|  |  |  |

本日、午後2時から中高生の夏の修練会が行われました。

昨年から始まった中高生の夏の集まりを今年はもう少しグレードアップして、夏の修練会として、中高生担当のリーダーを中心に企画されました。

 

今回の一番の目的は、中高生が自分たちに与えられた賜物を活かし、全体に奉仕するためのトレーニングです。
あらかじめ、参加者の中高生に得意なこと、好きな事を聞き、担当のリーダーがまとめ、3つのグループに分けました

  1. 料理(夕食作り)
  2. 侍者

 

 

こちらは、料理チーム。

午前11時には集合して、2人で決めたメニューに基づき、レシピを考え、必要な材料のリストを作ります。

 

リストに挙げたものを買って来て、早速料理開始!

 

お母さんたちも手伝ってくださいました。

 

緊張の瞬間!!

海羊さん(@kaiyoh_michael)がシェアした投稿

 

 

作ってくれた物は……(それぞれ、参加者と保護者、リーダーの分、神父様の分…合わせて15名分!)

  • お米
  • たまごスープ
  • 羽付き餃子(2種類)
  • マーボー春雨
  • 麻婆豆腐
  • チキンフライ
  • パンナコッタ

 

15人の料理を大変でしたね!本当に、ありがとうございました!

 

 

こちらは、絵チーム。

担当のリーダーと一緒に、まず下書きを描き、アクリル板にガラス絵の具で上描きしていきます。

1枚は、松戸教会の大天使聖ミカエルをモチーフにしたもの。1枚は、主の平和をモチーフにしたもの。1枚は、エリヤが火の馬が曳く火の戦車で天に召されるシーンを描いたものです。

 

残念ながら、時間内に完成させることは出来ませんでした。
是非、教会に来て、最後まで完成させてくださいね!

完成したら、聖堂に展示します!
みなさん、是非、見に来てください!

 

 

 

こちらは、侍者チーム。

この2人の中学生は、すでに、主日のミサで、侍者リーダーとして奉仕しています。
侍者リーダーは、自分の事だけではなく、侍者全員に指示を出し、司祭がスムーズにミサ、祭儀をたてられるように奉仕しなけくてはいけません。
小さい子達の所作等にも目を配り、内陣の中に入る者として相応しい姿勢でミサに与るように指導しなくてはいけません。
堅信を受けるための勉強や、中高生の勉強を通して、そういう事は普段から勉強していますね。

そのためには、自分自身が、しっかりとミサの流れを把握し、次に何をするべきか、何を支持すべきかを分かっていないといけません。
今、行われていることがどのような意味があるのか、分かっていなければいけません。

 

そこで、今日は、復活の主日(日中)のミサの侍者をしている事を想定して、練習を行いました。
教会学校で行っている侍者会では、子ども達も一緒なのであまり高度な事は練習できませんが、今日は中学生以上だけですから、より高度に、普段の勉強を活かした練習となります。

担当のリーダー2人と、入堂から順に今「どのような意味」があり、「どのような事をしているのか」考えながら、1つ1つ丁寧に所作を確認していきます。
また、今は、リーダーのみが行っている香炉(トゥリブルム)や香舟(ナビクラ)の扱い方も練習します。

まずは、入堂から…。

もちろん、ここで歩くペースや所作など、子ども達にもしっかり指導しなくてはいけません。
礼には2種類あり、十字架に対してする深い礼と浅い礼とありますよね。
侍者は、所作の美しさも求められます。
体をしっかり正面に向け、美しい礼を出来るようにしなくてはいけません。
子どもたちはどうしても司祭の方を向いてしまう子がいますから、香部屋にいる時点で、その子達にもそれを伝えないといけませんね。

復活祭などの祭日、祝日では、司祭が香を捧げます。
司祭が香炉(トゥリブルム)を振る際には、司祭から向かって右側に香舟(ナビクラ)を持った侍者がたち、素早くふたを開け、スプーンを司祭側に、右手で持ちやすいように向けます。
香炉(トゥリブルム)も素早く開け、司祭が香を入れやすいような高さまで上げなくてはいけません。

