|  |  |  |

三位一体の祝日のミサの後、 12 時より柏・我孫子・茨城地区集会を行い、約 30 人の方が参加されました。

 

今回は新しい試みを取り入れ、くじ引きで小グループを作り、分かち合いなども行われました。

 

また、宮原助祭より長崎の信仰について話して頂き、困難から立ち上がり、固く結ばれた信仰の歴史や現状を聞くことができました。

 

 

小グループでは教会へ来るようになったきっかけや信仰生活について分かち合いを行いました。日本はキリスト教徒が人口の 1 %未満と少なく、家族の中で一人信仰する人もいて、教会で話をする場を持つことの重要性を実感しました。

 

今回初めての試みでしたが、小グループでの分かち合いはアットホームな雰囲気で緊張せず会話を楽しめたと思います。
フィリップ神父様や宮原助祭も分かち合いに参加してくださり充実した地区集会となりました。

 

このように松戸教会では、小教区内を8地区に分け、代表者2名が司牧評議会に出席し、地区の声を司牧評議会に届けます。また、司牧評議会の決定を各地区の信徒に伝えています。

そのため、定期的に地区集会を開いたり、親睦会を行っています。




 |  |  |  |

本日、三位一体の主日のミサの中、5月26日、聖フィリポ・ネリ司祭の記念日にお誕生日を迎えられるフィリップ神父様にヨゼフ会副会長・マリア会会長がそれぞれ信徒を代表し、お祝いと「祈りの花束」を手渡しました。

 

 

 

フィリップ神父様から、お話を頂きました。

 

 

5月26日、フィリップ神父の誕生日、当日に行われた典礼委員会では、李助祭と典礼委員でお祝い。

 

フィリップ神父様、お誕生日おめでとうございます。

これからもよろしくお願い致します!




 |  |  |  |

フィリップ神父様のお誕生日と霊名聖フィリポの祝日に、皆さんから「祈りの花束」を集めて、5月27日(日)、ヨゼフ会とマリア会から、金一封とともに神父様にお渡ししました。

※「祈りの花束」とは?
カトリック教会では、お祝いやお礼、お見舞いなどに、「祈りの花束」を送る習慣があります。これは、お祈りを花にみたてて、お祝いやお礼などのためにふさわしいお祈りをし、どのようなお祈りを何回したかをカードに記入し、祈りの花束としてプレゼントするものです。
皆さんからの祈りの花束を集計します。

 

神父様、おめでとうございます。
これからもお元気で!



 |  |  |  |

5月は、聖母月です。
新緑の美しい季節は、色とりどりの花々が咲き乱れる時期です。古くからこの美しい5月は、聖母にこそふさわしい月とされ、また、主の復活の喜びと希望に満ちた月です。

 

そして、本日、三位一体のミサのなかで、教会学校の子ども達を中心に聖母行列が行われました。

 

行列の前に、ロザリオを1連捧げました。(栄えの神秘の第5の黙想 第1から4までは聖堂で唱えられていました)

 

 

そして、行列が始まります。

今日の行列のために教会学校のリーダーが聖母の絵を描いたパネルをはめた「教会学校の十字架」を侍者を務めるリーダーが持ち、行列の先頭を歩きます。

 

 

最初に聖母子像へ献香・潅水が行われました。

 

 

そして、「あめのきさき」の1番を繰り返し歌い、聖堂へと行列を行います。

 

 

奉納の際には、信徒が一輪ずつをもってきたお花を、無原罪の聖母像に献花しました。

 

そして、献香。

 

派遣の祝福の後、司祭が退堂される前に、サルヴェ・レジーナを歌い、聖母マリアに祈りを捧げました。

 

カトリック教会は、イエス様の受難・死・復活、そして、イエス様の昇天、聖霊降臨までの間、常に私たちイエスの弟子とともに過ごしてくださった聖母マリアに感謝し、崇敬の念を抱きます。

聖母月である5月は、改めてその思いを強くし、新しく洗礼を受けた方々、そして、堅信を受けた方々とともに、新しい共同体を作っていく時期です。
私たち教会共同体とともにいてくださる聖母マリアの取次を願い、祈りましょう。




 |  |  |  |

教会学校の時間が終わり、聖母子像の前に子どもたちが集合しました。
本日は聖母行列を行います。
こどもたちは先ほどの教会学校でマリアさまについて学んできたばかりです。

神父さまが来られるまでの間、信徒の皆さんと一緒にロザリオの祈りを唱えました。

 

神父さまが来られました!
侍者を務めるこどもたちもいっしょです。

聖母子像への献香・潅水です。

 

そして行列がスタート!
みんな「あめのきさき」の1番を繰り返し歌って御聖堂へすすみましょう!

今日はマリアさまについてたくさん学べて、聖母行列も出来て、とてもよかったですね。

また来週も今日のように実り豊かな日となるはずです。「キリストの聖体の祭日」だからです!
来週の10:30のミサは「子どもの奉仕するミサ」となり、
初聖体のためのお勉強を頑張っているこどもたちが、初聖体をうけます。
みんな、初聖体を受けるなかまたちをお祝いするため、元気に集まってね!