|  |  |  |

今日は、主の降誕の大祭日です。
私たちの救い主・イエス・キリストの御降誕を祝います。

 

カトリック松戸教会では、午後6時からの「子供の奉仕するミサ」、そして、8時半からの「インターナショナルミサ」と2回の夜半のミサが行われました。
午後6時から行われたミサのリポートは、教会学校がリポートしてくださいました。(今年も、子どもの奉仕するミサの前に聖劇が行われました)

 

 

ミサが始まる前、午後8時15分から、キャンドルサービスが行われ、MCCIC聖歌隊と聖歌奉仕グループが共にクリスマスキャロルを歌います。

 

 

 

 

午後8時半、ミサが開祭されます。

 

 

入堂後、フィリップ神父様が祈りを唱えられました。

 

そして、馬小屋を祝別し、祭壇に献香します。

 

松戸教会のクリスマスミサでは、日本語で歌われる「憐れみの讃歌」は、「kyrie(キリエ) 」、「栄光の賛歌」は、「Gloria(グロリア)」と、ラテン語で聖歌が歌われます。「Gloria(グロリア)」が歌われている際には、カンペネラが鳴り響き、主のご降誕を祝います。
復活徹夜祭や復活祭、そして、この主の降誕(クリスマス)などの特別な祭日の時のみ、栄光の讃歌の際にカンパネラを鳴らし、祝います。)

栄光の賛歌(Gloria(グロリア))が歌われている中、フィリップ神父様が、幼子イエスをお迎えに上がり、真舟に安置します。

 

 

 

 

集会祈願が祈られた後、ことばの典礼が、始まります。
第1朗読は、日本語で行われ、第2朗読は、英語で行われました。

 

そして、福音朗読(日本語と英語)が行われました。

 

 

第1朗読 イザヤ書 9章1~3、5~6節
第2朗読 テトスへの手紙 2章11~14節
福音朗読 ルカによる福音書 2章1~14節

 

 

そして、お説教も日本語と英語で行われました。

 

 

 

共同祈願は、まず、日本語の共同祈願が唱えられ、その後、様々な言葉で唱えられました。

 

 

 

そして、感謝の典礼に入ります。

 

奉納の歌は、MCCICコーラスが歌います。

 

清めの際の献香が、行われます。

 

 

感謝の讃歌(サンクトゥス(Sanctus))は、ラテン語で歌われます。

 

キリスト者は キリストの御体をいただく前に、互いに交わし合う「平和の挨拶」を通して、実際に互いを赦し、受け留め、互いに和解するように招かれています。
主が御降誕された今夜、もう1度その意味を噛みしめながら、民族・国籍を超え、お互いに平和の挨拶を行いました。

 

平和の讃歌(アニュス・ディ(Agnus Dei))は、ラテン語で歌われます。

 

 

そして、聖体拝領。
拝領の歌も、MCCICコーラスが歌います。

 

本当に多くの方が、今日のミサには参列されました。未信者の方々も多く来られ、御聖堂の外にも人が溢れていました。

 

 

 

聖体拝領後、クリスマスミサに与ってくれた子どもたちのために教会とMCCICからプレゼントが贈られます
神父様が祝福し、来てくれていた子ども達みんなに渡しました。

 

寝ちゃった子にももちろんプレゼントします!

また、是非、教会に来てくださいね。
 

閉祭後、フィリップ神父様が抱かれた幼子イエス様にミサに参加した人たちが集まり、その体に触れたり、キスしたり、ご降誕の喜びを分かち合います。

 

 

ミサ後、地下ホールにて、ティーパーティーが行われました。みなさん、10時を回っているのに…地下ホールに集まり、喜びを分かち合っていました。
全ての人にとって、クリスマスはやはり大きな恵みなのだと感じさせらせました。

 

主の御降誕おめでとうございます!
Merry Christmas!




 |  |  |  |

今日は、クリスマス!主の降誕の祭日です!
聖劇が終演した後、午後6時から「子どもの奉仕するミサ」が行われました。みんな、聖劇の衣装を着たまま、ミサの奉仕を行います。

 

 

普段は、大人の方々がされている奉仕を教会学校の子どもたちやリーダーがするのです。(松戸教会では、1学期は子どもたちの初聖体が行われるキリストの聖体のミサ。2学期はクリスマス。3学期は教会学校の卒業式・修了式後の3月に「子供の奉仕するミサ」を行います)

 

 

 

