|  |  |  |

クリスマスの4週前の日曜日から待降節が始まります。
今年は本日・11月27日から待降節が始まり、カトリック教会の新しい1年が始まります。
毎年、待降節第1主日から朗読箇所(A年・マタイ福音書、B年・マルコ福音書、C年・ルカ福音書)が変わり、今年はA年(マタイ福音書)が朗読されます。

待降節とは…

待降節は二重の特質をもつ。それはまず、神の子の第一の来臨を追憶する降誕の祭典のための準備期間であり、また同時に、その追憶を通して、終末におけるキリストの第二の来臨の待望へと心を向ける期間でもある。この二つの理由から、待降節は愛と喜びに包まれた待望の時であることが明らかになってくる。

カトリック中央協議会 典礼解説「待降節」より

待降節の主日では、栄光の讃歌は歌われません。
4つの主日を通し、救い主イエス・キリストの来臨(ご降誕)、そして、再臨の準備を整え、その時を待ちます。
この2つの意味で、待降節は愛と喜びに包まれた待望の時です。

 

 

img_8545

 

 

待降節は、第1主日・第2主日・第3主日・第4主日とあり、徐々にイエス・キリストの降誕を待ち望む気持ちを高めていきます。
集会祈願を行う前にミサを司式して下さった山浦神父様(亀有教会主任)が、アドベントクランツの祝福をしました。

img_8547
img_8549

 

アドベントクランツは、主日を重ねるごとに1本ずつ火を灯り、私たちの心にキリストを待ち望むことを呼びかける助けとなっています。(クリスマス・ミサでは、中央に蝋燭に置かれ、火が灯します)
松戸教会公式twitterアカウントでは、主日ごとに火が灯っている蝋燭が増えていく様子を写真におさめ、投稿していきます。

 

 

今日は第1主日ですので、祝福後、1本目のろうそくに火を灯します。

img_8555
img_8556

 

 

祭壇には、馬小屋も設置されました。
待降節の主日を重ねるごとに様々なサントン人形が足されていきます。完成は、三博士が置かれる主の公現(1月8日)ですね。

img_8537

 

 

ヨゼフ会のみなさんを中心に今年も飾りつけを行ってくださいました。

 

そして、典礼委員の方々が、聖母子像横の馬小屋の中や聖堂エントランスのツリーやアドヴェントクランツの飾りつけや準備を行ってくださっています。

img_8534
img_8536
img_8522
img_8521

 

松戸教会では、こうして、イエス様のご降誕への気持ちを少しずつ高めていきます。

img_8543
img_8539
img_8542

 

クリスマスを教会で過ごそうと考えてらっしゃる方がいましたら、待降節の日曜日に教会に是非いらっしゃってください。(もちろん、未信者の方も大歓迎です)ともにクリスマスを迎える準備を致しましょう。




 |  |  |  |

カトリック教会では、クリスマス(降誕祭)の4つ前の日曜日から、クリスマスを準備する期間に入り、この期間を「待降節(アドベント -Advent-)」と呼んでいます。

 

ヨゼフ会は毎年、待降節が始まる前にイルミネーションの飾りつけ、そして、馬小屋の設置を行っています。
今年も明日の待降節第1主日の前に飾りつけをするため、本日、13時に集まりました。

 

 

こちらは馬小屋グループです。聖母子像横に設置します。
この馬小屋は、今年からリニューアルしました。

img_8524

 

 

こちらは、外壁の十字架の飾りつけグループです。

img_8523
img_8525
img_8531

 

 

こちらはヒマラヤ杉の飾りつけグループです。

img_8527
img_8533

 

 

モミの木は、今年も青年たちが担当してくれました。今年は、青年達が独自に考案したイルミネーションをしてくれています。

img_8519

 

 

約2時間かけて…飾り付け終了。
日没を過ぎ…イルミネーションが点灯されました。
毎年、工夫を凝らし、少しずつ違うデザインにしています。

img_8542
img_8544
img_8539
img_8541

 

今日の夜から1月13日まで、イルミネーションが飾られています。(点灯時間は午後4時半から午前2時までとなっています)
お近くにお住まいの方は、是非見に来てください。お待ちしています。




 |  |  |  |

In “Preparation for Jesus Christ second coming“, an Advent Recollection was held at Matsudo Church last November 23rd, 2016 from10:30am to 5:00pm. Fr. Kallarasan Gandhi, SDB facilitated the said recollection which started with the beautiful song ” To You O Lord I Lift My Soul. “
There were 24 participants who came, mostly from Matsudo community, one from Ichikawa and two from Toyoshiki community.
 

 

At this season of the year, it is the time of prayer and reflection. A prayer is a communion with God. As Fr. Gandhi was saying; “When we pray the rosary, we have to contemplate because contemplation or involvement is important.”

