|  |  |  |

ヨゼフ会主催の勉強会(2017年度 第1回)が8月19日 15:00から17:00まで開催されました。

中央協議会のイグナシオ神父様(グアダルベ宣教会)にお越しいただき、カトリック教会における共同体性について考えるシリーズの第1回目として、「聖書に見られるカトリック教会の共同体性」という題で講義をしていただき、そのあと分かち合いを行いました。参加者は30名でした。

講義風景です。みなさん真剣に聞き入っています。

今回は主に旧約聖書における共同体性についてお話をいただきました。

最初に、集団、団体と共同体の違いについてご説明いただきました。集団はただの集まりであるのに対して、団体はある目的に向かってまとまった集団であると言えます。団体では一人、一人の個性は重要でなく、役割のために個性をなくすことを求められます。一方、共同体は団体と同じようにある目的に向かう集団ではありますが、目的を達成するために一人、一人が大事になります。そのために一人、一人の違いも大切になります。

次に、教会について、ご説明いただきました。教会はEcclesiaです。Ecclesia(エックレーシア)はギリシャにおける民会をあらわす単語です。一方、聖書における教会の意味は神の呼びかけによって呼び集められた人々(信者)とその集会のことになります。

そして、旧約聖書における共同体性の説明に移りました。「神の民」「12部族」「約束の地」「律法」「儀式」「救いの歴史」「契約」の7つのキーワードを元に、わかりやすく説明していただきました。

最後にグループに分かれて、学んだことの分かち合いを行い、まとめてグループごとに発表しました。その後、神父様に全体をまとめていただき、勉強会が終了となりました。

共同体性をキーワードとして、教会の本質について神父様に大変わかりやすく説明していただき、たいへんよい勉強会となりました。(参加いただいた皆さんからもそのような声を多く寄せていただきました。)次回はいよいよ新約聖書での説明となります。第2回からの参加も歓迎です。より多くの皆さんの参加をお待ちしております。

次回は10月28日の開催となります。

詳細はまた追って、ホームページでもお知らせいたします。




 |  |  |  |

本日、午前11時より、東葛飾宣教協力体(豊四季亀有・松戸)の平和を願うミサが、豊四季教会で豊四季教会の立花神父様、亀有教会の松田神父様、そして、松戸教会のフィリップ神父様の共同司式で行われ、松戸教会からも多くの信徒が参加しました。

 

 

集会祈願

正義と平和の源である神よ、あなたは争いを憎み、思い上がる者を打ち砕かれます。世界を悪の力から守り、苦しみと涙をわたしたちから取り除いてください。すべての人が、あなたの子どもとして平和のうちに生きることが出来ますように。
聖霊の交わりのなかで、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエスキリストによって。

 

 

 

福音朗読は、亀有教会の松田神父様によって行われました。

 

 

第1朗読 エフィソの信徒への手紙 2章14~22節
福音朗読 マタイによる福音書 5章1~12節

 

 

松田神父様によるお説教。

 

 

 

共同祈願は、3教会のメンバーがそれぞれ1つずつ唱えました。

4番目の意向として、平和のための祈り2017を唱えました。

平和のための祈り 2017 / Prayer for PEACE

主イエス・キリスト、
あなたは父である神のもとに帰るときに弟子たちに言われました。
「わたしはあなたがたに平和をのこし、わたしの平和をあなたがたに与える。」
どうかわたしたちに聖霊を豊かに注ぎ、平和のために働く使徒として働くための力をお与えください。
わたしたちの間から、人への敵意、憎しみ、恨み、無理解を取り去り人を赦し受け入れ理解し、大切にする心をお与えください。
現代世界に存在する対立と紛争、差別と人権侵害、環境破壊、殺戮を終らせるためにまた病気、障がい、貧困、孤独などで苦しんでいる人々を理解し助けるために、わたしたちに知恵と理解、判断と勇気の恵みをお与えください。
わたしたちがいろいろな問題と課題に力を合わせて立ち向かうことができるよう、どうかわたしたちを聖霊で照らし導き励ましてくださいますように。
この願いを聖母の取次によって献げます。
アーメン

 

 

 

そして、聖変化…

 

 

 

 

1つの宣教協力体として、お互いに平和の挨拶を交わします。

 

 

 

そして、ご聖体を拝領します。土曜日の午前中にもかかわらず、多くの方が参加されたことが分かります。

 

 

 

ミサ後、懇親会が行われました。
準備や片づけなどしてくださった豊四季教会のみなさん、ありがとうございました!

 

 

「正義と平和」について考える良い機会になったと思います。
この期に、もう1度、世界中で笑顔が生まれるように、「平和」が広がるように…キリスト者として行動できるように願い、祈りましょう。