|  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第3週に行っています。
(松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月第3週となりました。)

 

今日も天候が不安定なために、地下ホール前で行いました。
大阪の梅田教会からもお手伝いに来てくださっていいました。

今回販売を担当して下さっていた野菜畑代表の柳沼さんから震災後、今年の3月11日で7年目を迎えましたが、故郷を失ったという心の部分は、いつまでも癒えることはないというお話を伺いました。

ハード面だけではなく、希望という新たな復興のエネルギーが必要ですね。
私たちも被災者の方々に心を向け、ともに歩む心が必要ですね。
そういう意味でも、野菜やフルーツで季節を感じれるのは、良い機会ですね。

 

 

● 今月のおすすめ品

特産品(新商品)

松戸教会では、人気の商品。
ごはんの素は、お酒のおつまみにも使えるらしいです。
きゃらぶきは、福島県産の柔らかい山蕗を醤油と酒のみで、時間をかけて煮上げたものです。
えごまドレッシングも大人気。
ドレッシングだけではなく、えごまの商品は、人気になるものが多いです。

 

さくらんぼ(佐藤錦)

果実は7グラム程度で、短いハート型。甘みと酸味のバランスがよく日持ちもよいです。
山形県東根市の篤農家、佐藤栄助氏が「ナポレオン」と「黄玉」を交配し育成したサクランボの代表的な品種です。1914年に命名されました。育成者の佐藤氏の名前と「砂糖のように甘い」意をかけあわせた名称だそうです。

 

新鮮野菜

今朝とれた野菜をそのまま運んで来てくださっています。
野菜不足のなので、本当に嬉しいですよね!

 

次回も、8月の第3週8月19日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

李韓雄神父さまの初ミサが6月23日(土)と24日(日)に行われます。

6月10日と17日のミサの後、教会学校の子どもたちが初ミサの感謝とお祝いの募金活動をしました。

李韓雄神父さまは昨年度松戸教会で司牧実習をされ、教会学校の子どもたちもたくさんお世話になりました。

李神父さまにまたお会いできるのが楽しみですね!
ご協力くださった皆様、誠にありがとうございました!!




 |  |  |  |

松戸教会では、毎月第3週の主日のミサのなかで、その月に結婚記念日を迎えられる方々の祝福を行うことになりました。

 

今月の「結婚記念日の祝福」は、本日、年間第11主日のミサの中で、フィリップ神父様にお祈りを唱えて頂き、灌水して、祝福して頂きました。

8時からのミサ
10時半からのミサ

 

ミサに与った方々からも祝福の拍手が送られました。
結婚記念日、おめでとうございます!

 

結婚は、秘跡(神の目に見えるしるし)です。
結婚記念日を迎えられた方々を祝福することで、神様のいつくしみを思い起こさせ、最も小さな共同体である家族のなかで、新たな思いで福音のよろこびを感じることが出来ればと思います。

もちろん、夫婦そろってではなくても(帰天されて死別されたご夫婦やミサに1人で来られた方)祝福は受けられます。
是非、結婚記念日を迎えられた月の第3週には、祝福に与ってください!




 |  |  |  |

本日、年間第11主日のミサのなかでは、「父の日」ということで、全ての「お父さん」と「男性」たちに祝福が贈られました。
聖体拝領後、フィリップ神父様が「お父さん」「男性」たちに呼びかけられると……みなさん、照れくさそうに祭壇の前に出ていらっしゃり、祝福に与りました。

8時からのミサ

 

10時半からのミサ

 

共同体として、すべての「男性」や「お父さん」に、感謝し、祈りを捧げました。

普段、言葉や態度でなかなか感謝を表わせない「子供たち」も、帰宅後、感謝の言葉をかけられたのではないでしょうか。




 |  |  |  |

今日も元気に皆集まりました!
今日は「お祈り」についてのお勉強をしました。
最初は「教会学校・はじめの祈り」を唱えましょう!

そして、歌の練習をしました。
「愛をください」を歌いました。

 

 

さて、授業を始めます。
まずプリントを3枚配布しました。
「ルカによる福音」「マタイによる福音」「お祈り」と書かれたプリントです。

まず、助祭に「ルカによる福音」18章10〜14節と「マタイによる福音」6章5〜13節を福音朗読して頂きました。
どちらも「お祈りの仕方」について、イエス様がお話ししている場面です。
「○○による福音」と助祭が言ったら額、口、胸に右手で小さく十字を切りましょう。

続いて、助祭が「ルカによる福音」の解説をしてくれました。

「ルカによる福音」には誰が出てきましたか?
ファリサイ派の人と、徴税人の人です。

場所はどこでしょうか?
神殿ですね。神殿って、お祈りする場所のことです。

この2人は、一緒に仲良く来たわけではなく、1人1人別々にやってきました。

なんでお祈りしに来たのでしょうか。
神様とあうため?
わるいことしたから…?

