|  |  |  |

松戸教会では、東北支援活動の一環として、「福島県産の新鮮野菜や特産品の即売会」を毎月第2週に行っています。
11月に入り、冬の野菜やフルーツが並び始めました。

img_8260

 

 

● 今月のおすすめ品

img_8214
img_8215
img_8222

林檎(陽光・王林・高徳)

赤林檎、陽光は、300~350gほどの大きさで、果肉はややかためで歯触りがよくパリッとした食感が楽しめます。甘みと酸味のバランスがよく日持ちのよいリンゴです。今がちょうど旬のリンゴです。
青りんご、王林は福島県伊達郡の大槻只之助氏によって生み出された品種で、「ゴールデン・デリシャス」と「印度」の交配品種とされています。
王林の果実は250~300g位で、果皮は黄緑色、果肉はやや硬く緻密で多汁です。強い甘さの割りに酸味が弱く、特徴のある香りがあります。緑色に斑点のついた外見が特徴の晩生品種です。
シャキシャキ感があるほうがお好きな方は、この時期の王林がお薦めです!
小さめの高徳は、究極の蜜入りリンゴと言われるように、蜜が沢山入り、多いものだと蜜の割合が80%にもなるそうです。
果実の大きさは小ぶりで、果肉の色は黄色く、肉質はやや固くしっかりとした歯ごたえがありますが果汁はたっぷりと含まれ甘みと酸味が絶妙なバランスで後を引く感じがします。

 

 

img_8223

平核無柿

渋柿なので、酒樽に詰め、樽に残るアルコール分で渋を抜いて甘くした柿です。
果皮の色は橙色で光沢があり、甘みが強く、果汁も豊富で、果肉が硬くなくそれでいて柔らかすぎず程よい食感が味わえます。

 

 

img_8221

 ぶどう(ピオーネ・シャインマスカット)

どちらも種無しブドウです。
ピオーネは、巨峰の血を受け継ぎ、色は濃い紫から紫黒色で、粒が非常に大きく食べ応えがあるブドウです。果粒は巨峰よりやや大きく、爽快な香気(マスカット)をもち、風味が大変いいです。多汁で、糖度も16度以上になり、強い甘さとそれを支える酸味を持っています。最近は種無し栽培が盛んで、巨峰と並ぶ人気があります。
シャインマスカットは、2006年に品種登録されたばかりのまだ新しい品種の白ブドウです。マスカットの香りと高い糖度、そして何よりも皮ごと食べられるという特徴があります。マスカット・オブ・アレキサンドリアほど栽培は難しくなく、その分価格も手頃で、コストパフォーマンスが非常に高いブドウといえます。

 

 

img_8216

西洋梨(ラ・フランス)

ラ・フランスは、果肉は、石細胞が少なく多汁でとろけるように柔らかく、高級マスクメロンのような食感で、糖度も14-15度にもなりそれでいてそれを脇でしっかりと支えるやさしい酸味があるので甘ったるいわけではなく、濃厚な味わいが楽しめます。そして何よりも、芳醇な芳香があり、西洋梨の最高峰といわれてきました。

 

 

img_8225

花月堂花屋さんの揚げ饅頭

大人気の「あだたら山の揚げまんじゅう」
わざわざ車で来て、購入される方も。

 

 

来月も、第2週12月11日(日)8時ごろから即売会を行っています。
教会の中にあって、ちょっと入りづらいかもしれませんが、どうぞ遠慮なく、教会内に入って、ご覧になってください。
twitterなどでもお呼びかけしますので、是非お越しください。

 

即売会を行っているNPO法人「福島やさい畑」のウェブサイトです。是非ご覧ください。

また、ネット販売にも対応しています。




 |  |  |  |

本日、年間第33主日の10時半からのミサのなかで「七五三の祝福」が行われました。

 

ミサを司式してくださった宮下神父様が、七五三を迎える2人の子どもたちとそのご家族を前にお祈りを唱えられました。

fbd11362-c42b-4166-a622-83b48311d853
img_8232

 

お祈りを唱えられた後、宮下神父様が祭壇へ子どもたちをお招きになられ、祝福されました。

img_8233
img_8235
img_8238
img_8239
img_8241

 

そして、宮下神父様から、ご家族におメダイが手渡され、ご家族からおメダイが首にかけられました。

img_8243
img_8247
img_8249

 

最後に、教会から記念品と飴が贈られました。

img_8251
img_8252

 

 

ミサ後、宮下神父様、そして、ご家族一緒に記念撮影。

img_8257
img_8255
img_8258

 

今日はいつもよりちょっとおめかしして、ミサに与りました。
七五三を迎えた2人の子どもたちの健やかなご成長を心よりお祈り申し上げます。




 |  |  |  |

今日はちょっと人数が少ないけれど、元気に集まってくれました。
「教会学校・始めの祈り」でスタート!

img_7312

 

今日はいよいよクリスマスに披露する聖劇の練習を始めます。

その前に歌の練習です!
クリスマス前にぴったりの歌、「マラナタ」を歌いました。
「マラナタ」の意味、覚えていますか?
子どもたちの中のひとりが「主よ来てください」と答えてくれました!

img_7314
img_7315

歌詞を確認しつつ歌いました。

 

 

さて、いよいよ聖劇の練習です。
先週配った台本を最初から読んでいって確認します。
自分の出番のところを読んでもらいました。
いない子の分はリーダーが読みました。

img_7316

次に場面ごとに、そこがどういう場面か?自分の台詞にはどんな意味があるか?リーダーが丁寧に解説しながら、もう一度読んでみました。

img_7323

どの場面もとっても大事ですが、天使たちが羊飼いたちにイエス様の誕生を知らせるシーンはとても大事です。
というのも、このシーンがまさにイエス様がうまれたところだからです。

他にも、ガブリエルの台詞に「アヴェ・マリアの祈り」でいつも唱えていることばがあったり、
最後の場面の天使の台詞にミサの中の「栄光の賛歌」で歌うことばがあったりします。

img_7324

それぞれの場面や言葉を大事に演じられるように、頑張りましょうね!

 

 

最後に「アヴェ・マリアの祈り」をして終わりました。

img_7325

 

来週は衣装合わせです!
衣装を着て練習します!
楽しみにしててね!!




 |  |  |  |

青年有志たちで作っている同人誌「野ばら」の第4号が発刊されました。
「野ばら」は、今年5月に創刊され、以来、1か月おき(奇数月)に発刊しています。
「野ばら」というタイトルは、この同人誌の発起人がつけたもので、マリア様をイメージしたものだそうです。

この同人誌の中で、青年達は、カトリック文学に挑戦しています。自分の信仰を内省し、祈りのように、書き上げています。

img_8179
img_8180
img_8181

 

各号には、それぞれテーマを設け、執筆しています。

  • 1月発刊号 四旬節
  • 3月発刊号 ご復活
  • 5月発刊号 聖母マリア
  • 7月発刊号 夏休み 被昇天
  • 9月発刊号 善悪、天使
  • 11月発刊号 ご降誕、待降節

 

第4号は、「待降節」をテーマに、詩や散文が収録されています。

また、表紙は、各号の巻頭作品をモチーフに描かれています。
今号の巻頭作品は「蛍がのぼる夜」(小説)です。連載物なので次号以降もご期待ください。

 

PDF版も無料で配布しています。(リンク先よりダウンロードが出来ます)

 

野ばらの巻末には、連絡用メールアドレスなどを載せていますので、感想等を、御寄せ頂けたら幸いです。