|  |  |  |

主の平和

みみずの会です。
この会は月2回、第1第3火曜日の午後1時くらいから教会のお庭の手入れをしているグループです。

 

最近暑いですね。さすがの暑さに8月は、みみずの会もお休みです!
そう、本当に暑い…台風が来ているせいか湿気もすごくて汗が止まりません。
それにしても、このあいだ、被害を受けた九州の方々が何もないといいのですが…
被災した地域出身の方が松戸教会にも何人かいたり、一昨年司牧実習でいらしていた船津神学生や、今年お世話になっている李助祭も福岡教区からいらしています。
被災した方々のためにお祈りが出来ればと思います。

 

さて、スロープ沿いに、ホンアマリリス(ベラドンナリリー)が咲きました。
ベラドンナリリーは、ホンアマリリス属の植物です。通常、アマリリスというと、春に咲くヒッペアストラム属をイメージしますが、本種が本当のアマリリスという意味でホンアマリリスという和名がついています。
花言葉は、「ありのままの私を見て」です。
神様は、ありのままのわたしを愛して下さります。が。。。ありのままの私って、実は自分が思っている姿とはだいぶ違う事が多いですよね…本当の自分、裸の自分って…もう自分ですら気づかないものなのかもしれませんよね。

 

百日紅(サルスベリ)も満開です!

サルスベリの花言葉「雄弁」は、枝先に群がり咲くサルスベリの華やかな咲きっぷりに由来するといわれます。また、枝をこすると葉や花が揺れ、盛んに話しているようにみえることから「雄弁」の花言葉がついたともいわれているそうです。

 

それにしても…夏休みが明けて最初の作業が大変そう…。
もし土いじりをしてみたい!という方がいたら一緒にしてみませんか?お手伝いして下さる方は、是非みみずの会メンバーに声をかけてくださいね!

作業後のお茶とお茶菓子は最高ですよ!




 |  |  |  |

いよいよ、2017年度錬成会が11日から行われます。

 

昨年の錬成会終了後から企画をたてはじめ、今年に入ってから、リーダー達は、毎週のように遅くまで教会に残り、安全に、なおかつ、最高の錬成会にすべく、準備を重ねてきました。

 

今回の下見は、某リーダーの一人旅!
首都高でいきなり事故渋滞にあったり…

 

遠くに見える富士山にテンションを上げたり…

 

富士の樹海で…ビックリするような出会いがあったり…

 

富士山登山にかるーくチャレンジしてみたり…

 

サレジアンシスターズの山中修道院を訪問したり…

 

もちろん、宿泊施設である山中サレジオ山荘のチェックも…

 

お祈りに最適な場所を見つけました。ここで静かに「1人で1,2時間お祈りの時間をとってもらう」のもいいかもですねぇぇぇ

 

 

 

錬成会が近づくにつれ、帰宅する時間は夜遅くになっていきました。
企画に必要な準備のためにみんな一生懸命!

 

将来リーダーになるサブリーダーにも指導しながら…子どもたちに楽しんでもらうために頑張ります!

 

今回の錬成会のしおりと歌集!
それぞれのリーダーの特技を活かしつつ、みんなで作りました!

 

 

もちろん、子どもたちのために激論を交わすこともありました!すべては子どもたちのためです!

 

 

8月6日には、リーダーたちで総決起集会を行いました!

 

しかし、ここであるリーダーのお箸が折れるという…不吉な事が…

き・きっと、錬成会で何か起こる代わりに、お箸が犠牲になってくれたのだと思います。。。。

 

 

そして、一昨年昨年度の錬成会の総監督から、今回、総監督になるリーダーへの引継ぎ式も行われました。
前総監督が言ったように「神様を信じて、仲間を信じればきっと大丈夫」ですから、子どもたちのために頑張ってください!!

 

前監督から、教会学校の十字架を受け取ります。
今回の十字架には、扶助者聖マリアの御絵が描かれています!

 

 

これできっと大丈夫なはず……

後は、今年の夏、子どもたちにとってこの練成会が最高の思い出になるように神様にお祈りします!
みんな金曜日に元気に集まってください!




 |  |  |  |

松戸教会では、毎月第1週の主日のミサのなかで、その月に誕生日を迎えられる方々の祝福を行っています。

 

今月は、本日・主の変容の祝日のミサのなかでフィリップ神父様にお祈りを唱えて頂き、灌水して、祝福して頂きました。

午前8時からのミサ

 

午前10時半からのミサ

 

ミサに与った方々からも祝福の拍手が送られました。
8月生まれの皆さま、お誕生日おめでとうございます!




 |  |  |  |

ワックスがけの終了後、暑気払いが行われました。
鉄板焼き用のお肉や焼きそばを台所で用意し、鉄板で焼いていきます!

 

 

会が始まる前に、今病気を療養されている小川神父様や信者の方々のために、祈りを捧げました。

フィリップ神父様のお導きで、アヴェマリアの祈りを10回唱えた後、病人のための祈りを唱えました。

病人のための祈り

神よ、御ひとり子は、
すべての人の弱さと貧しさをご自分の肩に背負われ、神秘に満ちた苦しみの価値を、わたしたちに示してくださいました。
病に苦しむ兄弟姉妹(小川神父様)を、祝福してください。
不安と苦しみの中にあって、孤独に打ちひしがれることがありませんように。
心と体をいやしてくださる主イエス・キリストに結ばれて、苦しむ人々に約束されているあなたの慰めと励ましを得ることができますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって。
アーメン。

 

 

祈りをささげた後、地下ホールに移動し、懇親会のスタートです。

会長から挨拶があり、乾杯!

 

暑い中、ワックスがけに参加したメンバーがお互いの健闘を讃え、また、懇親を深めます。

 

会の最後に、長老の方々からお話を伺いました。
キリスト者の先輩として、人生の先輩としてのメッセージを頂きました。

 

 

今回は、暑い中、多くの方々に集まって頂き、ありがとうございました。
9月には、錬成会も行われます。(昨年の錬成会)錬成会の方にも是非ご参加ください。

 

松戸教会所属の成人男性信徒は、みなさん、ヨゼフ会に入会出来ますので、是非、多くの方に入会して頂き、ご一緒に今後も様々な活動を行いたいと考えています。たくさんの方々の入会・ご参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

本日、午前10時から聖堂のワックスがけを行いました。
昨年度から、四旬節、待降節の大掃除で行っていたワックスがけを、夏の暑い時期に行う事となり、ヨゼフ会の年間活動となりました。

 

御聖堂グループです。
長イスを移動し、ワックスがけを行います。

 

 

こちらは、地下ホールグループです。
机やソファなど様々なモノを外に出し、ワックスがけを行います。

 

 

多くの方々に集まって頂き、無事予定通りお昼頃にはワックスがけを終わらせることが出来ました。
来年以降も続けることになると思います。その際には、よろしくお願い致します。