 

 

聖劇が終わったら、そのままミサの準備をします。
先唱が開祭の前に、始めてきた未信者の方にもわかりやすく、ミサの解説を行います。

 

そして、御聖堂の照明が消され、キャンドルサービスが始まります。

 

 

 

 

午後6時…いよいよミサが始まります。

今日のミサは、葛西教会の柴田弘之神父様(聖アウグスチノ修道会)主司式で行われます。

 

 

 

 

入堂後、まず柴田神父様が祭壇の前で祈りを捧げます。

 

そして、柴田神父様が、馬小屋、祭壇に灌水、献香し、祝別しました。

 

祭壇に神父様がつかれると、神父様が回心へと導かれ、憐れみの賛歌が歌われます。そして、カンパネラが響く中、待降節に入り歌われなかった「栄光の讃歌」が歌われます。
(復活徹夜祭や復活祭、そして、この主の降誕(クリスマス)などの特別な祭日の時のみ、栄光の讃歌の際にカンパネラを鳴らし、祝います。)

 

栄光の賛歌が歌われる中、フィリップ神父様が幼子のイエスをお迎えに行き、真舟に安置されました。

 

 

 

 

そして、ことばの典礼となります。
ことばの典礼では、聖書が朗読されます。
クリスマスは、「語り部」の子の2人が始めてこられた未信者の方でも分かるように朗読箇所を説明します。

 

第1朗読は、旧約聖書の箇所が朗読されます。

語り手が会衆に説明します。

「昔々、イスラエルという小さな国に戦争がありました。畑があらされ、建物はつぶされ、たくさんの男の人が殺されました。 女の人と子どもたちは捕らえられ、遠い国バビロンへ連れて行かれました。
みんな、毎日泣きながら、イスラエルの自分の家に帰りたいと、神様に祈りました。 神様は、みんなの祈りに応えて、イザヤという男の人に語りかけ、イザヤは神さまのことばを皆に伝えました。イザヤを通して神様が皆に語りかけたことばを聴きましょう。」

 

そして、聖劇でヨゼフさまを演じた6年生が、朗読を行いました。
朗読も侍者も、短い練習時間だったにもかかわらず、しっかりと行う事が出来ました。

 

 

第2朗読は、使徒書と呼ばれる使徒によって書かれた手紙などが朗読されます。

語り手が会衆に説明します。

「さて、イエス様が天に上げられて、約束された聖霊が下り教会ができた頃、パウロという使徒がいました。そのパウロはイエス様がお生まれになったことが、人々にとって、とても大きな意味があることを弟子のテトスに手紙を書きました。これから、その手紙が読まれます。」

 

そして、聖劇で、マリア様を演じた5年生が朗読しました。
第2朗読も、朗読も侍者もしっかりと行うことが出来ました。

 

 

そして、福音朗読が行われます。

福音朗読の際の侍者の所作は、普段のミサでもあまりよく出来ていませんでしたが、今回の練習を通して覚えることが出来たと思います。これからもしっかりと出来るようにしましょう。

 

 

第1朗読 イザヤ書 9章1~3、5~6節
第2朗読 テトスへの手紙 2章11~14節
福音朗読 ルカによる福音書 2章1~14節

 

そして、柴田神父様のお説教。

主の降誕の出来事を通し、キリスト者の出会い、そして、新たな門出というテーマでお話しくださいました。
子どもたちにも分かりやすくお話してくださり、みんなしっかりとお話を聞くことが出来ました。

 

 

 

 

共同祈願は、子どもたち5人が唱えました。

共同祈願は、ミサに与った方々が一体となり1つの共同体・キリストの体として、共に父である神様祈ります。
初めての挑戦の子もいましたが、「ゆっくり丁寧に」というリーダーからの指導をしっかり守り、所作も含め、しっかりと唱えることが出来ました。

 

 

 

 

共同祈願が唱えられた後、感謝の典礼に入ります。
実は、侍者をする子どもたちが一番苦手としている「奉納行列」から「清め」までなのですが、(少し厳しめに)練習したかいもあり、しっかりと行う事が出来ました。

 

献金籠は、中高生の4人が運んでくれました。
うち2人は久々の奉仕でしたが、後輩たちのお手本となるような奉納でした。

 

 

先唱の子達は、始まる前にリーダーから「このミサが成功するかしないかは、先唱にかかっている」とプレッシャーをかけられたこともあり、必死に台本をみながら、ミサを滞りなく進めようと頑張ってくれました。緊張して、少し早口になっていたけど、とてもよく出来ました!

