|  |  |  |

先週新年度の始業式を迎えた教会学校、
新年度2回目の今日もたくさんの子どもたちが集まってくれました!
最初は「教会学校・はじめの祈り」を唱えてスタートです。

今日は歌の練習もしました!
「マラナタ」という曲です。
「マラナタ」ってどういう意味でしたっけ?「主よ来てください」ですね。

一通り歌い終わったところでリーダーから質問です。
「教会の暦でいまは何節ですか?」
…答えは、復活節ですね!
復活節は、イエス様の御復活をお祝いする季節です。
マラナタの2番に「主の復活を 讃え」という歌詞がありますね。
ハッピーな気持ちで、イエス様が一緒にいる気持ちで歌いましょう!

もう一回、一番だけ歌って歌の練習を終わりにしました。

 

さて…今日はお祈りの勉強をします!
まずはお祈りするときの姿勢を教わりました。

御聖堂では、前の席の背もたれに手をついたりよっかかったりしてはいけません。
手を合わせるときは、指先を上に向けてください。
疲れてくると、指先が前を向いて、手が下がって来ちゃいますね。気をつけましょうね。

ミサでは、「感謝の賛歌」から「主の祈り」までは絶対に手を合わせましょう。
でも教会学校で勉強している皆は、出来るだけずっと手を合わせていられるようにしましょう。
みんなで立って、お祈りするときのポーズをやってみました。

 

さて、つぎはお祈りする前にいつもやる「十字のしるし」を勉強しました。
2人組を作って、十字のしるしを教え合いました。年上のひとが年下の子に教えてあげます。
頭、お腹、左肩、右肩の順番ですよ!

みんなちゃんと出来ましたか?
ここで、助祭が十字のしるしを丁寧に教えてくれました。
「十字のしるしをするとき、左手は、胸におきます。」
そして皆で一緒に十字を切りました。
綺麗に出来ましたね!

 

十字のしるしはクリスチャンにとって一番大事です。
十字のしるしの意味は「十字架」と、もう1つあります。
さて、なんでしょうか…?

ちょっと難しい質問でしたね。
十字は、上(頭)は神様とイエス様、下(お腹)は自分、横(左肩と右肩)は他の人たちを意味していて、
みんな繋がっているということを意味しています!

では、「父と子と聖霊のみ名によって…アーメン」の「アーメン」はどういう意味かな?
「確かにその通りです」という意味ですね。

 

次に、「主の祈り」を唱えてみます!
上級生にひとりで、何も見ずに、唱えてもらいました。

主の祈りは、イエス様が教えてくれた唯一のお祈りです。
特別で、大切なお祈りだから、絶対覚えてね。
ミサの中では、大きな声で歌ってくださいね!
みんなで声を合わせて唱えました。

 

さて…
「主の祈り」の「天におられる私たちの父よ」の「父」って誰でしょうか?
誰か、「ヨセフ様!」と答えてくれましたが…?
他の人が「神様」と答えてくれました。
「神様だと思う人…!」

その通りですね。
神様に話しかけているのだと思ってお祈りしましょう。

 

次は「アヴェ・マリアの祈り」です!
アヴェ・マリアの祈りは、誰の言葉か知っていますか?
誰が誰に言った言葉でしょうか?

クリスマスの聖劇でガブリエルを演じた女の子が正解しました!
そう、ガブリエルがマリア様に言った言葉です。
クリスマスのお話で、ガブリエルがマリア様に「お腹にイエス様がいますよ」と伝えに来たときに言った言葉が、お祈りになっています。

「アヴェ・マリアの祈り」は、ロザリオの祈りのときにいっぱい唱えますね。
ロザリオの祈りをする時、自然に唱えられて、頭では違うことをお祈りできるくらいにちゃんと覚えて下さい!

みんなで声を合わせて唱えてみました。

「主の祈り」か「アヴェ・マリアの祈り」は教会学校の終わりに唱えるので、しっかり覚えてくださいね!

次に「栄唱」です。短いけれど難しい言葉が出てくるから、意外と覚えにくいです。
ロザリオの祈りのとき、最後に唱えます。

皆で声を揃えて唱えてみました。

いま初聖体のクラスを受けているみんなは、この3つのお祈りを覚えて教会学校に戻ってきます!
初聖体クラスのみんなに負けないように、皆も頑張ってくださいね!

