|  |  |  |

聖母の被昇天のミサを司式してくださった、亀有教会の藤澤 幾義神父様は、本年、2016年3月20日に司祭叙階50周年を迎えられました。

 

司牧評議会委員長・マリア会会長がそれぞれ信徒を代表し、お祝いを手渡しました。

DSC01427
DSC01428

 

藤澤神父様からお話を頂きました。

DSC01431

 

 

聖母の被昇天のミサ後、藤澤神父様の叙階50周年を祝うパーティが行われました。
パーティの前には、藤澤神父様自ら「司祭叙階50周年 金祝の歩み」という小冊子を配ってくださいました。

IMG_7118

 

そして、藤澤神父様のご挨拶を頂き…乾杯!

IMG_7120
IMG_7124
IMG_7125

 

沢山の信徒が藤澤神父様の叙階50周年を祝いました。

IMG_7127
IMG_7128

 

昨年のヨゼフ会の錬成会等、様々なところでお世話になりました。これからも機会がありましたら、是非、松戸教会にお越しください。

金祝、本当におめでとうございました!




 |  |  |  |

本日 「聖母の被昇天」の祭日、松戸教会では、亀有教会の藤澤 幾義神父様司式で午前10時半からミサが行われました。
ミサのなかでは、今年1年帰天された松戸教会の信徒14人の方への祈りが行われました。

 

「聖母の被昇天」とは…

マリアが霊魂も肉体もともに天に上げられたという教義で、1950年11月1日に、教皇ピオ十二世(在位1939~1958)が全世界に向かって、処女聖マリアの被昇天の教義を荘厳に公布しました。

聖母の被昇天 (【カトリック中央協議会】より)

 

IMG_7111
IMG_7110

 

 

ミサの始まる30分前からはロザリオの祈りを行いました。

IMG_7116

 

 

 

そして、午前10時ミサが開祭されます。
入堂とともに無原罪のマリア像に献香されました。

DSC01399

 

開祭の儀では、今年に帰天された14名の方々の名前が読み上げられ、このミサのなかでの祈りへと導かれました。

DSC01404

 

 

第1朗読、第2朗読後、福音書が朗読されます。

DSC01411
DSC01413

 

 

第1朗読 ヨハネの黙示録 11章19a、12章1~6、10ab節
第2朗読 コリントの信徒への手紙一 15章20~27a節
福音朗読 ルカによる福音書 1章39~56節

 

 

そして、藤澤神父様のお説教…。

DSC01414
20160815105414(2)

説教のなかで、藤澤神父様は、終戦の日ということもあり、聖ヨハネ・パウロ2世の「戦争は人間のしわざです。戦争は人間の生命の破壊です。戦争は死です。(教皇ヨハネ・パウロ2世 広島『平和アピール』)」という言葉を引用され、また、永井隆博士についてもお話され、平和の尊さを訴えられました。
そして、お告げの際に「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」と、仰れたマリア様のように深い信仰を持ち、神に応えていく姿を、私たちも倣うことができるように祈りを捧げながら、ミサの祈りへと導かれました。

 

 

 

続いて、感謝の典礼に入ります。
奉納の際にも祭壇に献香しました。

DSC01416

 

そして、聖変化…。

DSC01418
DSC01419

 

多くの方々がミサに与り、ご聖体を拝領しました。

DSC01425
20160815113011(1)

 

 

8月15日は、聖フランシスコ・ザビエルが日本に初めて上陸した日であり、日本の終戦の日でもあります。
マリア様の被昇天にそのような出来事が起こる意味を思いを巡らせることが出来たらと思います。




 |  |  |  |

いよいよ、2016年度錬成会が19日から行われます。

 

昨年の錬成会終了後から企画をたてはじめ、今年に入ってから、リーダー達は、毎週のように遅くまで教会に残り、安全に、なおかつ、最高の錬成会にすべく、準備を重ねてきました。

 

ゴールデンウィークには、下見に行ってきました!
途中、様々な困難がありましたが、子どもたちの為にリーダー達はそれを乗り越え、安全を確認してきました。

018f0a877c53375e2bbc51247dc49d3120333c0416
20160503102337(1)
DSC01052
016e679e7ceef7c8f9db6c7ce24ef97d137f644f79
DSC01115
01a8737021ae034955154b27faf320910babd4d89b