 

 

そして、聖変化……。
ホスチアが、キリストの体へと変わります。この「キリストの体」を洗礼を受けた信者は頂き、キリストと一致したものとなります。また、共同体が、1つのパンを分け合って頂くことにより、共同体のつながりを強めていきます。

 

 

そして、聖体拝領…

 

今回は、教会学校の子どもたちが宣伝したこともあり、たくさんの方々が6時からのこどもの奉仕するミサに来てくださいました。
御聖堂には入り切れず、外で立って与った人たちもたくさんいらっしゃいました。

子どもたちの聖劇を見るために、午後5時には教会に来てくださっていた方々もたくさんいらっしゃいました。
本当にありがとうございました!

 

拝領後の片付けも、侍者の子達3人は、しっかり行う事が出来ましたね。
侍者は、実は、何もしていない時の方が大事です。何もしていない時に、しっかりと手を合わせて、待つことが出来るようになりましょう。

 

 

 

 

聖体拝領後、教会からクリスマスミサに与った子ども達に教会とMCCICからプレゼントが贈られます!
高校生の2人が祭壇まで運んでくれました。
まず、柴田神父様がプレゼントに灌水し、祝福してくださいました。

 

そして、フィリップ神父様から子どもたちに手渡されます。
まずは教会学校以外の子供たちに…
(前もって伝えておいたはずなのに、教会学校の席からブーイングが起こりました…。今年も…ここで集中力が切れてしまいましたね…)

 

続いて、教会学校の子どもたち!
下級生の子から受け取らせていた女の子たちはさすがでした。それに比べて男の子たちは、上級生ほど、我が先に取りに行ってしまいました。しかも、その後、うるさくしてしまいましたね。侍者の子たちは、せっかく頑張ってきたのに、最後の最後で侍者の仕事を忘れてしまいました。ミサは、閉祭の歌を歌いきるまでミサです。しっかりと奉仕が出来るように頑張ってください。

 

 

そして、閉祭…
リーダーと一緒にいない時も、こんなふうにしっかり出来るといいのですが…

 

 

今日は、教会学校を卒業した中高生や大学生もたくさん来ていましたね。
みんな本当にお疲れさまでした。

 

カメラを向けると、顔を隠す中高生……

 

 

 

 

 

本当にみんな今日はお疲れさまでした。
久々に来た仲間やなかなか忙しくて来れない中高生たちも活躍してくれました。
リーダー達も、久々に再会が出来て本当に嬉しかったです!今日は本当にありがとうございました!

とても大変な1日でしたが、(アクシデントもありましたが)無事、聖劇、そして、ミサの奉仕を行う事が出来ました。
しかし、毎年の事ですが、最後の最後で気が抜けてしまいましたね。次回のこどもの奉仕するミサの際には、最後の最後までしっかりと行えるように頑張りましょう。

 

最後に幼稚園に集まって、みんなでお祈りしました!

 

メリークリスマス!
主の御降誕おめでとうございます!

たくさんの喜びをありがとうございました!!




 |  |  |  |

いよいよこの日がやってきました。

主のご降誕、クリスマスです。

昨年に引き続き、教会学校の子どもたちが、子どもの奉仕するミサの前に「聖劇」を行いました。
2学期のほとんどをこの聖劇の練習に費やして、練習を通して、「ご降誕」というものがどういうものであるかを学んできました。

今年は聖歌隊も出来、昨年よりグレードアップ!

 

午後5時半……
いよいよ開演です。


 

場面1

神様が、私たちを幸せにするための御計画をたてられ、大天使聖ガブリエルにマリア様とヨゼフさまにそれを伝えるように命じられます。

場面2

大天使聖ガブリエルがマリア様にイエス様のご受胎をお伝えになります。(受胎告知)

場面3

マリア様が身籠っていることを知り、正しい人であったヨセフ様は結婚するか悩んでいました(律法では、結婚する前に身籠ってしまったマリア様は死刑になってしまいます!ヨセフ様も当然罪に問われます)
大天使聖ガブリエルは、これは神の御計画なので、ヨセフ様にマリア様と結婚しなさいとお話されます。ヨセフ様は、そのお話を受け入れ、マリア様を妻に、そして、産まれてくるイエス様の父になろうと決意します。

場面4

ナザレからベツレヘムへ身重なマリア様とヨセフ様は、戸籍登録のために旅にでます。しかし、ベツレヘムの宿はどこもいっぱい。
身重なマリア様を外で寝かせるわけにもいきません。
しかし、これも神様の御計画のうちでした。神の子イエスが「ふかふかのベッド」ではなく、「藁がひかれた飼葉桶」という低いところから産まれるということは、神様が「貧しい人・弱い人」のためにイエス様を送ってくださったことの証です!