最後に3つのお祈りを続けて唱えてみます!
右手を出して、「父と子と聖霊の御名によって アーメン」

みんな「主の祈り」「アヴェ・マリアの祈り」「栄唱」しっかり唱えられましたね。

今日はこれでおしまいです!最後は「アヴェ・マリアの祈り」を唱えて終わりました。
来週は毎年恒例のビデオを観ます!
元気に集まってくださいね!




 |  |  |  |

Today, A Michikoto United’s 3rd year bowling tournament was held at Tokiwadaira Bowling Center from 10:00 am to 4 pm.

The excited players started coming in as early as 9:15 am at the bowling center to do some warming-up games. We gathered at around 10:15 am.

 

 

The bowling tournament was finally opened with a welcome address and a few reminders given by our chairman, Engr. Pex Aguilar and the invocation by their Adviser, Fr. Philip Bonifacio, SSC.

 

We were given a five-minute free throwing of ball for practice and the tournament begun. The group was divide into three categories, Team A (the serious players), Team B (Playing for fun) and Team C (kids).

 

 

The games finished around 12:30 noon and we proceeded to the 21 Seki Mori no Koen to have a picnic lunch and some fun games.

 

 

The fun games were prepared by each community;Koiwa was the first facilitated their game, ” Ballon Relay “, followed by “Michikoto game” ; Matsudo facilitated the “centepede game” and Toyoshiki had the “milk drinking” contest. It was so much fun.

 

 

After the fun games,we moved to announcing the winners and here is the result;

Champion 👑 is Matsudo Team with 2,400 score

followed by the 1st placer Ichikawa Community with a score of 2,386; 2nd place goes to Koiwa community with a score of 2,291 score and the 3rd placer goes to Toyoshiki community with a score of 2,291.

Congratulations to all!

 

TEAM A(the serious players): 2 games

  1. 1. Top Scorer (male)- 314
    Henrick Magpayo
  2. Top Scorer (female)- 280
    Liza Cordero
  3. Best Striker (male)- 7 strikes
    Henrick Magpayo
  4. Best Striker (female)- 7 strikes
    Marites Lisondra Fujimura

 

TEAM B (Playing for fun) :2 games

  1. Top Scorer- 303
    Jovie Palacio
  2. Best Striker – 9 strikes
    Jovie Palacio
  3. Most gutter –
    Masami Kobayasi
  4. Lowest Score
    Masami Kobayashi
  5.  Most Splits
    Cherry Jitsukawa

 

TEAM C  (Kids 3-10 years)

  1. Top scorer- 163
    Rei-an Acido(11-15)
  2. Top Scorer – 243
    Shinji Fujimura
  3. Best Striker- 6 strikes
    Shinji Fujimura
    Chat Conversation

Congratulations to all.

 

 
There were 79, parishioners of which 10 are students who joined the bowling tournament.

The event ended at around 3:30 pm with a closing remarks from our adviser and some reminders of our other upcoming events.
The weather was so good and everybody had a great fun time with everyone.

 

 

FICT(Toyoshiki group)

 

KCIC(Koiwa group)

 

EMC(Ichikawa group) 

 

MCCIC(Matsudo community) 

 

MICHIKOTO United (All member!!)

 

 

We would like to thank the leaders of the four communities, Matsudo-MCCIC, Maria Ruena Aguilar; Ichikawa-EMC- Marve Furukawa; Koiwa-KCFC, Philip Bombeo and Toyoshiki-FICT, Rowena Ito. for their continued support and cooperation.

We also thank Fr. Philip Bonifacio,SSC for his presence and support and we thank God for all the blessings we received.




 |  |  |  |

 

5月14日(日)午前9時15分から、「初めて教会に来てキリスト教について知りたい方」、「洗礼を希望する方」、または、「もう一度基礎から学びたいと望む信徒」を対象に、集会室B/Cにて、新年度のキリスト教入門講座が始まります。

 

今年度は、「キリスト教とは何か(ペトロ・ネメシェギ著)」をベースに、愛徳カルメル修道会のシスターやカテキスタと共に、「キリスト教とはいったい何であるか」、「キリスト教の本質とは何であるか」、「自分にとってキリスト者であるということの意味は何か」を、丁寧にゆっくりと学んでいきます。

 

入門講座に関する詳細は、こちらから確認ください。

 

 

受講料などは、一切頂いておりません。
(筆記用具とノートなどは、各自ご持参ください)

 

洗礼に与りたいとお考えの皆さんは、1年をかけて勉強し、1月頃、洗礼に与る意志があるか確認致します。

 

その後、以下のようなスケジュールで洗礼に与る事になります。

2018 四旬節第1主日(洗礼志願式)

2月18日
2018 復活徹夜祭(洗礼式)

