|  |  |  |

大天使聖ミカエルの祝日を祝う国際ミサ「大天使聖ミカエル祭」を司式してくださった、岡田武夫大司教様は、本年、2016年9月16日に司教叙階25周年を迎えられました。

 

司牧評議会委員長が信徒を代表し、お祝いを手渡しました。また、教会学校の子どもたちから和紙で作ったロザリオをプレゼントしました。

d30_8764
d30_8765

 

岡田大司教様からお話を頂きました。

pex_0409
d30_8770

 

 

 

大天使聖ミカエルの祝日を祝う国際ミサ「大天使聖ミカエル祭」後、岡田大司教様の司教叙階25周年を祝うパーティが行われました。

d30_8784

 

 

まず、受堅者の代表が、岡田大司教様への感謝を込め、お祝いを贈りました。

d30_8786
d30_8788

 

 

大司教様からご挨拶を頂きました。

d30_8791
d30_8790

 

そして、乾杯!

d30_8796

 

 

 

余興として、中高生と保護者によるゴスペルフラが行われました。

 

 

 

そして、MCCICによるバンブーダンス!
まずは、お手本を……

d30_8821
d30_8820

 

そして、色々な人たちがチャレンジします!

d30_8824
d30_8826
d30_8827
d30_8828

 

青年達も……

 

 

こうして、約1時間にわたって、パーティを楽しみました。
松戸教会の暖かく伸び伸びした雰囲気をより感じられるパーティとなりました。

そして、岡田大司教様、司教叙階25周年本当におめでとうございます!
これからも東京教区の信徒を教え導いてくださるよう、よろしくお願い致します!




 |  |  |  |

大天使聖ミカエルの祝日を祝う国際ミサ「大天使聖ミカエル祭」で、中学生4人、大学生1人が堅信の秘跡に与りました。

 

この5人は、8月11日から13日に行われた夏期集中講座(3日間 9時間)を受け、更に中学生4人は、直前まで勉強会を行い、しっかりと準備を整え、ようやく今日堅信の秘跡に与ることが出来ました。

 

岡田大司教様の司教叙階25周年を祝うパーティのなかで、お祝いをして頂きました。
大司教様から1人ずつ教会からのプレゼントが手渡されます。

d30_8800
d30_8801
d30_8802
d30_8803
d30_8804
pex_0481
pex_0482
pex_0483
pex_0484

 

 

堅信を受けた9人を代表して、大学生が、大司教様にお礼と、キリスト者としての決意を伝えます。

d30_8809
d30_8810

 

 

 

堅信に与り、これでようやく「入信の秘跡」を終え、「キリスト者としてスタートライン」に立つことが出来ました。
堅信の勉強も大変だったと思いますが、これでようやく1人前の信者ですね!
もちろん、これからも勉強は続きますが…みんなには、神様から「決して消えない神様の愛のしるし」を頂いたのですから、信徒として「教会を善い場所」にする努力も大人と一緒に頑張りましょう!
そして、堅信を受けていない中高生のみんなも是非勉強会に参加して、堅信を与りましょう。

 

最後に…堅信を受けたみんな、そして、ご家族の方々、ご堅信、本当におめでとうございます!




 |  |  |  |

We are sharing in the joy.
Three young man received the sacrament of Confirmation in the Rite of Confirmation !

They studied really hard to receive the sacrament of Confirmation! ( Study for Receiving the sacrament of Confirmation! )

 

pex_0457

 

 

with parents

pex_0460
pex_0458

 

with Godparents

pex_0465

 

May the Gifts of Holy spirit always inspire them to be a strong Christian…
Bless and Prayers




 |  |  |  |

本日、年間第27主日、翌日の松戸教会の守護聖人である「大天使聖ミカエル」の祝日を祝い、国際ミサが岡田大司教様司式で行われました。
ミサのなかでは、堅信式も行われ、9名の方が受堅されました。

 

松戸教会では、9月23日から9日間に渡って、信徒たちでノヴェナを行い、この日を迎えました。
国際ミサということで、多くの外国人信徒もミサに与ります。

pex_0270

 