 

錬成会が近づくにつれ、帰宅する時間は夜遅くになっていきました。
企画に必要な準備や……

IMG_7029
IMG_7098
IMG_7028
IMG_7105

 

時には、激論を交わすことも…

IMG_7107
IMG_7106

 

これできっと大丈夫なはず……

後は、今年の夏、子どもたちにとってこの練成会が最高の思い出になるように神様にお祈りします!
みんな金曜日に元気に集まってください!




 |  |  |  |

8月11日から8月13日までの3日間、中高生を対象とした「堅信のための夏期集中講座」が開かれ、今回の夏期集中講座には、中学生4名、大学生1名が参加しました。

この夏期集中講座は、10月2日に行われる「松戸教会の守護聖人大天使聖ミカエルの祝日を祝うミサ」の中で行われる堅信式で堅信に与るために、(東京教区堅信式のために勉強した)以下の内容を3日間で行うものです。

  1. 神様からの「しるし」 -2016年度 第1回 勉強会- (第1回堅信準備勉強会)
  2. 堅信とは? -2016年度 第2回 堅信準備 勉強会-
  3. 神様について考えよう -2016年度 第2回 勉強会- (第2回堅信準備勉強会)
  4. 共同体について考えてみよう -2016年度 第4回 堅信準備 勉強会-
  5. ミサについて考えてみよう -2016年度 第5回 堅信準備 勉強会-
  6. 私たちのこれから -2016年度 第6回 堅信準備 勉強会-
  7. イエス・キリスト -2016年度 第3回 勉強会- (第3回堅信準備勉強会)
  8. 聖霊降臨 -2016年度 第8回 堅信準備 勉強会-

 

そのため、1日3時間…ガッツリ…勉強しました。

IMG_7089

 

暑い中、集まった甲斐もあり、様々な事を覚え、学べたと思います。
短い期間で、難しい言葉をたくさん覚えなければいけませんでしたが、大事な事は、秘跡とは神様に出会う事」であり、これから受ける堅信の秘跡によって、「聖霊が賜物を与えてくださり」、「キリスト者としての使命である福音宣教するための力を与えてくださるということです。
「受難・死・復活」という「主の過越」をもう1度心に留めてみてください。それは、「神様の愛」そのものであり、私たちのアイディンティティそのものです。

 

 

 

今回の堅信のための夏期集中講座の総まとめとして、高木賢一神父様(教区本部事務局 事務局長)から、赦しの秘跡を受け、ミサに与りました。

IMG_7095

 

侍者も務めました。

IMG_7097

 

ご自分のひとり子を私たちのために差し出されるほど、わたしたちを愛して下さる父なる神様の「御言葉」を味わい、そのひとり子であるイエス様の「ご聖体」を頂く「ミサ」ということを理解し、みんなも1人のキリスト者として、堅信に与るまでの約1か月間を大事に過ごしてみてください。

 

 


 

さて、中高生の勉強会は、毎月第1週に行われています。来月は、9月4日、午前9時15分からです。
教会学校だけでは、学びきれなかった事、そして、信徒してさらなる成長のため、大事な仲間とのつながりをさらにつよくするためにもたくさんの参加をお待ちしています。




 |  |  |  |

月に1回、中高生とその保護者を対象に「ゴスペルフラ」の講習会が行われています。

ゴスペルフラとは……

キリスト教の賛美歌に合わせて踊るフラ(フラダンスとは言わないそうです)のことで、ハワイの信者の方が1980年くらいから始めました。
フラを通して神様を賛美するために、今はあちこちの教会や、未信者さんの間でも広まっているそうです。

 

今回は中学生2人が部活のため休みです。高校生が頑張って参加しています。

 

10月に行われる松戸教会の守護聖人大天使聖ミカエルの祝日を祝う国際ミサのパーティーで披露するため、少ない練習回数で必死に振り付けを覚えています。

CAM02303
CAM02301

 

10月本番は待降節を意識して、ちょっと早いけどクリスマスの曲と、お祈りの曲の2曲を披露。
ゴスペルフラでパーティーを盛り上げます。

お楽しみに!!