場面5

大天使聖ガブリエルと天使達が、当時の社会で低い者とされていた羊飼いたちに現れ、イエス様の御降誕を伝えます。
そして、喜びに満ちた羊飼いたちがヨセフ様とマリア様の所にお祝いに行きます。
また、遠い東の国からユダヤ人の王を求め、旅をしてきた3人の博士たちも、ベツレヘムの星に導かれ、イエス様を発見し、お祝いします。

場面6

天使達が喜びの歌をうたい、神の子イエス・キリストの御降誕をみんなで祝います。

 


 

本当にみんな頑張りましたね。
家でもたくさん練習してきてくれたのだと思います。

たくさんの方々が、子どもたちの聖劇を観に来てくださり、たくさんのお褒めの言葉を頂きました。
本当にありがとうございました。




 |  |  |  |

Today, the Tagalog mass was celebrated at 1:00 pm, two hours earlier than the usual at 3:00 pm every 4th Sunday of the month.
The celebrant of the said mass was our very own Parish Priest, Fr. Philip Ilio Bonifacio, SSC. It was a delight to see that the church was filled with people up to the lobby. There were familiar faces and new faces. December is indeed the best time of the year where old friends meet.

 

 

 

The mass was finished at around 2:15pm and the Christmas party started around 2:30 pm.
It kicked off with a welcome address given by Fr. Philip who is also the spiritual adviser of the MCCIC after which blessing of the food followed.
There were a lot of Filipino favorite dishes which were served and enjoyed by the many like kaldereta, bihon, menudo, bopis, dinuguan, Bicol express, fired chicken, baked spaghetti, biko, Christmas cake, and many other to mention.

 

While people were getting their food or eating, the MCCIC choir together with some Toyoshiki parishioners rendered some beautiful Christmas carols.
The spirit of Christmas was really in the air.

 

 

Children and adults had a fun time during the games.
We had stop dance for children and adults, Christmas ball relay for children, newspaper dance for adults and bring me something.
The MCCIC also prepared a special dance in the tune of “ Dahil Sa ‘Yo”, performed by 3 ladies and 4 gentlemen, all in their Santa’s suit or costume. The lively dance made the crowd more entertained and joyful.

 

 

 

In between the activities, drawing of raffle tickets was also simultaneously done. There were 35 consolation prizes of different items and 3 major prizes of 50,000 yen for grand prize, 30,000 yen for the 1st prize and 20,000 yen for the 2nd prize. We thank the 3 communities from Toyoshiki, Ichikawa and Koiwa who had helped us in selling our 300 yen raffle tickets. Also we would like to thank our sponsors, Seven Bank and Yutaka Company, Ltd and other individuals who gave some financial donation or in kind. Thus, we would like to commend the Matsudo officers and members who had really worked hard from planning, food preparation/cooking, selling of raffle tickets, and restoration. Thank you for all your continued support.

 

 

Of course Santa Claus came to children!!

 

 

 

 

A portion of the raffle proceeds goes to our beneficiary, the CFC Gawad Kalinga Cornerstone South Sector’s educational program.
It was indeed a rewarding and a successful event. To God be the glory. The party ended at around 4:30 pm.




 |  |  |  |

クリスマスは喜び祝うときであり、これまでにない新たな見方で世界を見つめるときです。
わたしたちの周りには、イエス様がどのようにベツレヘムでお生まれになったかを思わせる見える「しるし」がいくつもあります。
キリスト降誕の情景は、わたしたちの教会の中でも見られますが、(聖ミカエル)幼稚園教会学校で行われるクリスマス聖劇でも、また、町でクリスマスキャロルを歌って礼拝するように、よく見られる光景です。このような目に見える「しるし」が、神さまがわたしたちとともにいて、わたしたちの光となってくださることを、改めて見いだすのに役立っているのです。

