|  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を偶数月第2週に行っています。
(2月から松戸教会での「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」は、偶数月のみとなりました。)

 

今日は枝の主日で枝の式を行うため、いつもより奥で販売となりました。
2か月ぶりという事もあり、待ちわびていた方々が、大勢いらっしゃいました。

 

 

● 今月のおすすめ品

いちご(とちおとめ)

とちおとめは糖度が高めでほどよい酸味を持ちます。また、果汁が豊富で果実がしっかりしているので比較的日持ちがよいのも魅力です。
今の時期のいちごは、成長が遅い分、甘さが凝縮されているそうです。
全開よりも大きないちごですね。次回に来るときにはもうお目にかかれなさそうです。来年、お待ちしています!

 

 

有機野菜

春野菜が並びます。
かぶら菜は、松戸教会でも人気の野菜です。一番下の写真は、小松菜の花なのですが、市場には出回らず、農家の方々が収穫して食べる事が多いそうです。
新鮮な旬の野菜を楽しめるのも即売会ならではですね!

 

 

花月堂花屋さんの揚げ饅頭

大人気の「あだたら山の揚げまんじゅう」
わざわざ車で来て、購入される方も。
実は、季節ものです。暑い時期は販売していません。もしかしたら、次回はお目にかかれないかも…

 

 

 

次回は、6月第2週、6月11日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

昨日、4月8日(土)から福岡教区から、今年1月17日(火)10時からテグ大司教区の泛漁(ポモ)準司教座教会での助祭叙階式にて叙階されたイ・ハヌン助祭が松戸教会に司牧実習でいらっしゃいました。

 

松戸教会での初めての福音朗読は、受難の主日のなかの入城の福音朗読(マタイによる福音書 21章1~11節)でした。

 

そして、松戸教会での初めてのお説教。

 

 

聖体拝領後、フィリップ神父様よりご紹介があり、ご挨拶を頂きました。

 

 

土曜日には、フィリップ神父様(と、神父様のお客様)にもご参加頂き、青年達でささやかな歓迎の食事会が開かれました。

 

来年の1月までの短い期間とはなりますが、どうぞよろしくお願い致します。




 |  |  |  |

今日は、四旬節最後の主日である受難の主日(枝の主日)です。
松戸教会では、午前8時、そして、午前10時半からミサが行われました。

 

受難の主日(枝の主日)は、信者がそれぞれに枝を持ち、行列をして受難の道に入ったことを思い出す典礼です。(ユダヤ人の)過越祭に合わせ、主イエスがエルサレムに入ったことをを記念して行われます。
その際、多くの群集が、子ロバにまたがって入城するイエス様を群集が衣服や枝を持ち、歓呼を持って迎えます。(しかし、その数日後、その群衆は、イエス様を「十字架につけろ!」と叫びます。)

今日から、典礼暦の頂点である聖週間が始まります。

 

 

今日は、雨が降っていましたので、駐車場ではなく、地下ホールで用意された枝を受け取り、聖堂へと向かいます。

 

 

 

 

午前10時半からのミサでは、まず、「枝の式」が行われます。
信徒は、地下ホールで、フィリップ神父様を待ち、交唱を歌い、神父様をお迎えします。

 

 

そして、枝の式が始まり、枝を持った会衆を祝福する祈りが唱えられます。

 

そして、フィリップ神父様が枝(棕櫚の葉)を祝福をします。

 

 

 

そして、入城の福音朗読が行われます。

 

福音朗読 マタイによる福音書 21章1~11節

 

 

 

 

福音朗読後、枝の行列を行いました。

「ダビテの子」を歌いながら、地下ホールから階段を登り、入堂します。

 

入堂の際には、祭壇や十字架に献香します。

 

そして、会衆が到着するのを待ちます。

 

そして、集会祈願を唱え、ミサが開祭します。

そして、ことばの典礼が行われます。

 

詠唱は、今日は少し長めのものが歌われます。

 

 

そして、受難朗読が始まります。
ご受難の朗読(福音朗読)は、神父様(イエス様)と朗読者2人(第1朗読者;語り手、第2朗読者:その他の登場人物)と会衆全員(群衆)で行います。

 

イエス様が亡くなられる箇所では、頭を下げて、しばらく沈黙のうちに祈ります。

 

 

第1朗読 イザヤの預言 50章4-7節
第2朗読 使徒パウロのフィリピの教会への手紙 2章6~11節
受難朗読 マタイによる主イエス・キリストの受難 27章11~54節

 

 

 

いよいよ聖週間が始まりました。
聖週間の祭儀に出来るだけ参加し、キリストの過越の神秘に感謝しましょう。