

 

そして、入堂とともに聖ミカエル像、祭壇への灌水・献香が行われました。

 

 

そして、松戸教会の守護聖人大天使聖ミカエルの祝日を迎えた松戸教会共同体にお祝いの言葉とご挨拶を頂きました。

 

 

 

ことばの典礼では、第1朗読は日本語、第2朗読は英語で朗読されました。

 

福音朗読は、菊地大司教様が日本語、フィリップ神父様が英語で、それぞれ行われました。

 

 

第1朗読 知恵の書 2章12、17~20節
第2朗読 使徒ヤコブの手紙 3章16~4章3節
福音朗読 マルコによる福音書 9章30~37節

 

 

 

そして、菊地大司教様によるお説教。

お説教の中で、大司教様から堅信を受ける方々に、そして、これから受堅者を迎える私たち松戸共同体へ、すべての信者がともに信仰育て、教皇フランシスコが福音のよろこびのなかで野戦病院のように、聖霊の導きを受け、教会を出て、人々にキリストから与えられた喜びを伝えられるようにとのお話がありました。

 

 

 

 

説教後、いよいよ堅信式が行われます。
フィリップ神父様が3人の堅信志願者の名前をそれぞれ呼ばれ、代父母とともに祭壇の前に並びます。

 

そして、悪霊の拒否を宣言し、会衆とともに信仰を宣言します。

 

そして、大司教様の按手によって、聖霊の賜物を受けます。

 

1人ずつ大司教様の前に出て額に塗油をいただき、秘跡を授けられました。
1人1人に聖香油を塗油されるのを会衆も見守ります。

 

そして、無事、堅信の秘跡に与り、厳かで温かい式は、つつがなく終了しました。

 

 

 

 

共同祈願は、参列された各国の方々(日本語、韓国語、ポルトガル語、ナイジェリア語、ミャンマー語、タガログ語、英語、セブアノ語、広東語など)が意向を唱えました。

 

受堅者の代表が「堅信に与った私たちが、聖霊の7つの賜物をしっかりと受けとめ、キリストの体の一員として、なすべきことを考え、それを行うことができますように」と、祈願が唱えました。

 

最後に、全員で「大天使聖ミカエルの祈り」を、日本語・英語で同時に唱え、共に祈りました。

 

 

 

 

奉納は、受堅者がホスチア、水と葡萄酒を捧げます。
そして、国際ミサならではの、色とりどりの奉納品が捧げられます。

 

奉納の歌、拝領の歌は、MCCICの聖歌隊が、歌います。
松戸教会の国際ミサの名物ですね。日本語のミサとは、違う雰囲気になります。

 

菊地大司教様によって、共同体によって捧げられたものと祈りが、香のように天に昇ることを意味するため、供えられたホスチアと水と葡萄酒、奉納物、祭壇、十字架、そして、大天使聖ミカエル像に献香されます。

 

また、奉仕者によって、司祭・会衆への献香も行われます。

 

 

 

そして、全知全能の父なる神への賛美と感謝をあらわす奉献文が唱えられます。

聖変化…。

 

 

 

 

聖体拝領では、まず受堅者がご聖体を拝領し、信徒が続きます。

 

大司教様、フィリップ神父様、聖体奉仕者の横で、侍者、青年、中高生達が、聖体拝領した方々に記念品の大天使聖ミカエルの祈りが書かれたカードを配ります。

 

今回の記念品は、教会学校のリーダーが描いた大天使聖ミカエルと聖霊降臨をイメージした絵に大天使聖ミカエルへの祈りが書かれたものです。

 

 

多くの方々がミサに与り、御聖堂の外にもたくさんの方々が溢れていました。

 

 

 

 

聖体拝領後、受堅者3名の紹介が、堅信講座を担当してくださったカテキスタよりあり、フィリップ神父様より教会からの記念品が贈られました。

 

 

 

 

閉祭の前に信徒を代表して司牧評議会委員長より菊地大司教様に本日のお礼がありました。

 

また、教会学校の子供たちからもメッセージボードが贈られました。

 

 

 

 

ミサの終わりに、派遣の祝福を受けます。

 

 

 

 

ミサ後、菊地大司教様、フィリップ神父様とともに、受堅者と代父母との記念撮影が行われました。

 

ミサ後は、菊地大司教様とともに、守護者大天使聖ミカエルの祝日を祝うパーティが行われました。もちろん、パーティのなかで受堅者のお祝いも行われます!

 

受堅者、ならびにご家族の皆さま、ご堅信おめでとうございます!!