 

 

 

「聖霊の続唱」を歌い、岡田大司教様の入堂をお迎えします。

d30_8588
d30_8590

 

入堂された後、岡田大司教様が大天使聖ミカエル像に灌水し、献香されました。

pex_0285
pex_0287

 

そして、岡田大司教様の導きで、大天使聖ミカエルの祝日を祝う国際ミサが開祭されました。

d30_8612

 

 

 

 

ことばの典礼では、第1朗読は日本語、第2朗読は英語で朗読されました。

d30_8621
d30_8627

 

福音朗読は、下原助祭が日本語、英語で、それぞれ行われました。

d30_8628
d30_8629
pex_0304
d30_8631

 

第1朗読 ハバクク書 1章2~3、2章2~4節
第2朗読 テモテへの手紙二 1章6~8、13~14節
福音朗読 ルカによる福音書 17章5~10節

 

 

そして、岡田大司教様のお説教が行われました。(岡田大司教様 説教

d30_8643
pex_0311
d30_8641

お説教のなかで、特に(お説教の後に行われる堅信式で)「堅信の秘跡に与る方々」に、お言葉を頂きました。

堅信を受けるみなさん、これからの人生の歩みの中で、欠点のある人間を受け入れること、そして、必要な助けをしてあげること、このことを心掛けていただきたい。そのためには、神様の恵み、イエス・キリストの導きが必要であります。
どうか、今日の堅信の恵みを、生涯大切にし、そして「いつくしみの特別聖年」に堅信の秘跡を受けたことを、いつも思い起こしていただきたいと思います。

岡田大司教様 説教 より引用

 

 

 

 

説教後、いよいよ堅信式が行われます。
下原助祭に名前を1人1人名前を呼ばれ、代父母とともに堅信志願者が祭壇の前に並びます。

pex_0323

 

そして、会衆とともに使徒信条を唱え、悪霊の拒否と洗礼の約束の更新を宣言しました。

pex_0330
d30_8668

 

堅信志願者は按手を受け、聖霊を受けます。

d30_8673
pex_0336

 

1人ずつ大司教様の前に出て額に塗油をいただき、秘跡を授けられました。
9人の方々1人1人に聖香油を塗油されるのを会衆も見守ります。

pex_0339
d30_8676
d30_8677
d30_8680
d30_8682
d30_8683
d30_8684
pex_0346
pex_0347

 

無事、堅信の秘跡に与り、厳かで温かい式は、つつがなく終了しました。

d30_8688

 

 

 

 

共同祈願は、参列された各国の方々が意向を唱えました。

d30_8690
d30_8691
d30_8692
d30_8693
d30_8694

 

様々な言語での共同祈願が行われた後、受堅者の代表が「堅信に与った私たちが、聖霊の7つの賜物をしっかりと受けとめ、キリストの体の一員として、なすべきことを考え、それを行うことができますように。」と意向を唱えました。

pex_0359

 

そして、司教叙階25周年を迎えられた岡田大司教様のために、受堅者が意向を唱えました。

d30_8696

 

最後に、全員で「大天使聖ミカエルの祈り」を、日本語・英語で同時に唱え、共に祈りました。

pex_0363
d30_8698

 

 

 

 

奉納は、受堅者が行いました。

d30_8700
pex_0365
pex_0367
pex_0374

 

大司教様が、捧げ物と祭壇に献香された後、下原助祭が大司教様、そして、会衆に献香されました。

d30_8710
d30_8711

 

奉納の歌、拝領の歌は、MCCICの聖歌奉仕グループが、歌います。
松戸教会の国際ミサの名物ですね。日本語のミサとは、違う雰囲気になります。

d30_8708
pex_0373

 

 

 

 

pex_0381
pex_0382

 

聖体拝領では、まず受堅者がご聖体を拝領します。

pex_0386
d30_8735
d30_8733

 

受堅者のご家族を始め、本当に多くの方々がミサに参列しました。

d30_8749
d30_8751

 

 

最後に、岡田大司教様から祝福を頂き、閉祭となりました。

d30_8758

 

 

 

 

ミサ後、岡田大司教様、下原助祭と記念撮影が行われました。
まずは、受堅者と。

pex_0412

 

次に、受堅者とその代父母さん達と。

d30_8777

 

最後に、受堅者とそのご家族と。

pex_0426

 

ミサ後は、岡田大司教様司教叙階25周年を祝うパーティが行われました。もちろん、パーティのなかで受堅者のお祝いも行われます!