 

そして、回心、憐れみの賛歌と続きます。
栄光の賛歌の際には、カンパネラを鳴らし続けなければなりません。
オルガニストの伴奏に合わせて、リズムよりカンパネラを鳴らす、練習をしました。

「カンパネラが鳴っている時間は、聖なる時間。聖なる空間になる」
リーダーからそう教えられましたね。そういう美しい音が出るように、頑張りましょう。

 

 

奉納の際は、侍者リーダーが最も働かないといけない場面ですね。
まず、奉納行列に行くメンバーを2人選び、行ってもらいます。その他の自分以外のメンバーは、司祭と一緒に内陣で奉納行列を待ちます。それも分かっていない子がいますから、的確に指示しなければなりませんね。
そして、自分はカリスを祭壇まで届けます。この時、祭壇ギリギリまで行き、助祭や神父様に前に出てこられることがないようにしなければいけません。

「もし、助祭や神父様が待っていたり、祭壇を越えて前に出て来られたら、侍者リーダーとして失敗したと思うべき」と、リーダーから注意を受けます。
これは、奉納行列後の、水と葡萄酒の準備の際や清めの際も同様です。小さな子達がしっかり行えるように的確に指示しなければなりませんね。
「チボリウムは誰がどうするのか」「水と葡萄酒はどうするのか」
司祭の意向や、その場の状況(侍者の人数等、諸々ありますね)に合わせて、侍者リーダーが臨機応変に対応しないといけません。そのためには、何をするのが正解なのか、今行われていることにどのような意味があるのか…もう1度思い出してみましょう。

 

ここで、2人には新しいことを練習してもらいましょう。

司祭が内陣で清めの献香をした後、司祭や会衆にも清めの香を振ります。
香炉の扱いは難しいですね。
利き手に関わらず、香炉は右手で持ちます。(教会のことは、全てそうかもしれませんね)
そして、2回振って1回下ろす。を1セットとして、それを3回行います。
会衆へは、中央、右、左と順に1セットずつ振っていきます。

 

感謝の賛歌が終わったら、侍者リーダーは、カンパネラを鳴らす準備をしていましたね。
香炉が用意されている場合は、感謝の賛歌の途中で、香炉に香を入れ、奉献文が唱えられ始める前に祭壇の前に香炉をもってひざまずいておいてください。そして、ご聖体、御血の顕示の際に、香炉を振ります。

最初にも言いましたが、侍者には所作の美しさも求められます。
ただ振ればいいというわけではありません。
「振って出る煙が天に昇り神様に届く」事をイメージして行いましょう。神様に、ミサに集まった方々の気もちを煙にのせてしっかりと捧げられるような美しい所作を目指しましょう。

この場合、あらかじめ、カンパネラを鳴らす侍者を指定しておかないといけませんね。カンパネラを鳴らすタイミングなどをその子に伝えて、任せられるようにしておきましょう。

 

カンパネラを鳴らすタイミングも、司祭によって変わりますね。
また、どの奉献文を唱えるかによっても変わります。しっかり、司祭の動きなどを見て、しっかりとカンパネラを鳴らせるようにしましょう。
目の見えない方にとっては、カンパネラの音だけが「聖変化やご聖体や御血の顕示が今されている」と分かるものなのですから。

平和の賛歌の際には、ご聖櫃への礼を侍者全員でする。
聖体拝領時には、足の不自由な方などがいた場合は、それを司祭や助祭、聖体奉仕者の方々に伝え、自分達が並ぶより早く拝領して頂くようにしなければなりません。

