今日は少し早めに集合してもらいました。
「ゆるしの秘跡」をうけてもらうからです!
まずは「教会学校・はじめの祈り」でスタートです。

3月1日から、四旬節です。もうすぐですね。
四旬節の神父様の服の色は何色でしょうか??
「紫」と答えてくれました。

「紫」ってどんな意味か覚えていますか?
紫には「反省して神様のもとに戻りましょう」という意味があります。
神様のもとに戻るため、今日ゆるしの秘跡を受けます!

旬とは「10」という意味があります。
四旬節は40日という意味です。実際は44日間です。

40という数字は聖書にも色々出てきますね。
モーセがエジプトから民を率いてさまよったのは40年間…
ノアの方舟のお話で洪水が続いたのは40日間…
イエス様が荒れ野で悪魔の誘惑と戦ったのも40日間です。

四旬節は次の水曜日「灰の水曜日」からです。
ミサの中でみんなおでこに灰で十字架のしるしをつけます。
反省して神様の元に戻りなさい、という意味のしるしです。
この日は夜にもミサがあるので皆も来れたらきてくださいね。

四旬節は、ご復活を待ち望む期間です。
復活の前には受難と死がありますね。そのことも心に留めておいてください。

これから「ゆるしの秘跡」を受けますが、「ごめんなさい」と言って怒られに行く…とは考えず、
神様の元に戻るんだ!という気持ちで行って来てくださいね!

準備ができている人から聖堂へ移動して、順番にゆるしの秘跡を受けました。

ゆるしの秘跡の中で、神父様から「償いの指示」があります。
例えば「主の祈りを2回」「アヴェ・マリアの祈りを3回」等です。
戻って来た子どもたちは、リーダーといっしょに神父様から指示されたお祈りをしました。

みんな神様の元に戻れて良かったですね!

「ゆるしの秘跡」が終わった人は幼稚園の二階でゲームをしました。
ハンカチ落とし…ならぬ手袋落としゲームです。

とっても楽しそうでしたね!

最後は「アヴェ・マリアの祈り」で終わりました。

来週も元気に集まってね!!