|  |  |  |

本日、年間第7主日の10時半からのミサは、3月に長崎教区にお帰りになられる嘉松 宏樹 神父様(カトリック中央協議会)に司式して頂きました。

 

 

聖体拝領後、司牧評議会委員長より、感謝の気持ちを込め、お礼が贈られました。

 

 

ミサ後、送別会が地下ホールで行われました。

最初に、フィリップ神父様より、改めて、サバティカル中にミサをあげてくださったことのお礼があり、信徒との関わりを持って下さったことへの感謝の言葉がありました。

その後、嘉松神父様からもご挨拶を頂きました。

 

そして、乾杯!

 

たくさんの信徒が嘉松神父様のところに…お食事をとる暇も無い程でした。

 

 

この6年間、共同回心式など、様々な折に松戸教会にいらしてくださり、わかりやすいお説教や講話を頂きました。
特に昨年のフィリップ神父様のサバティカル期間中は、教会学校の聖ミカエル行列やミサなど、様々なことでお世話になり、特別聖年に神のいつくしみ深い愛を感じることができました。

本当にありがとうございました。

東京近郊にいらっしゃる際にはぜひ松戸までお越しください。お待ちしています!




 |  |  |  |

今日も子どもたちが元気に集まりました。
最初は「教会学校・はじめの祈り」でスタート!

今日は最初に歌を歌いました。
今日歌った歌は「愛をください」です。

今日の福音は、イエス様が「自分を愛してくれる人を愛するのは当たり前!敵対している人も愛しなさい!」と弟子たちに教えてくれるところが読まれます。
でも…人間は弱いから、自分を攻撃してくる人を愛するのって難しいですよね…。だから、イエス様から愛を頂きましょう!
イエス様から愛を頂けば、「敵を愛し、自分を迫害する者のために祈る」ことも出来るようになります。

歌詞を音読し確認してから、歌いました。

 

歌が終わったら教室を移動しました!

 

 

今日はゲームをしてお勉強します!!

まずはチーム分けをします。代表2人のこどもにじゃんけんしてもらって、勝った方からメンバーを選んでもらいました。

チームが決まったら、リーダーが一人一枚プリントを配りました。
プリントには聖書に出てくる人物の名前と、その人物の説明(自己紹介)が書かれています。

 

ここでゲームのルールを説明します!
Aチームが「人間をとる漁師にしよう!私について来なさい!」と言って、Bチームの1人を指名します。
指名された人は自分が持っているプリントの説明の部分を読み上げます。
Aチームはその説明を聞いて、それが誰か当てます。チームの皆と相談をして答えを考えましょう!
みごと正解した場合はその指名された人を自分たちのチームに加えることが出来ます。
不正解だった場合は、指名された人はそのままBチームに残ります。
そして次はBチームが指名する番…と、これを繰り返し、
チームが0人になってしまったチームが負けとなります!

 

 

では早速ゲーム開始です!まずはAチームが指名します。

最初の問題は…
使徒の1人です。他の弟子たちからイエス様が復活したと聞いても信じられず、「イエス様の傷に指を入れないと信じられない」と言いました。そして現れたイエス様に、傷に触ってみるように言われます。
この人物は…??

チームにはそれぞれリーダーがいて、リーダーはもちろん答えを知っていますが、教えません!
今回はなんとこの弟子が誰か知っている子がいて、みごと正解!答えは「トマス」です!

 

次はBチームの番です。

次の問題は…
弟子の1人で、元漁師でした。イエス様の重要な場面にいつも、ペトロとヨハネといっしょにイエス様のそばにいました。「雷の子」と呼ばれていました。ヨハネと兄弟です。

長い時間相談していましたが、なかなか答えが分からなかったみたいですね。
リーダーが「同じ名前の弟子がもう1人いて、大とか小とか名前の前につくよ」とヒントを出しますが…

相手チームから「はやくーーー」と野次が飛びます!
「誰でもいいから弟子の名前言ってみれば当たるかもよ?」とリーダーが言いますが…シーン。
タイムアップで答えられず終了しました。
答えはヤコブです!
ペトロ・ヨハネ・ヤコブの3人は重要な場面に登場するので、是非覚えておいてほしいです…

 

さて、時間もないのでどんどん行きましょう!Aチームのターンです。

次に読まれた説明は…わたしはギリシャ人のために福音書を書きました。B年に読まれます。パウロといっしょに旅をしました。わたしのシンボルはライオンです。

リーダーが色々とヒントを出して答えを導きます…
福音記者って誰がいたっけ?皆が持っているプリントに福音記者が2人いました。ルカとヨハネです。
他の2人は…?「マタイ!」と答えてくれました。マタイはA年である今年に読まれているから、違いますね。
じゃあもう1人は…
「マルコ!」と答えて大正解でした!