3月31日

 

 

なお、現在、平日クラスも検討しています。
決定次第、当ホームページにてお知らせいたします。




 |  |  |  |

各講座・勉強会の再開のお知らせです。

 

キリスト教入門講座 講師:松戸教会 カテキスタ グループ

  • キリスト教入門講座に関しては、こちらをご覧ください。

 

「福音の喜びを味わう」(水曜日) 講師:フィリップ神父

  • 5月10日(水)から再開。

 

主日のミサの朗読箇所の勉強会(木曜日) 講師:フィリップ神父

  • 5月11日(木)から再開。

 

李助祭の勉強会

  • 5月13日(土)からスタート。

 

参加費・受講料は、いずれの講座・勉強会も頂いておりません。
筆記用具をご持参のうえ、お越しください。

多くの方々のご参加をお待ちしています。
よろしくお願い致します。




 |  |  |  |

本日、午前10時から、聖体礼拝会の会のミサと聖体賛美式が行われました。
聖体礼拝の会は、会員の増加に伴い、典礼センターピエタから松戸教会に場所を移し、月1度(原則第4週)休むことなく続けられてきた毎月休む事なく行い続け、今月35周年を迎えました。

 

そのため、会員以外にも多くの方々が参加し、お祝いしました。

 

 

 

本日の聖体礼拝の会は、まずミサが行われました。

 

ことばの典礼

 

 

第1朗読 使徒言行録 5章27~33節
福音朗読 ヨハネによる福音書 3章31~36節

 

そして、お説教…

フィリップ神父様は、お説教のなかで「今日の福音書の箇所(ヨハネによる福音書 3章31~36節)が示すように、神様の愛がご聖体に現れている事、そして、そのご聖体を賛美、礼拝する事の大事さを理解するように呼び掛けられました。

 

 

 

共同祈願では、聖体礼拝の会をご指導くださっているパウロ家族の師イエズス修道女会のシスターが聖体礼拝の会への祈りを唱えてくださいました。

 

次に、この5年間に亡くなられた会員の名前が読み上げられ、その方々のために祈りを捧げ、35周年を迎えることが出来た事に感謝の気持ちが捧げられました。

 

そして、今月祝日(や記念日)がある聖人から霊名を頂いた方々の為に祈りが捧げられます。

 

最後に、入院中の会員達のために祈りを唱えられました。

 

 

聖体拝領

35周年記念ミサを祝うために多くの方々がミサに与りました。

 

 

 

 

 

 

ミサ閉祭後、フィリップ神父様が退堂された後、聖体賛美式が行われます。

 

聖体賛美式とは、「パンのかたち」の聖体を顕示して、礼拝し、祝福を受ける儀式です。

「聖体の顕示と賛美式は、聖体に現存されるキリストをたたえ、聖体礼拝 によって最高度に実現したキリストとの一致を味わい深めるものであるから、霊と真実のうちに神にささげるべき礼拝にとって大きな助けとなる。」

「ミサ以外のときの聖体拝領と聖体礼拝」より

 

 

まず、フィリップ神父様が入堂され、ご聖櫃の鍵を開け、ご聖体をオステンソリウム(聖体顕示台)に入れます。

 

そして、ご聖体に献香し、会衆とともに沈黙での祈りを捧げられます。

祈りの後、フィリップ神父様は退堂され、会衆は、5分ほど黙想し、その後、祈りを唱え、更にロザリオを1環を唱え、最後に司祭のための祈りを捧げました。

そして、フィリップ神父様が再度入堂され、ご聖体に献香されます。

 

 

そして、ご聖体による祝福が行われます。

 

ご聖体による祝福が終わると、賛美の祈りが捧げられます。

 

ご聖体をオステンソリウム(聖体顕示台)から、ご聖櫃へと戻されます。

 

 

最後に、終わりの歌として「サルヴェ・レジーナ」を歌われました。

 

 

 

 

 

式後、地下ホールにて、祝賀会が行われました。

まず、フィリップ神父様からお祝いの言葉を頂きました。

 

そして、会の代表者からのご挨拶がありました。

 

 

挨拶後、祈りを唱え、参加者で歓談しながら、食事を楽しみました。

 

食事を楽しみながら、パウロ家族の師イエズス修道女会のシスター達から一人ずつご挨拶を頂きました。
中には、35年前からお世話になっているシスターも

 

 

食事の終わりには、お茶も振る舞われました。

 

 

 

 
本当におめでとうございます。
来月は、5月25日(木)午後11時から行われます。