また、礼や起立・着席は、全員がそろって行った方が綺麗に見えます。
侍者リーダーが合図を出し、しっかりと揃えて行えるようにしましょう。
その時、合図は小さな子でも分かりやすく出来るものがいいですね。かといって、「せーの」とかミサ中に言えるわけありませんから、あらかじめしっかりと決めておく必要があります。所作のなかに組み込まれると分かりやすいかもしれませんね。そういう意味でも、しっかりとミサの流れを把握しておく必要がありますね。

 

 

約2時間みっちり侍者の練習をした後、錬成会のためにリーダーと一緒に買い物に行き、その後、みんなで少し遊びました。

海羊さん(@kaiyoh_michael)がシェアした投稿

 

水風船キャッチやメントスコーラなどで男子チームはたのしく遊んでいる中…女子チームは、黙々と作業を続けます。

そして、午後7時頃、ご飯がましたので、男子も配膳を手伝います。

 

 

そして、食前の祈りを唱え、料理チームが作ってくれたご飯を頂きます!

 

おいしかったですね!

 

ところが…量が…

お気づきの方もあったと思いますが、フィリップ神父様にもご参加頂くつもりで料理を作ってくれていたのですが、急なご用事で参加出来ないことに…
しかも、大食いでおなじみのリーダーが「おなかを減らしてきた」と言っていたので、料理係の女の子たちが(かなり)多めに作ってくれていました。

なんと餃子だけで200個もあり....
男子チームは、途中から、楽しい食事から戦いになっていきました。(一人は、早々に脱落しましたが...)

 

最後にみんなで片付け!

 

会の最後には、今年堅信を受けた2人の高校生に教会からお祝いが贈られました。
参加した中高生やリーダー、保護者の方からもお祝いの拍手が贈られました。

 

堅信を受けたことによって、初聖体のときのように、ご聖体を頂けるような何か具体的な変化をもしかしたら感じることはないかもしれません。
でも、大司教様を通して、注がれた聖霊、そして、神様の愛は確実に堅信を受けた者を強めてくださっています。
堅信のための講座や中高生の勉強会で学んだことを通して、堅信を受けたキリスト者としての行動が出来るように頑張りましょう。

そして、もう1つ。忘れないでほしい事は…「みんなには沢山の仲間がいる」ということです。
キリストによって結ばれた決して切れる事のないつながりによって、私たちが結ばれている事を決して忘れないでください。

 

 

初めての中高生の修練会、どうでしたか?
みんなにそれぞれ与えられた賜物を活かし、全体のために働いてもらいました。
「こんなことが、全体のためになるの?」と、思うかもしれませんが...

自分の得意なこと、自分の好きなことをみんなのために惜しみなくいかすことが、どれだけ全体のためになるか?私たちのためになるか?
みんなが神様から与えられた賜物を存分に発揮し、みんなのために奉仕することがどれだけ自分を自由にするか?

教会は、それを具現化した場所です。
是非、これからも、与えられた賜物を活かし、みんなで頑張っていきましょう!

 

 


 

次回の勉強会は、9月の第1週です。

筆記用具をもって集まってください!




 |  |  |  |

いよいよ、2018年度錬成会が17日から行われます。

昨年の錬成会終了後から企画をたてはじめ、今年に入ってから、リーダー達は、毎週のように遅くまで教会に残り、安全に、なおかつ、最高の錬成会にすべく、準備を重ねてきました。

 

ゴールデンウィークには、2人のリーダーが下見に行ってきました!
途中、様々な困難がありましたが、子どもたちの為にリーダー達はそれを乗り越え、安全を確認してきました。

朝、6時に松戸教会に集合し、松戸>新松戸>南流山>筑波、電車を乗り継ぎ、筑波からバスに乗って、筑波山に到着!
筑波山登山をスタートします。

 

男体山頂上からの風景!

 

そして、男体山から女体山へ向かいます。

 

1人のリーダーは1発で入りましたが、もう1人のリーダーは…何度やっても入らず……(錬成会に暗雲が…?)

 

女体山頂上からの風景!