 

次はBチームが答える番です!

メンバーが減って来てしまったBチームは戦力が必要…ということでリーダーを指名!

リーダーが読んだ説明は…
私は12弟子のひとりで、元漁師です。兄弟はヤコブです。私は福音書を書きました。私の福音書は御復活や御降誕などの大事なときに読まれます。私のシンボルは鷲です。私はイエス様が奇跡を起こしたときはすべてイエス様のそばにいました。イエス様が十字架上で亡くなるときもそばにいました。イエス様が亡くなった後マリア様のお世話をしました。弟子の中で唯一殉教しませんでした。
答えは「ヨハネ」ですね。今度はBチームも正解することが出来、リーダーをゲットです!!

 

 

リーダーがいなくなってしまったAチームにサポートのリーダーがかけつけます。

 

 

さて、Aチームのターンです!

次に読まれたのは…
私は弟子の1人です。お金の管理・会計係をしていました。イエス様に裏切りを預言されました。最後の晩餐の時イエス様に「あなたがしようとしていることを、今すぐしなさい」と言われました。ファリサイ派の人たちにイエス様を銀貨30枚で引き渡しました。イエス様が捕まった後、後悔して首を吊って自殺しました。

この問題は簡単でしたね!でも、名前だけじゃなく「〜の○○」と答えないとダメです!
これも知っている子がいてみんなで確認してからせーので答えました。
「イスカリオテのユダ!」正解です!

Aチームは仲間が増えていっぱいですね。

対してBチームは3人だけになっちゃいました。

 

 

最後にBチームのターンです。

指名された子が説明を読み上げますが…

実は…最後に指名された子のプリントが見えちゃってたようで、答えが分かっていたようです…
でもリーダーが「見えちゃってたとかはおいといて…」といっしょに考えます。
ペトロの兄弟という説明があったのですが、ペトロのプリントはBチームにありました。
ペトロの兄弟は「アンデレ」と書かれています…答えは「アンデレ!」

 

ここでタイムアップです!

今回はAチームの勝利です!
「Aチームの方がカンタンすぎた」という意見もありましたが、そんなことないと思いますよ。
Aチームのメンバーがよく知ってたおかげだと思います。
またゲームをする機会もあるかもしれません。勝つためにいっぱい勉強して覚えましょうね!!

 

さて、最後に教室を移動します。

リーダーから宿題のプリントが配られました!「宿題する時間ない」と文句がありましたが、頑張ってね。
来週は、みんなにゆるしの秘跡を受けてもらいます。自分が神様にごめんなさいと謝りたいことを考えて来てください。
例えば「宿題さぼっちゃった」とかだったら、それだけじゃだめです。
どうしてさぼっちゃったのかな?と考えて、例えば「宿題出した人のことが嫌いだから」とかだったら、
どうして嫌いだって思っちゃったのかな…とどんどん深く考えてきてくださいね。

最後に「主の祈り」で終わりました。

 

来週までにしっかり神様に「ごめんなさい」したいこと考えて来てくださいね!




 |  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を毎月第2週に行っています。
今日は、雲一つない空のもと行われました。途中、風が強くて車の陰で販売したり、常磐線が遅れて、ミサに来る方が遅れてしまったり…いろんなことがあった一日でした。

 

 

今月のおすすめ品

いちご(とちおとめ)

とちおとめの果皮の色は鮮赤で果形は女峰の特徴を受け継いで比較的整った円錘形をしています。果実の大きさは大,果肉色は淡紅,果心の色は紅赤,果実の光沢は良,果実の溝はかなり少ないです。物によってややばらつきがありますが、比較的甘味酸味のバランスがよく、果肉も締りがある割りに果汁は十分にあって美味しいイチゴです。香りも収穫後間もないものは甘く強い香りが立っています。
苺というと、春のイメージですが、福島のとちおとめは、2~3月が美味しさのピークになるそうです。冬の寒さの中、ゆっくりと育つので、その分、味も濃くなるからだそうです。

 

 

あんぽ柿

福島県伊達市梁川町五十沢で大正年間に開発されました。
渋柿を硫黄で燻蒸して乾燥させる独特の製法で作られます。半分生のようなジューシーな感触で、羊羹のように柔らかいのが特徴です。カリウム、ビタミンなどの栄養素を豊富に含んでいて、体にも優しいそうです。
サラダに使っても美味しいそうですよ。

 

 

旬の野菜たち(なめこ ネギ)

今日は、なめことネギがお薦めの野菜でした。
なめこも大きいですよね。
ねぎは、「なべちゃんねぎ」というネーミングがついてある通り、生で食べても美味しいのですが…鍋などに入れると甘くて美味しいネギだそうです。

 

 

来月も、第2週3月12日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

今日は侍者会を行いました。
最初はお祈りでスタート!