15211514_10154129352692151_682702419_n
15227920_10154129352472151_357044311_n

15151127_10154129353292151_2016110057_n

15218461_10154129352762151_1409240564_n

 

 

After Fr. Gandhi’s talk, the participants had a group discussion or reflection on these two enlightening questions,

  1. How can we find Jesus in our daily life?
  2. How can we forgive people who hurt us very much?

 

15175418_10154129352227151_2027367436_n
15175480_10154129352237151_700717760_n
15208018_10154129352182151_77829488_n
15211547_10154129351967151_12770620_n
15218759_10154129352277151_315723710_n

 

 

Confessions were also heard and the recollection finally ended with a solemn Holy mass.

img_8488
img_8490
img_8492
img_8493
img_8495
img_8500

 

As our way of saying thank to Bro. Willard Macaraan ( who had helped MCCIC in their team building activities) with the presence of his wife, a simple blessing was given to them by Fr. Gandhi.

img_8504
img_8506

 

 

img_8508



 |  |  |  |

本日、日本カトリック神学院東京キャンバスでザビエル祭が行われました。
今年のテーマは「来なさい。そうすればわかる(ヨハネ1:39)」です。

 

松戸教会からも多くの信徒の方がいらっしゃっていました。
今年も、ヨゼフ会が出店した他、信徒有志でチヂミの販売を行いました。また、教会学校の子供たちもリーダーや保護者の引率のもと、ザビエル祭を訪問しました。

 

 

 

 

 

 

出店するメンバーは、午前9時頃には到着し、準備に入ります。

img_8385
img_8410

 

 

開会ミサは、10時から新潟司教区教区長である菊池功司教様司式で行われました。

img_8394

 

ミサ前に下原助祭に写真を撮影させて頂きました。

img_8387

 

そして、司祭団の入堂とともに、開会ミサが始まります。

img_8395
img_8396

 

菊池司教様が死祭壇の最後に入堂されます。(その前に下原助祭がいらっしゃいますね)

img_8405

 

御聖堂の外にもたくさんの方がミサに与っていました。

img_8422

 

ミサのオルガン奏者は、船津神学生が務めていらっしゃいました。

img_8432

 

 

ミサ閉祭後…
昼時ということもあり、やはり、食べ物のブースにみなさん並び、堪能されていました。
松戸教会のブース(焼き鳥・チヂミ)にも多くの方々がいらっしゃってくださいました。

img_8434
img_8444
img_8443
img_8439
img_8437
img_8435

 

多くの方々がご購入して下さったおかげで、無事、焼き鳥・チヂミとともに完売いたしました。たくさんの方々に来て頂き、本当にありがとうございました。
ヨゼフ会のレポートも合わせてご覧ください。

 

 

愛徳カルメル修道会のシスターもいらっしゃっていました。

img_8433

 

 

午後1時半ごろ、かたづけを終わらし、売りあげを献金として、下原助祭に手渡します。

img_8467
img_8470

 

 

最後に下原助祭と出店メンバー、青年、子ども達で記念撮影。

img_8472

 

今日は、(明日は雪の予報が出ているほど)本当に肌寒いなか、船津神学生にも再会することが出来、本当に恵み豊かな日になりました。
チヂミを販売された信徒の方々、焼き鳥を販売されたヨゼフ会の方々も本当にお疲れさまでした。




 |  |  |  |

今日は、日本カトリック神学院でザビエル祭が行われました。
教会学校では、普段から神様のこと、イエス様のことなど様々なことを教えて下さる下原助祭、そして、昨年お世話になった船津神学生もいらっしゃるので、「是非みんなで行こう」ということになりました。
しかし…今回、参加するのはたった2名……。

でも、せっかくなので…楽しみましょう!

 

7時50分頃に松戸教会に集合し、8時に出発!
朝早い事もあり…テンション低めです…

img_8378

 

電車で揺られる事、1時間15分、武蔵関駅から徒歩で日本カトリック神学院に向かいます。

img_8380

 

そして、到着!

img_8381
img_8382

 

 

到着後、すぐ下原助祭とお会いすることが出来ました。

img_8388

 

 

開会ミサが始まるまで…2階の掲示物を見学させていただきました。

img_8389

 

下原助祭と船津神学生を発見!

img_8419

 

 

開会ミサは、今年もたくさんの方が与っていたので2階からリーダー達と一緒に与ります。

img_8412
img_8415
img_8420

 

ミサの後は、(ヨゼフ会やその他有志の方々などの)教会の方々に頂いた焼きそばやチヂミ、焼き鳥を頂きました。寒いので暖かい食べ物を頂くと本当に美味しかったですね!

img_8447
img_8440

 

 

そして、昨年は無かったスータンを着るコーナーでスータンを着てみました!
実は、教会学校のリーダーを務める青年が着てみたいということで下原助祭に「スータンを着るコーナーを作ってください」とお願いしていたのですが…願いが叶いました!

img_8452

 

もちろん、子どもたちも……と、思ったら…1人は逃げちゃいました…(チィッ!)
将来、本当に着ることになればいいですね!

img_8446

 

 

スータンを着るコーナーの横にはお化け屋敷があり、「行こうよ」と、リーダーが誘ったのですが……ちょうど行った時に出てきた子が泣いていて、…………回避。
…ということで…下原助祭と船津神学生が2人とも担当になっているという…ブラ板加工のコーナーに行くことにしました!

このコーナーでは、プラ板に絵を描き、それをキーホーダーにしてくれるという!素晴らしいコーナー!
早速、制作に入ります!

まず、プラ板とお手本の絵を貰い、それをもとにプラ板に絵を描きます。

img_8462

 

描きあがったら、船津神学生のところに持っていって、適当な形にカットしてもらい、キーホルダー用の穴を開けてもらいます。

img_8466

 

そして、それを下原助祭に渡すと、オーブンで温め加工し、キーホルダー用の金具をつけて出来上がり!

img_8458

とても楽しめましたね!
良いお土産が出来ました!

 

そして…帰ることになるのですが……その前に!恒例の!
聖フランシスコザビエルの真似……。

img_8474

 

もちろん、「家に着くまでが遠足です」

img_0375
img_8475
img_8483
img_8484

 

帰り道も楽しかったですね!!
来年はもっと沢山の子どもたちに参加してもらえればなぁと思います!