 

 

途中、たくさんの教会学校の子どもたちと同じくらいの小さいな子に何度も会いましたが、大人より元気に登って行ってました。
小さな子が一緒に登っているおじいさんや、自分より小さな子を励ましてあげたていたり、道を開けるように指示していたりしているのを見たりすると………「教会学校の子どもたちにもこんなふうになってもらいたいね…」と…2人で話しました。

 

女体山は、観光スポットがたくさんあって飽きないですね。

 

女体山のほうは、落ち葉が多く、滑って転ぶことが何度もありました。
傾斜しているのがわからないくらい落ち葉があって、道の外を歩くと結構危ない事が分かりました。

 

そして、ゴール!

 

 

そして、筑波山から土浦駅へ向かいます。

 

ところがここで痛恨のミス……乗り換えの停留所で降りられず……終点のつくば駅まで行ってしまいました。結局、つくば駅から土浦でバスで向かいます。

 

途中、土浦で遅めの昼食。2秒で親友になれたそうです。

 

そして、土浦教会に向かいます。

 

 

しばらく、祈りを捧げたのち、目的地の友部教会へ!

 

子どもたちが歩く経路の安全性をチェックするのも下見の大きな目的の1つです。
ここは歩道が狭いので、気を付けないといけないですね!

 

 

そして、友部教会に到着!そのまま、1泊させていただきました。

 

2日目には、イエズス・マリアの聖心会の朝ミサに与りました。与っているのは、神父様とリーダー2人だけ…本当に大きな恵みを頂きました。

そんな中、本間神父様のお計らいでリーダーの一人が第1朗読を務めました。
実は、初めて朗読を行います………緊張のあまり、ボロボロの結果に、、、
でも、大きな経験になりましたね。下見から帰ってきた後、リーダーは、朗読のトレーニングを始めました。朗読の重要さ、難しさを痛感できて、逆に良かったのかもしれませんね。

 

 

そして、もう1人のリーダーも加わり、イエズス・マリアの聖心会の管区長の本間神父様に友部教会付近で、錬成会に使えそうなスポットを車で案内して頂きました。

 

また、イエズス・マリアの聖心会の神父様達主催のBBQにも参加させていただきました。
本間神父様を始め、多くの神父様たち、友部教会の信者の方々…本当にありがとうございました!

 

 

さて……錬成会が近づくにつれ、帰宅する時間は夜遅くになっていきました。
企画に必要な準備のためにみんな一生懸命!

 

時には、激論を交わすことも!

 

8月12日には、リーダーたちで総決起集会を行いました!

今年、リーダーとして初参加の2人も頑張ります!

 

 
これできっと大丈夫なはず……

後は、今年の夏、子どもたちにとってこの練成会が最高の思い出になるように神様にお祈りします!
みんな金曜日に元気に集まってください!




 |  |  |  |

 

『平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。』(マタイ5:9)

イエス・キリストに従う者として、私たちは『神の子』と呼ばれる恵みを切望します。
聖霊の助けによって、私たちは今の困難な世界に平和を実現しようと絶えず努力しています。
アシジの聖フランシスコの『平和の祈り』を思い出します。憎しみのあるところに愛を、争いのあるところにゆるしを、疑いのあるところに信仰を、絶望のあるところに希望を、闇には光を、悲しみのあるところには喜びをと切に望みます。