 

 

受堅者、ならびにご家族の皆さま、ご堅信おめでとうございます!!




 |  |  |  |

堅信

 

毎月、第1週、小集会室で中高生の勉強会が行われています。
今月は、ロザリオの月という事もあり、マリア様について勉強しようと思っていました。しかし、今日は、この後、10時半からの聖ミカエルの祝日を祝う国際ミサのなかで行われる堅信式で、夏期集中講座を受けた4人の中高生が堅信の秘跡に与ります。その最後の準備も兼ねて行われました。

 

では、主の祈りを唱えてスタートです!

 


 

今月のテーマ

● 聖母マリアから学ぶ ●

 

今日は、いよいよ堅信式ですね。
今日は、本当は、マリア様のことについて、勉強しようと思っていましたが、堅信式もあることですし、もう1度堅信のための勉強会のおさらいをしようと思います。

まず、使徒信条をみんなで唱えましょう。

天地の創造主、
全能の父である神を信じます。
父のひとり子、わたしたちの主イエス・キリストを信じます。
主は聖霊によってやどり、おとめマリアから生まれ、ポンティオ・ピラトのもとで苦しみを受け、
十字架につけられて死に、葬られ、陰府に下り、三日目に死者のうちから復活し、
天に昇って、全能の父である神の右の座に着き、生者と死者を裁くために来られます。
聖霊を信じ、聖なる普遍の教会、聖徒の交わり、罪のゆるし、からだの復活、永遠のいのちを信じます。
アーメン。

はい。
この「使徒信条」こそ、まさに信仰のすべてです。
堅信の勉強会の中で、みんなには「使徒信条」「主の祈り」は必ず覚えるように言いましたよね。それは、この2つを覚えて、しっかり理解することが出来れば、もう「キリスト者」として、1人前といってもいいくらいだからです。
今日のミサの中で、みんなは、堅信に与り、「キリスト(油注がれたもの)」になります。堅信式のなかで、大司教様から塗油を受けた時、まさにそうなるのです。
「キリスト」なので、キリスト者、クリスチャンと呼ばれることは前に説明しましたよね。

ですから、今日のミサが終わった瞬間から、今言った使徒信条をそのまま、言葉のとおり、つまり、「神の子、イエスが、受難・死・復活」を通して神様の愛をあらわしたこと、受け入れ、カトリック教会の信者として、共同体の一員、キリストの体の一部として、与えられた福音宣教の使命を果たしてください。様々な誘惑に打ち勝ち、「神様から離れる事なく」、「キリスト者」として、生きてください。
「アーメン」の意味は、説明しましたよね。「確実にその通りです」という意味です。みんなは、使徒信条の最後にも、そして、ミサのなかでも「アーメン」と、何度も言います。
堅信の秘跡に与った者は、その言葉にしっかりと責任を持たなければなりません。

 

無茶難題ですか?難しいですか?みんなよりはるかに「無茶難題」な使命を与えられ、それを全うされた方がいます。
その人は、その無茶難題を言われた時、みんなと同じくらいの歳でした。
ルカ福音書1章26節を開いてください。

 

ありがとうございます。
「婢(はしため)」というのは、奴隷という意味です。マリア様は、私は「神様の奴隷」と言っているのです。

どうですか?みんなの前に突然天使が現れて、神様の子どもがみんなのお腹のなかに出来ると言われて、それを全て受けいれられますか?
その後のマリア様の人生は、みんなの想像以上に大変だったと思います。
早くにヨゼフ様、やさしい旦那さんを亡くし、1人でイエス様を育てられ、挙句の果てに、自分の目の前で、十字架で死ぬのです。
まさに、神様の奴隷のように、自分の思いを捨て、神様のみ旨だけを大事にし、生きた方です。

みんなもこのように、これから生きるのです。
もちろん、マリア様と与えられた「使命」は違うでしょう。でも、みんなも「神様の婢(はしため)」としてこれから、生きるのです。
今日、大司教様を通して、聖霊がみんなに降り、みんなを導いてくれます。祈ってください。「聖霊、来てください」と祈ってください。そうすればきっとみんなは、神様から与えられた使命を果たせます。

 

こんな話を知っていますか?

