本日、11月2日は、死者の日とされ、亡くなったすべてのキリスト者を記念します。

わたしたちは生者と死者を問わず万人との連帯関係にあり、その連帯関係は聖徒の交わりを土台としています。「聖徒の交わり」とは、「聖なるものの分かち合い」と「聖なる人々の交わり」という意味を持ち、聖徒たちの交わりが、まさに教会なのです。すべての罪はこの交わりを損なうものです。
教会はキリスト教の初期の時代から、死者の記念を深い敬愛の心をもって尊び、死者のための祈願をもささげてきました。死者のためのわたしたちの祈りは、死者を助けるだけでなく、死者がわたしたちのために執り成すのを有効にすることができるのです。

引用 死者の日 カトリック中央協議会

 

 

松戸教会では、午前10時半から、ミサが行われました。

 

ことばの典礼…

 

 

第1朗読 ローマの信徒への手紙 8章31b~35、37~39節
福音朗読 ヨハネによる福音書 6章37~40節

 

 

そして、お説教。
お説教のなかでフィリップ神父様は、信仰を持つ私たちですら、永遠の命という希望を持てない時がある。しかし、聖パウロは『希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。(使徒パウロのローマの教会への手紙5章5節)』と仰っている。
今日のミサの中で、私たちが、亡くなった方々と、ともに天の国に祈りましょう。」と仰られました。

 

 

 

 

 

記念唱のなかで、多くの亡くなられた方々へ、心を合わせて祈りを捧げました。

平日にもかかわらず、多くの方々が集い、ミサに与りました。

 

 

 

 

11月は死者の月です。

死者の記念を深い敬愛の心をもって尊び、死者のための祈願をもささげましょう。