イエス・キリストは、降誕の光でわたしたちを照らし、告げます。『わたしだ。恐れることはない。』(ヨハネ6:20) 『見よ、わたしはいつもあなたがたと共にいる、世の終わりまで。』(マタイ28:20)どんなに深い暗闇がわたしたちをおおうとも、わたしたちは恐れない、預言者イザヤを通して言われていますから。『暗闇に住む民は大きな光を見、死の陰の地に住む者に光が射し込んだ。』(マタイ4:16) 『わたしを信じる者が、だれも暗闇の中にとどまることのないように、わたしは光として世に来た。』(ヨハネ12:46) こう言ったのは、わたしたちの主イエス・キリストの光です。
聖マタイの福音書はまた、預言者イザヤのことばも思い出させます。『見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。この名は、「神は我々とともにおられる」という意味である。』(マタイ1:23)
アレクサンドリアの聖キュリロスが言ったとする預言があります。
『神はまことにわたしたちと同じ姿で現れ、わたしたち人間を聖なるものとした。』
神はわたしたちとともにいるが、わたしたちは神とともにいるか?神はわたしたちに似たものとなられたが、わたしたちは神に似たものとなったか? 神はわたしたちのところに来たが、わたしたちは神のもとに帰って行ったか?
神学者聖グレゴリオはわたしたちに賞賛を喚起しています。『キリストがお生まれになった、さあ神の栄光をたたえよう。キリストが天からくだった、さあ会いに出かけよう。キリストが地上に来られた、さあ高く上げよう。』
わたしたちとともにおられる神、平和を与えてくださる神、それはわたしたちの理解を超えていますが、『わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える。わたしはこれを、世が与えるように与えるのではない。心を騒がせるな。おびえるな。』(ヨハネ14:27)と話されるかたこそ、神なのです。

クリスマスは新しい想いを巡らすためのときです。神様の未来が聖霊の力によってこの世に生まれて来て、わたしたちに平和をもたらしてくれるのだと想像できますか?
わたしたちの社会も自分たちのいのちも新しくなるときが、思ったより早く来るかもしれません。イエスさまが来られるのを大きな喜びと晴れやかな気持ちで歓迎しましょう。

皆さん、クリスマスおめでとう、そして実り多い新年でありますように!

 

 


 

 

Christmas

A Time to Rejoice and for a New Imagination

 

 

Christmas is a time to rejoice and look at the world with fresh eyes. We see signs all around that remind us how Jesus was born in Bethlehem.
Nativity scenes are seen inside our church, in our Kindergarten Christmas drama, Church Sunday School Christmas drama and at community carol services. These are signs that help us discover God with us and God as our light.

Jesus Christ shines upon us with the light Of His birth and tells us, It is I; do not be afraid.” (John 6:20);  “Lo, I am with you always, even to the end of the age.” (Matthew 28:20)。
No matter how profound the darkness surrounding us is, we don’t fear, for the Prophet Isaiah has prophecied,  “The people who sat in darkness have seen a great light, and those who sat in the region and shadow of death, light has dawned.” (Matthew 4:16).  It is the light of Our Lord Jesus Christ, who said, ”
I have come as a light into the world, that whoever believes in Me should not abide in darkness.”(John 12:46).

The Gospel of St.Matthew reminds us also of the prophecy of Prophet Isaiah that says, “Behold, the virgin shall be with child, and bear a Son, and they shall call His name lmmanuel, which is translated, ‘God with us’.” (Matthew 1:23). This prophecy as St.Cyril of Alexandria puts it,” is that truly He is like us and that He sanctified our human nature.” God with us, but are we with
Him? God became like us, but have we become like Him? He has come to us, but have we returned to Him? Ste Gregory the Theologian challenges us, “
Christ is born, let us glorify Him. Christ from heaven, let us go out to meet Him.Christ from earth, lot us exalt Him.”

God with us, for He grants us His peace, which surpasses all understanding and He is the One saying, “Peace I leave with you, My peace l give to you; not as the world gives do l give to you. Let not your heart be troubled, neither let it be afraid.”(John 14:27)”.

Christmas is the time for a new imagination.
Can we imagine that God’s future is coming to birth by the power of the Holy Spirit and granting us peace? The renewal of our society and our own lives may be nearer than we thought. Let us
welcome Jesus’ coming and greet it with great joy and gladness.

 

MERRY CHRISTMAS and A PROSPEROUS NEW YEAR TO ALL

 

 

主任司祭  PARISH PRIEST
フィリップ・ボニファチオ神父
Fr. Philip llio Bonifacio, SSC