この時代、ファリサイ派も、徴税人も、ローマ帝国に支配されていました。
支配されていたら、いろんなことが出来ないです。
とても苦しくて、救われたいと思っていたし、天国に行きたいと思っていました。
だからお祈りに来ました。

ファリサイ派のひとたちは、他の人たちより一生懸命お祈りしていたひとたちです。
この人たちは、救われるためにはお祈りだけでは足りないと思っていました。
いろんな決まりを守ったら救われるんだと思っていました。
例えば、断食をしたり、お金を神殿に捧げたり、人から奪い取らないということです。
ファリサイ派は、悪いことはしないし、偉い人、エリートみたいな人たちでした。

では、徴税人は、どんなひとたちのことでしょうか。
ローマ帝国は支配している国から税金をとっていました。
徴税人は、ローマ帝国から「お前、お金を集めてこい!そうしないとお前の生きる場所はないぞ!」と言われた人です。
本当は仲間からお金を取るなんていやだけど、ローマ帝国には逆らえないので、仲間に「お金を出せ!」と言って回りました。
仲間から取らなきゃいけなくて、徴税人は、悲しくて苦しかっただろうとおもいます。
そして、仲間なのにお金を取ってローマ帝国にあげてしまう徴税人は、皆に嫌われていました。

さて2人はどうしたでしょうか…

ここでリーダーにバトンタッチ。助祭ありがとうございました!

ファリサイ派、徴税人はお祈りをしました…
そしてイエス様は、どちらが神様に「義」とされたと言っているでしょうか。
「義」っていうのは、神様から「いい人です」と言われた人のことです。

「徴税人」ですね。

徴税人はただローマの税金を集めてただけではなく…たとえばローマから「一人一人から100円もらってこい」と言われたら、150円とって、50円を自分のものにしたりしていました。なのに徴税人のほうがいい人とイエス様が言っているのは何故でしょうか??

イエス様はこう言っています。「だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」
ファリサイ派のお祈りの言葉を読んでみましょう。
「また、この徴税人のような者でないことに感謝します。」と言っています。
ファリサイ派の人は高ぶって、徴税人を馬鹿にしています。

「マタイによる福音」では、弟子がイエス様に「お祈りの仕方を教えてください」と言って、イエス様が教えてくれています。
「偽善者のようであってはならない」とイエス様は言います。
ファリサイ派のことを偽善者と言っているのです。
いい人のふりをしながら、徴税人など他の人を馬鹿にしているからです。

では、どういう封にお祈りしたら良いのでしょう?
徴税人のお祈りの仕方はどうでしょうか。
神殿の隅っこの遠くの方に立って、目を天に上げようともしないで祈りました。
「マタイによる福音」には隠れて祈りなさいと書かれています。

徴税人のお祈りの言葉もみてみましょう。
「神様、罪人の私を憐れんでください」
神様やイエス様が同じような気持ちになって一緒に悲しんだり喜んでしてくれることが「憐れむ」です。
高ぶったりしないで、自分は罪人だと思ってへりくだって祈りました。

「マタイによる福音」では、イエス様がお祈りの言葉も教えてくれています。
このことば、きいたことがあると思いませんか?何のお祈りか分かる人!
皆手を挙げてくれました。指名した2人はみごと答えられましたね。

「主の祈り」です!
「主の祈り」はイエス様が教えてくれたお祈りだから「主の祈り」という名前なのです。

さて、みんなどういう風にお祈りしたら良いかわかりましたか?
イエス様はいつも周りにいっぱい人がいました。
でも、イエス様は皆より早起きしたりして、一人になる時間を作ってお祈りしました。
みんなもイエス様みたいに、毎日お祈りするってだけじゃなくて「ちゃんと」お祈りしましょう。

そしてお祈りする時に大事な「十字のしるし」もしっかりちゃんとしましょう!!

右手で、額、みぞおち、左肩、右肩の順番です。
キリスト教信徒ならしっかりできなくてはいけないしるしです!

3枚目の「お祈り」と書かれたプリントには問題が書いてあるので、お家でやってみてください。

 

最後、イエス様が教えてくれたお祈り、「主の祈り」を唱えて終わりました!

また来週集まってくださいね!