三学期は、卒業式で「子どもの奉仕するミサ」をします。
侍者会の時間があまりとれないから、もしかしたら今日だけかもしれません…
だから今日の練習しっかり頑張りましょうね!

最初にミサの流れを確認しました。
最初は…入祭
朗読が行われるのは…ことばの典礼
次は…感謝の典礼です。
感謝の典礼でとっても重要なことがありますが何でしょう。
聖変化・聖体拝領ですね。

侍者をやるためにはミサの流れをちゃんと理解していないといけないですね。
逆に言えば、いっぱい侍者をやったことがある子はミサの流れがちゃんとわかっていますね。

今日は感謝の典礼の中で行われる「奉納」を重点的に練習します!
侍者上級者チーム・中級者チーム・初心者チームでそれぞれ違う練習をしました。

侍者経験豊富な上級チームの皆は、中級チームのみんなが練習している様子を見て、間違ったときやわからなくなっている時、指示を出してもらいます!

初心者のみんなは、奉納する人の役を練習してもらいました。
侍者の役割ではないけど「子どもの奉仕するミサ」では子どもたちが行いますから、一生懸命練習してくださいね!

中級チームは更に2チームに分かれて練習しました。
うしろの上級チームが助けてくれます!

迷っている間にどんどん進みます!神父様役のリーダーが困ってしまってます!

上級チームからの指示が飛び交っていましたがスムーズに出来ませんでしたね。

次に2チーム目も挑戦です!

2チーム目は1チーム目をよく見てたからか、けっこうスムーズに出来たのではないでしょうか。

今度は指示なしで通してみました。

スムーズに出来ましたね!
最初の上級チームの指示がよかったのか、ちゃんとできました!

でもちょっと忘れやすいポイントがありました。
祭壇に上がる前「礼をすること」です。
祭壇に上がるときだけではなく、御聖体の近くを通るときは必ず礼をしましょうね。

さて、一通り奉納の練習を終えて、一度集合です。

こんどは、上級チームは鈴の練習、中級チームと初心者チームは朗読者の誘導の練習をしました。

祭壇に上がる前十字架に礼をします。
祭壇に上がったら神父様に礼をして、朗読台まで行きます。
侍者は朗読者の後ろに立ちます。
朗読が終わったら「神に感謝!!」と大きな声で言いましょう。
戻る時も、祭壇の中央で神父様に礼をし、降りたら十字架に礼をします。
朗読者の人は一歩後ろに下がります。侍者はその前を通って先に歩きます。
席に戻って朗読者の方と一緒に座ります。

「神に感謝!」と大きな声で言えていてよかったと思います!

上級グループは、リーダーから鈴の説明を受けました。
タイミングやならす回数がちょっと難しいですが、頑張りましょう。

そしてタイムアップ!

最後に「アヴェ・マリアの祈り」で終了です。
みんな今日も頑張りましたね!
また来週元気に集まってください!




 |  |  |  |

Today, February 11, 2017, a Lenten Recollection was held at Maria Hall of Matsudo Church. It was profoundly conducted by Fr. Cyril Veliath, SJ. There were 23 participants coming from Ichikawa Church, Toyoshiki Church, Kawaguchi Chuch, Narashino church and others mostly from the host church.

 

The recollection proper started with an opening prayer and immediately followed by the ” Photograph activity”, where participants were to select a photo displayed on the wall that would best describe their selves.
Then, they were grouped into three and everyone was given time to speak.

 

There were three (3) talks given;

  1. Who am I.
  2. Preparation for Lent,
  3. Importance of prayer.

The talks and stories given were so insightful and full of wisdom.

 

 

 

The participants took their delicious potluck lunch at 12:30. 

 

 

And had their 3rd talk and sharing in the afternoon.

 

 

Confessions were also heard and the recollection was concluded with a holy mass.

 

We sincerely thank Fr. Cyril for a wonderful lenten recollection.