ある人が、自分の背負っている十字架がとても重くて、天国の門の前にいる聖ペトロに「私の十字架はあまりに重いです。どうかもう少し軽い十字架と交換してください」とお願いしました。
聖ペトロは、その人をある部屋に連れていきました。そこには、たくさんの十字架がありました。聖ペトロは、「ここにあるもののなかで、好きな十字架と交換してあげよう。自分に合うものを探しなさい」と、言いました。
男は喜んで、自分の今まで背負っていた十字架を下ろし、色々な十字架を試しました。そして、自分にぴったりの十字架を見つけました。重さ、形、長さ、どれをとっても完璧です。
男は言いました。「これと交換したいのですが・・・」
聖ペトロは言いました。「それは、今まで君が担いで来た十字架だよ」

 

神様は、みんなにあった「使命」と「そのために必要な力」を与えてくださっています。
つらい事があっても、それはきっと乗り越えられる試練です。神様を深く信頼してください。深く、深く、信頼してください。

 

前にも話をしましたね。
イエス様は、私たちの罪を背負い、受難にあい、確実に、100%、圧倒的に、完全に、死にました。そして、3日後、ご復活されました。「受難・死・復活」を、心から信じ、神様の愛を信じてください。
「どうして私だけ!」と思う時もあるでしょう。「絶望する事」もあると思います。多分、ここから、高校、大学、就職と、今まで味わったことのない様な事を経験するかもしれません。自分が価値のない人間のように思えることもあるかもしれません。
でも、信じてください。神様を深く信頼してください。

ルカによる福音書2章8節を開いてみてください。

ありがとうございます。
マリア様は、どうされていますか?
マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。(ルカによる福音書2章19節)」
と、ありますね。

神様に対する深い信頼があれば、ただすべての事を受け入れ、そのみ旨だけを求めて、生きることが出来ます。わからないことがあれば、とりあえず、心に納めて、祈ってください。
祈りは、今何をすべきかを教えてくれます。
キリストの体として、松戸教会の大事な大事な一つの柱として、なすべきことをしてください。

お父さんやお母さんたちが作った松戸教会をみんな1人1人が楽しい場所にしてください。私たちは、それを次の世代に伝える使命を与えられています。そして、次の世代に、信仰を伝える使命を与えられています。

 

最後に、堅信を受ける皆さんに贈る言葉です。
マルコ福音書1章9節を開いてください。

ありがとうございます。
イエス様の洗礼のシーンですね。

今日、行われること、つまり、堅信の秘跡は、10節からです。
聖霊が神さまから注がれ、「あなたは、わたしの愛する子、わたしの心に適う者(マルコによる福音書1章11節)」と、神様に言われます。

 

あなたは、わたしの愛する子、わたしの心に適う者

 

みんなに、今日、聖霊を受け、堅信に与った時に、神様から、イエス様と同じように、この言葉が贈らます。
どうか、心に納めておいてください。

もう1度最後に言います。
堅信に与り、ミサが終わった、その時から、みんなには「福音宣教の使命」が与えられま
す。「キリスト者」として、スタートラインに立ちます。

さぁ……リハーサルに行きましょう!

 

 


 

中高生の勉強会は、来月も、第1週に行います。来月は、11月3日、午前9時15分からですね。
堅信に与っていない中高生も、与っている中高生も、もう1度しっかり勉強して「福音宣教」を果たせるようにしましょう!

 

また、10月16日は、聖ミカエル祭バザーが行われます。
みんな是非教会に来てくださいね!