|  |  |  |

MCCICLanten

We will soon be entering the Lenten season so we invite you to join us in our recollection as we renew our relationship with God. 
Please come and invite your friends.

Lenten Recollection with includes 3 talks, sharing/reflection, confession and a concluding Holy mass.

to be conducted by Fr. Edwin COROS

 

MCCIC主催の四旬節のための黙想会を行います。
講座・分かち合い、ゆるしの秘跡、ミサ(エドウィン・コロス神父様司式)が行われます。
なお、黙想会は英語で行われます。

 

FOR DETAIL PLEASE ASK…

For details, please contact below. 
詳細は、下記よりお問合せください。

 

Date  3月3日 March 3 (sat)

Registration (受付) 9:45 am
Recollection (黙想)/ Confession (告解) 10:00 am – 3:30 pm
Holy Mass (ミサ) 3:45 pm – 4:45 pm



 |  |  |  |

世界病者の日は、1992年5月13日、教皇聖ヨハネ・パウロ2世によって定められ、1993年から、2月11日、ルルドの聖母の祝日に「世界病者の日」を記念するようになりました。

この日は、全世界の病気で苦しんでいる方に、ふさわしい援助の手がさしのべられるように祈るとともに、病気の人自身が、苦しみの意味をよく受け止めることができるように、奨められています。また、教会関係者のみでなく、一般の医療機関にも訴えるようにも奨められています。

女子パウロ会公式サイト「Laudate」キリスト教豆知識より

 

 

 

今年は、本日、年間第6主日が「世界病者の日」となりました。
松戸教会では、ミサ後、フィリップ神父様が希望者に病者の塗油を行いました。

 

長い行列が出来ていました。

 

教会共同体が様々な病気の人達と共にある事を思い、聖母への取次を願い、すべての信者が愛をもって生きることができるよう、心から願い求めましょう。




 |  |  |  |

今日もたくさんのこどもたちが集まりました!
教会学校・はじめの祈り」でスタート!

 

 

今日はまず歌の練習をします。「キリストはぶどうの木」を歌いました。

 

 

今年の2月14日は何の日でしょうか?
灰の水曜日です。

灰の水曜日から、四旬節に入ります。

四旬節ってなんでしたっけ?
まず文字から考えてみます。

四は4、旬は10という意味です。
つまり…40日間ってことです。
四旬節は、実際には43日です!

四旬節中はミサがいつもと違います。
何が違うか分かる人いますか??

「神父様の服の色が紫になる」と言ってくれた子がいましたね。
正解です!

他にももっと違うところがあります。
まずミサのはじめのほうにある「栄光の賛歌」は歌いません。
福音朗読の前の「アレルヤ唱」も歌いません。
「アレルヤ」とは「ばんざい」というような(「主を褒め称えよ」という)意味で、四旬節のあいだは言ってはいけないのです!

四旬節は、どのように過ごしたら良いでしょうか。
四旬節はイエス様のように神様のところに向かうようにする季節です。
普段は頑張れないことも頑張ってみましょう。

イエス様も40日間荒れ野でごはんを食べないで祈りました。
イエス様はその間悪魔の誘惑も受けましたが、悪魔を退けました。
四旬節はイエス様に倣って自分に厳しくする季節です!

40という数字は、聖書に他にも登場します。

ノアのお話覚えてますか?動物を船に乗せたと誰かが言ってくれましたが、その通りですね。
その洪水のときも40日間、雨が降りました。

出エジプトのときは、カナンの地に行くためイスラエルの民とモーセは40年間さまよいました。

エリヤは神様に会いにいくために40日歩きました。

こんなふうに、厳しい時間を過ごしたのです。

 

 

四旬節は、ちょっと自分に厳しく、神様の方に心と体を向ける期間なのです!

今日は、四旬節にむけて、イエス様へお手紙と、神様との約束を3つ考えて書いてもらいます。
お手紙は本当に自由!今頑張っていることとかを書いても良いし、イエス様に自己紹介してもいいでしょう。
約束は、復活祭までの46日間、普段より頑張ることを3つ書きましょう!神様が喜ばれることを考えてね!

 

みんな個性的なお手紙とお約束が書けましたね。
四旬節の間、今日書いた約束を忘れないで過ごしましょう。

 

 

 

最後に主の祈りを唱えて終わりました。

 

 

皆が書いたお手紙と約束は地下ホールに展示しております!
是非皆さんご覧下さい!

来週も元気に集まってね!!




 |  |  |  |

DSC01001

 

四旬節の期間中、毎週金曜日に「十字架の道行き」を行います。

Stations of the Cross will be prayed during Lent every Friday.

 

「十字架の道行」の祈りは、イエスの受難の各場面を黙想し、回心しキリストの愛にならうための祈りです。各留にとどまり、しばらく黙想し、順次回っていきます。聖堂内にイエス・キリストの裁判から十字架の死に至るご受難の歩みを描いたレリーフが並べて掛けてあります。14場面あり、これは ” 留(りゅう)”と呼ばれています。

 

毎週金曜日(初金を除く)  Every Friday(other than First Friday)

10:30 A.M.~ / 6:15 P.M.~

2月16日、3月23日の夕方の十字架の道行はお休みになります。

It will cancel the Station of Cross that is held from 6:15 pm on February 16 and March 23.

(*)キリスト教講座(入門講座)金曜日コースは、十字架の道行後、行われます。

 

 

初金(3月2日) First Friday(March 2)

10:00 A.M.~ / 6:15 P.M.~

 

聖金曜日(3月30日) Good Friday(March 30)

3:00 P.M.~

 

多くの方のご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

本日、年間第5主日で李助祭は、松戸教会での1年間の司牧実習を終えられました。

李助祭は、昨年、4月から始まった司牧研修のなかで、教会学校の子ども達、青年を中心に、土曜日の週1度の勉強会など、様々な場面、活動でお世話になりました。

 

李助祭による最後の説教。

 

 

聖体拝領後、フィリップ神父様から最後の司牧実習を迎えられる李助祭に対する感謝の言葉がありました。

 

 

そして、MCCIC、教会学校、教会から感謝の気持ちを込めて、プレゼントが贈られました。

最初にMCCICから…
英語ミサ、タガログ語ミサなどを始め、様々な奉仕をして頂きました。

 

次に1番お世話になった教会学校の子どもたちから…メッセージボードが送られました。

 

そして、ささやかですが、教会からお礼が贈られました。

 

また、フィリップ神父様から、もう1つの教会からのプレゼントが贈られました。

 

そして、フィリップ神父様から改めて李助祭へ1年間の奉仕への感謝と、信徒の皆さんに3月21日に行われる福岡教区叙階式までの祈りをお願いがありました。

 

 

最後に、李助祭からみなさんへご挨拶を頂きました。

ミサ後も司牧評議会が始まるまでの間に食事をとらないといけないにもかかわらず、多くの信徒の方々と挨拶を交わしてくださいました。

 

 

午後3時半頃からは、フィリップ神父様と司祭館でまかないを務めてくださっている信徒の方のご厚意で青年達と最後の食事…

 

 

李助祭には、教会学校の子どもたち、そして、青年達とは、多くの時間を過ごしていただきました。今まで本当にありがとうございました。土曜日の勉強会も大変お世話になりました。

福岡教区での、そして、司祭としての活躍を心からお祈りしています。
初ミサでのお越しを心からお待ちしています!