洗礼を受けた時、私たちの使命、召命の一つが、すすんで愛と平和と協力に向かうことでした。
最近の日本は、鉄砲水による大洪水や熱波による猛暑といった環境破壊の災害に襲われていますが、世界を見ても憎み合いや戦争、暴力が起こっています。通り魔的殺人まで日々起こる時代です。さらに、ソーシャルメディアの中では、侮辱したり傷つけたりすることばに慣れっこになってしまっています。そんなとき教会は、助けが必要な人を助けましょうと勧告し、平和と協力のために積極的に働く召命と使命を皆で共に持ち、揺るぎない確かな信念でいられるようにと強く勧めています。
イエス様が私たちにくださった平和は、悪への妥協や服従の平和ではありません。争いや混乱がないということでもありません。
しかし私たちは使徒たちと同じように、恐怖や混乱には簡単に負けてしまいがちです。聖ペトロと同じく、私たちは波の荒い海に既に大きな一歩を踏み入れているときでも、『信仰がうすい』ために沈みかけてしまいます。(マタイ14:31)
このような荒れ狂った時代に私たちを安心させることができるのは、変わらぬ存在と平和を私たちに確信させられる神様だけだと、冷静に認めるしかありません。
『恐れることはない、わたしだ!』(マタイ14:27)

2018年8月15日、「聖母の被昇天」の祭日に、共に祈りに参加し、断食して神様に憐れみを願い、自然災害から環境を守り、私たちの世界に平和の恵みを与えてくださいますようにと祈ります。また、日本やフィリピンのこと、そして全世界を、聖母マリアの『平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。』(マタイ5:9)イエス・キリストに従う者として、私たちは『神の子』と呼ばれる恵みを切望します。
聖霊の助けによって、私たちは今の困難な世界に平和を実現しようと絶えず努力しています。 アシジの聖フランシスコの『平和の祈り』を思い出します。憎しみのあるところに愛を、争いのあるところにゆるしを、疑いのあるところに信仰を、絶望のあるところに希望を、闇には光を、悲しみのあるところには喜びをと切に望みます。
洗礼を受けた時、私たちの使命、召命の一つが、すすんで愛と平和と協力に向かうことでした。最近の日本は、鉄砲水による大洪水や熱波による猛暑といった環境破壊の災害に襲われていますが、世界を見ても憎み合いや戦争、暴力が起こっています。通り魔的殺人まで日々起こる時代です。さらに、ソーシャルメディアの中では、侮辱したり傷つけたりすることばに慣れっこになってしまっています。そんなとき教会は、助けが必要な人を助けましょうと勧告し、平和と協力のために積極的に働く召命と使命を皆で共に持ち、揺るぎない確かな信念でいられるようにと強く勧めています。イエス様が私たちにくださった平和は、悪への妥協や服従の平和ではありません。争いや混乱がないということでもありません。しかし私たちは使徒たちと同じように、恐怖や混乱には簡単に負けてしまいがちです。聖ペトロと同じく、私たちは波の荒い海に既に大きな一歩を踏み入れているときでも、『信仰がうすい』ために沈みかけてしまいます。(マタイ14:
31) このような荒れ狂った時代に私たちを安心させることができるのは、変わらぬ存在と平和を私たちに確信させられる神様だけだと、冷静に認めるしかありません。
『恐れることはない、わたしだ!』(マタイ14:27)

2018年8月15日、「聖母の被昇天」の祭日に、共に祈りに参加し、断食して神様に憐れみを願い、自然災害から環境を守り、私たちの世界に平和の恵みを与えてくださいますようにと祈ります。また、日本やフィリピンのこと、そして全世界を、聖母マリアの母なる愛にゆだねましょう。イエスは母と『愛する弟子』を見て、母に、『婦人よ、ご覧なさい。あなたの子です!』と言われました。(ヨハネ19:26)
私たちは、本当に母であるマリアを、子としての愛をもって見つめます。
『教会の母であるマリアよ、私たちの近くにいてください。私たちが絶望したり、信仰、希望、愛のぶどう酒がなくなったりしたときには特にお願いします。(ヨハネ2:1-11)私たちにできることをお示しください。
そして、環境破壊と迫害に直面して心を失ったとき、あなたのそば近く、十字架のもとに立ち、あなたの愛する子、私たちの主、救い主イエス・キリストの脇腹から流れ出る水と血で強い心を取り戻すことができますように。

アーメン。

 

 


 

 

Our Resolve to be Peacemakers through Prayer and Fasting

 

“Blessed are the peacemakers, they shall be called sons and daughters of God.”(Mt 5:9)

As followers of Jesus Christ、 we aspire for the grace to be called
“sons and daughters of God. With the help of the Holy Spirit, we constantly strive to be peacemakers in these troubled times in our society and the world. We remember the Peace Prayer of St.Francis of Assisi, and with that we strive to bring love where there is hatred, pardon where there is injury, faith where there is doubt, hope where there’s despair, light where there is darkness, and joy where there ls sadness.

