先週新年度の始業式を迎えた教会学校、
新年度2回目の今日もたくさんの子どもたちが集まってくれました!
最初は「教会学校・はじめの祈り」を唱えてスタートです。

今日は歌の練習もしました!
「マラナタ」という曲です。
「マラナタ」ってどういう意味でしたっけ?「主よ来てください」ですね。

一通り歌い終わったところでリーダーから質問です。
「教会の暦でいまは何節ですか?」
…答えは、復活節ですね!
復活節は、イエス様の御復活をお祝いする季節です。
マラナタの2番に「主の復活を 讃え」という歌詞がありますね。
ハッピーな気持ちで、イエス様が一緒にいる気持ちで歌いましょう!

もう一回、一番だけ歌って歌の練習を終わりにしました。

 

さて…今日はお祈りの勉強をします!
まずはお祈りするときの姿勢を教わりました。

御聖堂では、前の席の背もたれに手をついたりよっかかったりしてはいけません。
手を合わせるときは、指先を上に向けてください。
疲れてくると、指先が前を向いて、手が下がって来ちゃいますね。気をつけましょうね。

ミサでは、「感謝の賛歌」から「主の祈り」までは絶対に手を合わせましょう。
でも教会学校で勉強している皆は、出来るだけずっと手を合わせていられるようにしましょう。
みんなで立って、お祈りするときのポーズをやってみました。

 

さて、つぎはお祈りする前にいつもやる「十字のしるし」を勉強しました。
2人組を作って、十字のしるしを教え合いました。年上のひとが年下の子に教えてあげます。
頭、お腹、左肩、右肩の順番ですよ!

みんなちゃんと出来ましたか?
ここで、助祭が十字のしるしを丁寧に教えてくれました。
「十字のしるしをするとき、左手は、胸におきます。」
そして皆で一緒に十字を切りました。
綺麗に出来ましたね!

 

十字のしるしはクリスチャンにとって一番大事です。
十字のしるしの意味は「十字架」と、もう1つあります。
さて、なんでしょうか…?

ちょっと難しい質問でしたね。
十字は、上(頭)は神様とイエス様、下(お腹)は自分、横(左肩と右肩)は他の人たちを意味していて、
みんな繋がっているということを意味しています!

では、「父と子と聖霊のみ名によって…アーメン」の「アーメン」はどういう意味かな?
「確かにその通りです」という意味ですね。

 

次に、「主の祈り」を唱えてみます!
上級生にひとりで、何も見ずに、唱えてもらいました。

主の祈りは、イエス様が教えてくれた唯一のお祈りです。
特別で、大切なお祈りだから、絶対覚えてね。
ミサの中では、大きな声で歌ってくださいね!
みんなで声を合わせて唱えました。

 

さて…
「主の祈り」の「天におられる私たちの父よ」の「父」って誰でしょうか?
誰か、「ヨセフ様!」と答えてくれましたが…?
他の人が「神様」と答えてくれました。
「神様だと思う人…!」

その通りですね。
神様に話しかけているのだと思ってお祈りしましょう。

 

次は「アヴェ・マリアの祈り」です!
アヴェ・マリアの祈りは、誰の言葉か知っていますか?
誰が誰に言った言葉でしょうか?

クリスマスの聖劇でガブリエルを演じた女の子が正解しました!
そう、ガブリエルがマリア様に言った言葉です。
クリスマスのお話で、ガブリエルがマリア様に「お腹にイエス様がいますよ」と伝えに来たときに言った言葉が、お祈りになっています。

「アヴェ・マリアの祈り」は、ロザリオの祈りのときにいっぱい唱えますね。
ロザリオの祈りをする時、自然に唱えられて、頭では違うことをお祈りできるくらいにちゃんと覚えて下さい!

みんなで声を合わせて唱えてみました。

「主の祈り」か「アヴェ・マリアの祈り」は教会学校の終わりに唱えるので、しっかり覚えてくださいね!

次に「栄唱」です。短いけれど難しい言葉が出てくるから、意外と覚えにくいです。
ロザリオの祈りのとき、最後に唱えます。

皆で声を揃えて唱えてみました。

いま初聖体のクラスを受けているみんなは、この3つのお祈りを覚えて教会学校に戻ってきます!
初聖体クラスのみんなに負けないように、皆も頑張ってくださいね!

最後に3つのお祈りを続けて唱えてみます!
右手を出して、「父と子と聖霊の御名によって アーメン」

みんな「主の祈り」「アヴェ・マリアの祈り」「栄唱」しっかり唱えられましたね。

今日はこれでおしまいです!最後は「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて終わりました。
来週は毎年恒例のビデオを観ます!
元気に集まってくださいね!