When we were baptized one of our mission and calling is to promote love, peace and cooperation. In these times of environmental disasters like flash flooding and heat-wave in Japan, when there is hatred, war and violence around the world,when there is murder in daily occurrence in our streets, when people have gotten so used to exchanging insults and hurting words in the social media, the Church admonishes us to help people in needヽand admonish us to remain steadfast in our common vocation and mission to actively work for peace and cooperation.
The peace that Jesus gives us is never the peace of compromise or capitulation to evil; it is also not about the absence of conflict and turmoil. But like the apostles, we are often so easily overcome by fear and panic. Even when we’re already making big steps on troubled waters like St. Peter, we find ourselves sinking because of our “little faith” (Mt14:31). There is nothing that can calm
us down in these turbulent times except the quiet recognition of him who
assured us of his abiding presence and his peace.
“Be not afraid; it is I !”(Mt 14:27)

On August 15, 2018 on the feast of the Assumption of Our Lady, let us join together in prayer and fasting to ask God in his mercy, to give us the grace of Peace in our World and environmental protection from natural calamities.
On this day also let us commend Japan, the Philippines, and the whole world to the maternal care of Mary, the woman to whom Jesus entrusted his “Beloved Disciple” and said, “Behold your son!” (John 19:26) We, for Our part, behold her – our mother in faith ― with filial love.
“Mary, mother of the Church, be near to us especially when we tend to despair and run out of the wine of faith, hope and charity.” (John 2:1-11)  Teach us to do only what your Son asks of use And when we lose heart in the face of environmental destruction and persecution, may we stand by you at the foot of the cross and regain our strength from the blood and water that flowed from the wounded side of your Beloved Son, our Lord and Savior, Jesus Christ.
AMEN.

 

 

主任司祭  PARISH PRIEST
フィリップ・ボニファチオ神父
Fr. Philip llio Bonifacio, SSC




 |  |  |  |

松戸教会では、毎月第1週の主日のミサのなかで、その月に誕生日を迎えられる方々の祝福を行っています。

 

今月は、本日・年間第18主日のミサのなかでフィリップ神父様にお祈りを唱えて頂き、灌水して、祝福して頂きました。

8時のミサ
10時半のミサ

ミサに与った方々からも祝福の拍手が送られました。
8月生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます!




 |  |  |  |

ワックスがけの終了後、暑気払いが行われました。
鉄板焼き用のお肉や焼きそばを台所で用意し、鉄板で焼いていきます!

 

 

そして、懇親会のスタートです。
最初に、会長から挨拶がありました。

 

食前の祈り後、乾杯!!

 

暑い中、ワックスがけに参加したメンバーがお互いの健闘を讃え、また、懇親を深めます。

 

 

途中には、9月8、9日に行われる予定の錬成会についての説明が行われました!

錬成会の方にも是非ご参加ください。多くの方々のご参加をお待ちしています!

 

そして、余興も!

 

最後に、10月第3週におこなわれる聖ミカエル祭バザーについて、バザー委員会より説明がありました。

 

今回は、暑い中、多くの方々に集まって頂き、ありがとうございました。

松戸教会所属の成人男性信徒は、みなさん、ヨゼフ会に入会出来ますので、是非、多くの方に入会して頂き、ご一緒に今後も様々な活動を行いたいと考えています。たくさんの方々の入会・ご参加をお待ちしています。